旬の奥薗健康レシピ 栄養学×奥薗流

栄養学に学ぶ! 6月のにんじんはココがスゴい!

6月の食材はにんじん

がんの予防に効果のあるカロテンが
なんと冬場の2倍!

にんじんは英語で「キャロット」ですが、その語源は豊富に含まれている「カロテン」からきているほどカロテンがとっても豊富。また、旬のにんじんは柔らかく甘さも増しています。

6月のにんじんは活性酸素を消去し、免疫力を高め、皮膚や粘膜を保護するカロテンが最も多く含まれています。カロテンは体内でビタミンAに変換されますので、少しずつでも毎日食べたい野菜です。

監修の先生
東京農業大学前教授
現客員教授
徳江 千代子 先生

6月のにんじんはココがすごい

  • にんじんのカロテン含有量 グラフ 資料:女子栄養大学出版部「野菜のビタミンとミネラル」 カロテンの量が冬の2倍!

    たっぷりのカロテンでがんを予防

    流通量の多い野菜の中では含まれるカロテンの量がダントツに多いにんじん。国際的に栄養研究をまとめた書「ナチュラルメディシン・データベース」によると、カロテンには閉経前の女性の乳がん、閉経後の女性の卵巣がんの予防に有効であることが科学的に示唆されています。

  • 便秘を解消する不溶性食物繊維が豊富!

    腸の働きが刺激され健康な腸に

    食物繊維には水溶性と不溶性があり、にんじんに多く含まれているのは不溶性食物繊維。この不溶性食物繊維は、 腸の働きを刺激して、排出を促す作用がありますので、便秘の予防や、腸に関する病気の抑制に効きます。

  • にんじん1本でビタミンAをたっぷり補給!

    豊富なカロテンは体内でビタミンAに変換

    少し小振りなにんじん1本(100g)を食べるだけで、1日に必要とされるビタミンAの摂取量の大半を補うことができます。

  • 他にも様々な栄養素がたくさん!
「詳しい説明を見る」ボタンを押すと、栄養素についての説明エリアが開きます。
    カロテン 体力の向上、乳がん・卵巣がんの予防、視力回復&白内障の予防
    カロテンは摂取された後に体内でビタミンAに変換されます。

    疲れ目や視力低下を防ぎます。皮膚や粘膜を保護し、病気に対する抵抗力を高めます。皮膚がん、乳がんなどの発がん抑制作用があり、心筋梗塞や脳卒中などを防ぐ効果もあります。
    鉄 貧血の予防
    鉄の大部分(60-70%)は赤血球中のヘモグロビンの成分として、酸素を組織へ運ぶ役割をしています。

    鉄が不足すると赤血球が十分に作られず鉄欠乏性貧血、息切れ、めまい、疲労感、思考力の低下につながります。
    カリウム 高血圧の進行を抑える、脳卒中の予防
    カリウムは体内の塩分量を調節し、余分な塩分を水分と一緒に尿として体外へ排出してくれるので高血圧の進行を抑え、脳卒中を予防します。

    また、神経や筋肉の機能を健康に保ち、エネルギー代謝を活発にすることで、ダイエットに役立つとも考えられています。
    食物繊維 便秘改善、生活習慣病予防
    食物繊維は水に溶ける水溶性食物繊維と溶けない不溶性食物繊維に分けることができます。
    水溶性食物繊維は腸内で糖質や脂肪、コレステロールの吸収を抑える働きがあるため、生活習慣病予防や血圧低下に役立ちます。
    不溶性食物繊維は腸壁の蠕動を促進し、便秘の改善に有効です。
    カルシウム 骨粗鬆症予防、神経のイライラ抑制
    カルシウムは骨や歯を作る成分として知られている栄養素ですが、神経伝達や筋肉にも作用する重要な働きもあります。
    イライラやストレスの解消にも役立つとされています。
    不足すると骨が弱くなるため骨粗鬆症になりやすくなります。
  • 栄養たっぷりなにんじんの選び方
    1. オレンジの色が濃い物ほどカロテンが豊富
    2. 真ん中の白い芯の部分が小さい物ほどカロテンが豊富
    3. 表面にツヤとハリがあり、なめらかなもの
    4. 太すぎないもの
    5. 首の周りが黒ずんだものや、青色や茶色でない物

旬食材の栄養素を最大限にとるためのポイント!

  • カロテンは脂溶性なので、油で調理したり、
    脂肪分を含むものと一緒に食べると、
    小腸での吸収が高まる
  • 皮の部分に最もカロテンが含まれているので、皮付きのまま調理する
  • にんじん嫌いな子供でも食べられる
    マル秘テクニック



6月の旬の美味レシピ

旬の食材ラインナップ

  • 4月 セロリ
  • 5月 アスパラガス
  • 6月 にんじん
  • 7月 きゅうり
  • 8月 トマト
  • 9月 じゃがいも
  • 10月 かぼちゃ
  • 11月 はくさい
  • 12月 ブロッコリー
  • 1月 だいこん
  • 2月 ほうれん草
  • 3月 きゃべつ

「栄養学×奥薗流」トップへ