過去の放送内容

過去の放送内容一覧

20161220に放送した内容

「ストップTHE物忘れ 認知症予防SP」&
「冬に注意したいアレルギー&完治可能な治療法【Tレグ】SP」&
「来年も健康に!スーパー栄養素カルシウムで【高血圧】
【ストレス】【がん】予防SP」

【物忘れブロック】

年をとると増える「物忘れ」の原因は脳の萎縮。
最新研究で脳の萎縮が進んでも記憶力を衰えさせない方法が明らかに!

物忘れだけでなく、認知症のリスクも上がってしまう脳の萎縮。そもそも脳は生まれてから20歳くらいまではどんどん大きくなり、記憶力も良くなっていく。ところが20代をピークに脳の神経細胞は徐々に減り、50歳頃からどんどん萎縮し死滅してしまうので脳も縮み、記憶力も落ちてしまうのだ。ところが同じように脳が縮んでも、記憶力が衰える人と衰えない人がいることがわかってきた。はたして脳が萎縮していても記憶力が衰えない人とはどんな人なのか?

番組ではまず脳が萎縮していながら、記憶力をしっかり保ち続けている人を探し出すことに。ご協力頂いたのは、ランダムに選んだ7名の60歳以上の皆さん。すると、同じように脳の萎縮が進んでいるにも関わらず、脳年齢が実年齢より10歳も若い男性や、脳年齢が30歳未満という女性がいることが判明した。いったい彼らの頭の中で何が起きているのか?

萎縮した“脳の中のタツノオトシゴ”を大きくできる
物忘れストップ物質「BDNF」とは?

藤原先生によれば、脳のほとんどの部分の神経細胞は年をとると死滅する一方で、脳の中のタツノオトシゴでは年をとっても神経細胞を増やすことができ、脳の中のタツノオトシゴ自体を大きくすることも可能であることが分かってきたという。その脳の中のタツノオトシゴを大きくするものこそ、物忘れストップ物質「BDNF」。BDNFの働きにより脳の中のタツノオトシゴを大きくすることができ、記憶力の改善、ひいては認知症予防に役立つのではと期待されているのだ。

番組では今回ある細胞試験の研究所にご協力頂き、このBDNFが神経細胞を活性化させる瞬間を撮影することができた。脳のことを長年研究してきた藤原先生も初めて見たという超貴重な映像は必見!

物忘れストップ物質「BDNF」を普段の生活の中で増やす方法があった!
その効果を徹底検証!!

現在アルツハイマー病の治療薬としても期待され、実用化に向け研究が進められている物忘れストップ物質「BDNF」。実は普段の生活の中でも“あること”を続ければBDNFをつくることができるという。はたしてその方法とは?そして番組では脳の中のタツノオトシゴが萎縮していた人たちにも、その“あること”を実践してもらい効果を検証する。果たして結果は……?

【アレルギーブロック】

絶対知っておきたいアレルギーの最新常識を一挙公開!
ノーベル賞級の発見「Tレグ」!つらい花粉症や喘息とバイバイできる方法とは?

年末、大掃除をしていると止まらなくなるくしゃみ。こんな風に、家のホコリやチリなどを吸うことでくしゃみが出やすくなるのも立派なアレルギー反応の一つだ。今までアレルギー症状が出ていないから自分は大丈夫とか、高齢になったらもうアレルギーにはならないと考えるのは大間違い。最新のアレルギー常識を知らずに症状を放っておくと、急性のアレルギー反応アナフィラキシーショックが誘発され、帰らぬ人になってしまうこともあるのだ。

ところが最新の研究で、様々なアレルギーが治療で克服できる可能性が出てきた。そんな夢のようなことを可能にするキーワードこそ「Tレグ」。ノーベル賞をいつとってもおかしくない大発見とまで言われる「Tレグ」とは一体?冬こそ気をつけたいアレルギーの最新常識を一挙公開!つらい花粉症や喘息とバイバイできる方法をお伝えする!!

冬こそ注意!間違ったダニアレルギー対策が恐ろしい病を招いた症例

結婚2年目で2LDKの賃貸マンションに引っ越した主婦、K・Sさん(35歳)は、季節の変わり目の10月、鼻水が出てグズグズする異変に襲われた。風邪薬を飲むと治まったため、気に留めることもなかったが、翌年5月、鼻水や鼻づまりに加えて、連続するくしゃみや喉がイガイガするような違和感を覚える。そこで近所の耳鼻科でアレルギー検査を受けたところ、【ダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎】と診断された。それからこまめに掃除をしてダニを除去。エアコンを除湿モードにしてダニの住みにくい環境にするなどの対策をとり、症状が治まっていたk・Sさん。しかし最初にアレルギー症状が出てから3年目の冬、突然咳が止まらなくなり呼吸困難に陥る異変に襲われ、救急車で病院に搬送されてしまう。はたしてK・Sさんの身体を蝕んでいた恐ろしい病の正体とは……!?

