旬の奥薗健康レシピ 栄養学×奥薗流

栄養学に学ぶ! 4月のセロリはココがスゴい!

4月の食材はセロリ

カルシウム含有量は12月のおよそ2.5倍、
ビタミンCも年間で最も栄養価が高くなる!

紀元前の時代から薬用、におい消しなどに利用されてきた健康野菜。独特の香り成分であるテルペンは精神を安定させ、不眠やイライラに効果があるといわれています。

セロリの旬は4月で風邪やストレス対策に有効な
ビタミンCが年間で最も多く含まれています。
また、βカロテンをはじめ食物繊維も多く含んでいます。

監修の先生
東京農業大学前教授
現客員教授
徳江 千代子先生

4月のセロリはココがすごい

  • ビタミンCで風邪に強いカラダづくり

    豊富に含まれている今こそとりいれたい!

    体の免疫力を高めて、風邪やインフルエンザから体を守ってくれる効果のあるビタミンC。
    新しい生活の始まるこの季節だからこそ、しっかりとりいれて元気にスタートさせたいものです。

  • セロリのカルシウム含有量 グラフ 資料:女子栄養大学出版部「野菜のビタミンとミネラル」 カルシウムの量が冬の2.5倍

    セロリにもカルシウムが?

    野菜に含まれているのも意外な
    カルシウム。しかも、4月のセロリには、
    12月の2.5倍ものカルシウムが含まれているんです。

  • リラックス効果の秘密は香り成分「テルペン」

    苦手とされがちな独特な香りには、リラックスや不眠解消効果も

    セロリの葉から発する独特のにおい。しかしこの葉から発する独特の香り成分であるテルペンは精神を安定させ、不眠やイライラに効果があるといわれています。

  • 他にも様々な栄養素がたくさん!
「詳しい説明を見る」ボタンを押すと、栄養素についての説明エリアが開きます。
    ビタミンC 美肌効果、抗酸化作用で生活習慣病の予防
    ビタミンCは体の免疫力を高めて、風邪やインフルエンザから体を守ってくれる効果があります。

    強力な抗酸化作用があるため、活性酸素を消去し発がん性物質が生まれるのを防ぎます。

    また、肌のみずみずしさを保つコラーゲンの生成を助ける作用があり、日焼けによるシミやソバカスの予防など美容にも効果的です。
    カルシウム 骨粗鬆症予防、神経のイライラ抑制
    カルシウムは骨や歯を作る成分として知られている栄養素ですが、神経伝達や筋肉にも作用する重要な働きもあります。
    イライラやストレスの解消にも役立つとされています。
    不足すると骨が弱くなるため骨粗鬆症になりやすくなります。
    βカロテン 体力の向上、乳がん・卵巣がんの予防、視力回復&白内障の予防
    βカロテンは色の濃い野菜の中に含まれており、摂取された後に体内でビタミンAに変換されます。疲れ目や視力低下を防ぎます。

    皮膚や粘膜を保護し、病気に対する抵抗力を高めます。皮膚がん、乳がんなどの発がん抑制作用があり、心筋梗塞や脳卒中などを防ぐ効果もあります。
    カリウム 高血圧の進行を抑える、脳卒中の予防
    カリウムは体内の塩分量を調節し、余分な塩分を水分と一緒に尿として体外へ排出してくれるので高血圧の進行を抑え、脳卒中を予防します。

    また、神経や筋肉の機能を健康に保ち、エネルギー代謝を活発にすることで、ダイエットに役立つとも考えられています。
    食物繊維 便秘改善、生活習慣病予防
    食物繊維は水に溶ける水溶性食物繊維と溶けない不溶性食物繊維に分けることができます。
    水溶性食物繊維は腸内で糖質や脂肪、コレステロールの吸収を抑える働きがあるため、生活習慣病予防や血圧低下に役立ちます。
    不溶性食物繊維は腸壁の蠕動を促進し、便秘の改善に有効です。
  • 栄養たっぷりなセロリの選び方
    1. 茎が長くて太くて肉厚なもの
    2. 茎の内側部分のくぼみが小さいもの
    3. 香りが強く、葉にいきいきと艶があり青々としているもの

旬食材の栄養素を最大限にとるためのポイント!

  • 美肌に効く【ビタミンC】を効率よく摂る方法
    1. (1)ビタミンCは加熱すると損失が高まるため、
      生もしくは短時間で調理する
    2. (2)ビタミンCとアミノ酸を一緒に摂るとコラーゲンが
      作られ、美肌効果がアップする
  • リラックス効果のあるテルペンを多く含む葉の部分も捨てずに使う
  • セロリの苦みが苦手な人でも美味しく食べられるマル秘テクニック

4月の旬の美味レシピ

旬の食材ラインナップ

  • 4月 セロリ
  • 5月 アスパラガス
  • 6月 にんじん
  • 7月 きゅうり
  • 8月 トマト
  • 9月 じゃがいも
  • 10月 かぼちゃ
  • 11月 はくさい
  • 12月 ブロッコリー
  • 1月 だいこん
  • 2月 ほうれん草
  • 3月 きゃべつ

「栄養学×奥薗流」トップへ