旬の奥薗健康レシピ 栄養学×奥薗流

奥薗流 病を防ぐ美味レシピ

11月の旬の美味レシピ

たっぷりカリウムで脳卒中を予防!
ふわふわ肉団子とはくさいのシンプル鍋

とろりと煮えたはくさいとやわらか鶏団子の黄金コンビ!
材料(2人分)
A) はくさい 1/4株(600g)
  小1
  昆布 1×10センチのもの1枚
C) 鶏ひき肉 150g
  1個
  しょうが(すりおろし) 1かけ
・水 3カップ
・粗挽きこしょう 適宜
B) 100cc
  100cc
 
  醤油 大1/2
  片栗粉 大1
  青ねぎ(小口) 適宜
・醤油 大1~2
・ゴマ油 適宜
栄養学 いいトコ まるごと!レシピの秘密
  年間で最もカリウムの量が多くなる11月のはくさいですが、煮るとカリウムが水に溶けだしてしまうため、鍋にして汁ごと食べることで溶け出したカリウムを余すところなく摂取することができます。
血圧を上昇させるナトリウム(塩分)を体外へ排出するカリウムの力によって脳卒中の予防に効果があります。また、煮込むことでカサが減るので一度に多くの量を食べることができます。それでいてカロリーが低い健康野菜なのでたくさん食べて多くの栄養を摂取できます。

他にもまだある!はくさいの秘密はこちら

作り方
  1. 土鍋にAを入れてよく混ぜる。

    栄養学 ここがポイント
    鍋料理にすることで、はくさいから溶け出たカリウムを汁ごと食べて摂取する。
  2. ①にBを入れて火にかけ、弱火ではくさいが柔らかくなるまで10分ほど煮る。

  3. Cをボウルに混ぜる。

  4. ②のはくさいが柔らかくなったら水を加え、沸騰したら③をスプーンですくいながら入れる。

  5. 肉団子に火が通ったら醤油、こしょう、ゴマ油を回し入れて味を調え出来上がり。

奥薗流 ここがPOINT
  たっぷりの白菜がペロリと食べられる料理です。美味しく作るポイントは、白菜に塩と昆布をまぶし、白菜を少しの水分で蒸し煮にすることです。白菜は旨味成分のグルタミン酸を豊富に含んでいるので、塩をまぶして蒸し煮にすることでとても良いダシが出るのです。もちろん白菜にも塩味がつくし、いきなりたっぷりの水で煮るよりぐんと旨みや甘みが増します。
  一方奥薗流の鶏団子ですが、卵の割合が多いのでトロトロと柔らかいのが特徴。ですから手で丸めるのではなく、スプーンですくって鍋の中に入れる感じになります。
  普通こんなに生地が柔らかいと、鍋の中でばらばらになってしまうのですが、鍋の中に柔らかく煮えたたっぷりの白菜が入っているので、その上に載せる感じで入れていくと、下に沈まずいい具合に火が通ります。ですからスプーンですくって入れた後は、そのまま触らないでフタをし、中まで火を通すのも大事なポイント。生地が柔らかいので、火が通る前に触ると崩れてしまうので注意してくださいね。
  白菜と鶏の旨みだけのシンプルな鍋ですが、旨みたっぷりでとっても美味しく仕上がります。好みで春雨やごはん、うどんなどを入れ、この美味しいスープ、最後まで無駄なく味わってくださいね。

旬の食材ラインナップ

  • 4月 セロリ
  • 5月 アスパラガス
  • 6月 にんじん
  • 7月 きゅうり
  • 8月 トマト
  • 9月 じゃがいも
  • 10月 かぼちゃ
  • 11月 はくさい
  • 12月 ブロッコリー
  • 1月 だいこん
  • 2月 ほうれん草
  • 3月 きゃべつ

「栄養学×奥薗流」トップへ