アレルギー改善のカギを握る「Tレグ」を沢山持っている人たちがいた!
現代文明からかけ離れた生活をするアーミッシュに「Tレグ」が多い理由とは!?

アレルギーが完治する可能性を秘めた「Tレグ」を沢山持っている人たちがいた。北アメリカで暮らす民族、アーミッシュ。自動車や電気などを使わず、現代文明からかけ離れた生活をしているキリスト教の一派だ。幼少期から家畜と触れ合い、自然とともに生きているアーミッシュ。彼らにはある驚くべき医学的事実が存在した。それはアーミッシュたちには、アレルギーを持っている人が極めて少ないという事実。つまりアーミッシュこそ、医学界が注目するTレグ細胞を沢山持っている民族なのだ。ではアーミッシュたちはなぜTレグ細胞を沢山持っているのか?Tレグ細胞を世界で最初に発見した大阪大学免疫学フロンティア研究センターの坂口志文教授が解説する。

スタジオでは、最新の研究でわかってきた大人でもTレグ細胞を増やす方法を相良先生が紹介する。

【カルシウムブロック】

「高血圧の改善」「ストレス解消」「がんの予防」に効果あり!
スーパー栄養素、カルシウムで健康になる方法を大公開!

小魚やチーズ、牛乳などに含まれ、骨や歯を丈夫にする栄養素として知られるカルシウム。しかし実はカルシウムの働きはそれだけではなく、筋肉の動きをコントロールしたり、脳の中であらゆる情報を伝達するなど私たちが生きていく上で重要な働きをしているスーパー栄養素だった。さらに最近の研究で、心筋梗塞などを引き起こす高血圧の改善や、がんの予防、ストレスの元凶であるイライラの解消などにも効果があることがわかってきた。

そこで、身近にあるけどよく知らなかったカルシウムの秘密を徹底解明!カルシウムを上手に摂ることで高血圧を改善し、ストレスを解消、がんの予防にも役立てる方法を紹介する。

スタジオでは、東京都健康長寿医療センター副院長の原田和昌先生がカルシウムの働きなどについて解説。さらに日本人がカルシウム不足になりがちな理由をクイズ仕立てで紹介する。

コップ一杯の牛乳が高血圧を改善!?名医も驚くカルシウム効果とは?

寒いこの季節に食べたくなるラーメンや鍋物。でもこうした料理を食べる時、気になるのが塩分。しょっぱいものを食べ過ぎると血液中の塩分量が増え、それを薄めようと血管内に水分が取り込まれ血液の量が増加。そのため血圧が上がってしまうことに。塩分の摂り過ぎこそ高血圧を引き起こす元凶なのだ。そんな血圧が気になる人の救世主こそカルシウム。カルシウムをしっかり摂れば、厳しい減塩をしなくても血圧を下げることができる可能性があるという。

そこで今回番組では、普段から血圧が高めの4名の方にご協力頂き、カルシウムの効果を大検証!すると、名医も興味津々の検証結果が!高血圧の人が最も注意しなければならない“ある時間帯”の血圧が驚くほど下がっていたのだ。はたして驚異のカルシウムの効果とは!?

スタジオでは、牛乳を初めとするカルシウムを豊富に含む食材を上手に摂って血圧を下げる方法を紹介する。

カルシウムががんを予防!
急増する大腸がんのリスクを下げるカルシウムの摂り方とは?

カルシウムを摂取することでがんが予防できる!そんな夢のような効果がいまカルシウムに期待されている。番組では国内のがん研究の最高峰とされる国立がん研究センター研究所の協力を頂き、カルシウムが発がん物質を捕らえる決定的瞬間の撮影に成功した。その決定的瞬間とは?

そして、そんなカルシウムによるがん予防が最も期待されており、この31年間で患者数がおよそ5倍に増加しているがんの正体が明らかに!

このほか、カルシウムがストレスの元凶であるイライラとどう関係しているのかを取材VTRで検証する。

モバイルサイトでは、
「アレルギーQ&A」「カルシウムの3つの効果」など
公開中!

「アレルギーは治らない?」などの疑問に番組出演の名医が答える「アレルギーQ&A」や、カルシウムが豊富な食材や効率の良い摂取の仕方もおさらいできる「カルシウムの3つの効果」なども掲載しています。ぜひご覧ください!

「モバイル(携帯・スマホ)サイト」のご紹介

過去の放送内容一覧