過去の放送内容

過去の放送内容一覧

2016517に放送した内容

今からでも間に合う!身体を老けさせない5つの新事実SP

骨を老けさせない新事実!近年、骨密度が正常でも簡単に骨折する
「新型骨折」が増加!骨を老けさせる新原因「骨のサビつき」とは!?

年をとると誰でもある足腰の衰え。骨の老化が進むと、ちょっと転んだだけでも簡単に骨折してしまうことがある。さらに骨折する場所によっては、ある日突然、寝たきりになってしまう可能性も……。そんな恐ろしい骨折を引き起こす骨の老化の最大の原因が、「骨粗しょう症」。加齢や偏った食生活などの影響で骨がスカスカになってしまう病だ。そんな骨粗しょう症を招く骨密度の低下を防ぐためには、骨の材料となるカルシウムをよく摂り、普段から骨の老化を防ぐことが何よりの予防法だとこれまでは考えられてきた。

ところが近年、それだけでは骨の老化を防げないことが明らかになってきた。2010年に発表された衝撃的な論文によって、なんと骨密度の低下以外にも骨を老化させて、骨折を引き起こす原因がわかってきたのだ。その研究を行った医師こそ、東京慈恵会医科大学 整形外科学講座 准教授の斎藤充先生。斎藤先生によれば、近年、骨密度が正常でも簡単に骨折する新型骨折が増加しているが、その原因は「骨がサビてしまう」ことにあるという。しかも骨のサビつきはカルシウムを十分摂っている人にも起こっているというのだ。骨がサビつくとは一体どういうことなのか?

そこで今回、番組では実際に骨がサビついている人を見つけ出し、検証してみることに。集まって頂いたのは、60代から70代の女性13名。いずれも普段からカルシウムをよく摂り、骨には自信のある方々ばかりだ。そんな皆さんに骨のサビ具合を調べるための血液検査と尿検査を受けてもらうが、はたして結果は…?

さらに番組では「一体なぜ骨はサビついてしまうのか?」を斎藤先生に伺う。先生によれば、その主な原因の一つは血糖値が高いこと。そしてさらにもう一つ、別の要因があるという……。はたして骨を折れやすくしてしまうもう一つの原因とは何なのか?斎藤先生がスタジオで詳しく解説する。

目を老けさせない新事実!目の奥にカスが溜まることで発症!
近年急増する「第3の目の病」とは?

年をとると増えるお悩みの一つが、物が見づらくなってしまうこと。ところが近年、こうした目の見づらさを感じている方々の中に、放っておくと極端な視力の低下を招き、最悪の場合、視野が大きく欠けてしまう新しい病が隠れていることがわかってきた。厚生労働省によると、その病の患者数は、9年間でおよそ2倍の 69万人にまで増加。今なお高齢者を中心に増え続けているという。その新しい病について教えてくれるのは、日本大学病院 眼科 診療准教授の森隆三郎先生。先生によれば、この病になると、新聞の文字などが読みづらくなるだけでなく、人の顔の表情までわからなくなるという。目の病といえば、白内障や緑内障が知られているが、今急増しているのはそれとは違う“第3の目の病”。そして実はこの病は「目の奥にカスが溜まる」ことで起きているという。

番組では、実際に目にカスが溜まったことで、この病を発症した患者さんにお会いすることができた。兵庫県にお住いのT・Sさん(74歳)。2年前、彼を襲った異様な症状とは何だったのか?
そして森先生によれば、T・Sさんのように目にカスが溜まっている人、つまり目に危険な爆弾を抱えている人は決して少なくないという。そこで番組では、目にカスがある人がどれくらいいるのかを検証。目の見づらさを感じているという50代から70代の男女15名に集まってもらい眼底検査を行った。はたして結果は……?そして目にカスが溜まることによって起こる、近年急増している“第3の目の病”の正体とは!?

スタジオでは、目にカスが溜まる主な原因と、これからの季節注意したい事について、森先生が解説。さらに最近の研究で明らかになってきた“第3の目の病”を予防できる可能性のある4つの栄養素を発表する。

カリスマ家庭料理研究家、奥薗壽子さんが
「目の老化を防ぐ!作り置きおかず」3品を開発!

“第3の目の病”の発症を防ぐ効果が認められた今注目の栄養素。それはアメリカの国立眼科研究所が行った大規模研究によって明らかになった。4200人もの人に、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛とともに、ある栄養素を加えたサプリメントを毎日摂取してもらい、5年間追跡調査を実施。すると、“第3の目の病”の発症率がなんと18%も低いという結果が出たのだ。

その栄養素とは「ルテイン」。ほうれん草やケールなどの黄緑色野菜に多く含まれる栄養素だが、実は私たちの体内にも存在。眼球の網膜にも多く含まれ、紫外線などから網膜を守ってくれている。ルテインは言わば、天然のサングラスなのだ。ところが、加齢とともにルテインが減少すると、目の網膜が直接太陽光にさらされ、ダメージを受けやすくなってしまう。だからこそ加齢で失われていくルテインを食事で補うことが重要だという。つまり、“第3の目の病”の発症を防ぎ、目を老化から救うためには、ルテイン、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛という4つの栄養素を摂ることが大切なのだ。しかし、この4つの栄養素の推奨摂取量を万遍なく、毎日摂るのは大変。そこで今回も、カリスマ家庭料理研究家の奥薗壽子さんに助けてもらうことに。

奥薗さんが今回挑むのは、4つの栄養素が全部必要なだけ入った「目の老化を防ぐ!作り置きおかず3品」。今回も奥園流のテクニックを駆使し、「ほうれん草のナムル」「かぶの葉のふりかけ」「パセリミートソース」の3品をつくる。しかもこれらの作り置きおかずは、様々な料理にアレンジ可能なスグレものだという。はたしてどんな料理になるのか?完成した料理はスタジオにも登場し、一同で試食する。

超・健康百寿者の秘密

103歳でひとり暮らしの超元気おばあちゃんに密着!「脳」、「血管」、「腸内フローラ」…3つの若さの秘密を探るべく3人の名医が超・健康百寿者の生活を徹底分析!

モバイルサイトでは、
「目の老化を防ぐ 作り置きおかず3品」を公開中!

番組でおなじみの奥薗壽子さん考案、目の老化を防ぐ栄養素たっぷりで様々なアレンジがきく“作り置きおかず3品”のレシピをご紹介します。ぜひお試しください!

「モバイル(携帯・スマホ)サイト」のご紹介

過去の放送内容一覧