美味しく食べて尿酸値オフ&血管を老けさせないレシピ

奥園さんに課せられた尿酸値オフルール

尿酸値オフルール

(1)プリン体の摂取を100mgに抑える(1食)
プリン体の摂取量を、1日の摂取量目安400mgのわずか4分の1の100mg以内に大幅カットした美味しい夕食メニューを作る。
(高尿酸血症の治療ガイドラインより)
(2)水は2リットル飲むようにする
おしっこが濃くなってしまうと、腎臓に負担がかかってしまうので尿酸の排出がうまくいかなくなってしまう。
(3)尿をアルカリ化させる食品を積極的に摂る
そもそも、私たちの尿は普段弱酸性だが、尿酸値が高いと尿が強い酸性になってしまい、尿酸が溶けにくくなってしまう。そこで、尿をアルカリ化させる食品を積極的に摂り、尿を弱酸性にすると、尿酸の排出がスムーズになる。摂り方としては、酸性食品1に対してアルカリ化食品2の割合で、特に夜摂るのが良い。
    尿をアルカリ化させる食品
  • ・ほうれん草やキャベツなどの野菜
  • ・わかめや昆布などの海藻類
  • ・しいたけ、しめじなどのきのこ類
  • ・大根やゴボウなどの根菜類
しかし… この条件をクリアするには、野菜がかなり多くなり全て食べるのはなかなか大変。 そこで今回も、家庭料理研究家 奥薗壽子さんのお力をお借りすることに。 2つの課題をクリアする「1週間分の尿酸値オフ御膳」を考案いただきました!

携帯・スマホ会員限定コンテンツ

QRコード
モバイルサイトでは、気になる尿酸値をしっかりコントロール!
尿酸値オフレシピ』を、無料で公開中!
奥薗壽子さん考案の、プリン体の摂取を抑えつつ、血管の老化を防ぐ
1週間分の尿酸値オフ御膳をご紹介しています。ぜひお試しください!
詳しくは、左記QR または 「みんなの家庭の医学」で検索!

携帯・スマートフォンサイトのご紹介

閉じる