旬の奥薗健康レシピ 栄養学×奥薗流

奥薗流 病を防ぐ美味レシピ

9月の旬の美味レシピ

ヘルシーなのに栄養満点!
じゃがいもパンケーキ

いつものパンケーキにじゃがいもをプラス!もちもち生地がやみつきの美味しさ。
材料(2人分)
A) 小麦粉 100g
  ベーキングパウダー 小1
  砂糖 大1
・じゃがいも 2個
・卵 1個
・牛乳 100cc
・ソーセージ(輪切り) 6本
・コーン(冷凍) 1カップ
・オリーブオイル 適宜
・ケチャップ 適宜
栄養学 いいトコ まるごと!レシピの秘密
じゃがいもはビタミンC、ビタミンB1、カリウムなどのミネラル、食物繊維などを豊富に含む優秀野菜。しかも低カロリーなので、いつものパンケーキ生地の小麦粉量を減らし、じゃがいものすり下ろしを加えることで、ビタミン・ミネラルたっぷりのヘルシーパンケーキに早変わりします。

他にもまだある!じゃがいもの秘密はこちら

作り方
  1. Aを混ぜたところに卵と牛乳とすり下ろしじゃがいもを入れてよく混ぜる。

    栄養学 ここがポイント
    じゃがいもをすり下ろして使うことで短時間で火が通るので、熱に弱いビタミンCを効率よく摂ることができる。
  2. ソーセージとコーンも加えて混ぜる。

    栄養学 ここがポイント
    ビタミンB1を多く含むソーセージとコーンを使うことで、炭水化物がエネルギーに変わるのをサポート。
  3. フライパンにオリーブオイルを入れて、②を食べやすい大きさに流し入れて、両面こんがり焼けば出来上がり。食べるときに好みでケチャップを添える。

奥薗流 ここがPOINT
  じゃがいものパンケーキというと、茹でて柔らかくしたじゃがいもを潰して加えるやり方もあるのですが、今回は生のまますり下ろして加えるだけなのでとっても簡単。しかも、このやり方だとじゃがいもの栄養素はもちろん、味や香りがしっかり残るし、じゃがいものでんぷんの働きでモチモチの食感に仕上がるんです。
  最初に小麦粉と砂糖、ベーキングパウダーを混ぜておくのがポイント。小麦粉と砂糖を混ぜて泡だて器で混ぜることで、粉をふるう手間もいらず後の材料を適当に混ぜてもダマダマになる失敗はありません。
  中に入れる具材はハムやツナやチーズなども合います。でもソーセージを入れるとアメリカンドックみたいな味になるので私は好きです。
  とうもろこしは缶詰でも冷凍でもいいですし、生のとうもろこしがあれば身を削って入れるのもお勧めです。
  焼くときはやや弱めの中火でゆっくり焼いてください。強火で焼くと膨らむ前に焦げてしまうのです。じっくりこげ色をつけると、焦げた香りも美味しさになります。

旬の食材ラインナップ

  • 4月 セロリ
  • 5月 アスパラガス
  • 6月 にんじん
  • 7月 きゅうり
  • 8月 トマト
  • 9月 じゃがいも
  • 10月 かぼちゃ
  • 11月 はくさい
  • 12月 ブロッコリー
  • 1月 だいこん
  • 2月 ほうれん草
  • 3月 きゃべつ

「栄養学×奥薗流」トップへ