過去の放送内容

過去の放送内容一覧

2013212に放送した内容

名医が認めた!病に効く温泉 全国【健康名湯】ランキングSP

塩化物泉が体の痛みを改善!膝痛に悩む女優、茅島成美がその効果を検証!

今回前田先生が薦める一つ目の泉質は、塩化物泉。地中の岩盤に含まれる塩分が温泉水に溶け出したり、断層から海水の塩分が染み込んだりして出来上がる日本ではポピュラーな温泉だが、関節痛や神経痛など様々な体の痛みが塩化物泉で改善することが前田先生らの研究でわかってきた。そこで今回はまず「日本の温泉100選」の中から、塩分濃度が高い塩化物泉ベスト10を発表。堂々の第1位に輝いた兵庫の名湯、有馬温泉に注目する。

痛みに効く塩分濃度が3.92%と、海水の塩分濃度の約3%を上回っている有馬温泉。その特長は、金泉と言われる赤茶になったお湯の色。あまりに高い塩分濃度のため、お湯に含まれる鉄分がすぐに酸化。透明だったお湯が赤茶色に変わってしまう。有馬温泉の歴史は古く、愛媛の道後温泉、和歌山の白浜温泉と並び、日本三大古湯の一つに数えられ、なんと日本書紀にその名が登場するほど。古くから人々の体の痛みを和らげてきた関西有数の名湯だ。

そんな有馬温泉に入ると、実際にどれだけ痛みが改善するのか?膝痛に悩む女優、茅島成美さん(70歳)に、自らの身体で有馬温泉の効能を試してもらう。有馬温泉に到着した茅島さんが見つけたのは、杖捨橋。江戸時代以前から有馬温泉へ杖をついて訪れた湯治客は、痛みが取れて帰りは杖を捨てて帰ったと言われ、この橋の名は、その逸話にちなんで付けられたという。今回、茅島さんがお世話になるのは、有馬で45年の歴史を誇る旅館「兆楽」。前田先生の指示のもと、塩化物泉の湯で15分間の入浴を、1泊2日で3回行ってもらう。はたして、これだけで茅島さんの膝痛は改善されるのか?

スタジオでは、有馬温泉のように血流を促進させ痛みを軽減する、家庭でのお風呂の入り方を伝授。実はお風呂に少量の塩と、どの家庭にもある物を加えるだけで、飛躍的に保温効果がアップすることが今回番組の実験を通してわかった。それは一体何なのか?また、「毎日湯船に日本酒を入れた酒風呂に入っている」というゲストの里見浩太朗は、その効果を前田先生に尋ねてみると…。

硫黄濃度日本一!高血圧を改善させる群馬の名湯とは?

40代以上の日本人、2人に1人が高血圧症と言われるほど、私たちが気をつけなければならない病、高血圧。その高血圧が「硫黄泉」に入浴することで改善傾向を示すことが、最新の医学研究によりわかってきた。卵の腐ったような臭いと白濁した色が特徴の硫黄泉だが、硫黄濃度の高い温泉は、どこなのか?「日本の温泉100選」の中から、硫黄泉の濃度が高い温泉ベスト10を発表。栄えある1位に輝いた、群馬県の名湯、万座温泉に注目する。

2位の新潟県の月岡温泉の硫黄濃度と比べて1.5倍以上と、圧倒的な硫黄濃度を誇る万座温泉。万座温泉は海抜1800m、上信越高原国立公園の中にある高山温泉郷で、あるのは宿泊施設の8軒だけ。一般の家は一軒もない。そんな万座温泉の硫黄濃度が高いのは、頭上に頂く白根山から噴出した火山ガスに大量の硫化水素が含まれていたからだと考えられている。では、この硫黄濃度日本一の万座温泉の湯は、どのくらい高血圧を改善することができるのか?番組ではまず万座温泉の湯に毎日入っている従業員の皆さんの血圧を調査。さらに40代から50代の女性3名に万座温泉に2泊3日で宿泊しつつ硫黄泉に入ってもらい、普段の血圧をどこまで改善できるかを検証する。はたして2泊3日で、皆さんの血圧はどう変化するのか?

スタジオでは、硫黄泉の効果を家庭で簡単に再現できる方法を大公開!硫黄泉と同じような効果を一番手軽に再現できるのは、市販されている炭酸入浴剤。しかし、この炭酸入浴剤をより効果的に使う方法があるという。はたして、その方法とは!?

東京にある特徴的な温泉“植物性泉”その効能は!?

植物性泉とは、今までに医学的に効能が認められた9つの泉質には含まれていないレアな泉質。別名「黒湯」と言われているが、実は日本でこの黒湯が非常に多い地域があった。それが東京。しかも大田区に集中している。そんな黒湯の効能を前田先生が自ら調査するが、結果は…?

手軽に免疫力アップ!足湯に入り続けて健康な芸能人がいた!

手軽に免疫力をアップし、風邪等から身を守る温泉の入り方として注目されているのが「足湯」。新潟県十日市町の病院では病院の入口に足湯を設置。地元の人々が利用していて、風邪をひかなくなったという。さらに東京・渋谷ではお洒落なカフェのテーブルの下に足湯が。いま日本は空前の足湯ブームなのだ。そんな中、芸能界に「自宅での足湯のおかげで病気知らず」と豪語する人物がいた。足湯マイスター、赤井英和さん(53歳)。愛用しているのは市販の足湯器。20年前、ぎっくり腰になった時、医師に勧められて始めたという。朝起きてから食事や休憩の時など、1日合計4時間は足湯をしているという赤井さんの足湯ライフに密着!そんな彼の免疫力は一体どうなっているのか?血液検査で検証する。

さらに足湯の効果をより高まる方法として足湯のエキスパートが薦める、横になって足湯をする「寝足湯」の効果を実験。40代から60代の女性5名にご協力頂き、通常の足湯と寝足湯とで、免疫力のアップに差が出るのかを調べる。気になる免疫力の結果は…?

入浴にまつわる疑問を名医が解説!「入浴法Q&A」

入浴にまつわる10の疑問を名医が解説!お風呂に入るのは1日のうちで、いつがベスト?一番風呂はホントに身体に悪いの?お風呂の理想の温度は?理想の入浴時間は?など、あなたの疑問に名医が答えます。
また、全国の温泉の効能を調べ尽くしたエキスパートが、医学的に効果ありと認定した温泉も公開中!

入浴にまつわる疑問を名医が解説!

●モバイルサイトでは
 【入浴法Q&A】【全国「健康名湯」ランキング】を公開中!

「モバイル(携帯・スマホ)サイト」のご紹介

過去の放送内容一覧