LIFE〜夢のカタチ〜

今までの放送内容 詳細

2013年3月30日放送 | 矢印リストに戻る

画像

伝統と現代 創作和菓子ユニット

「日菓」 内田美奈子さん・杉山早陽子さん

画像
京都で新しい創作和菓子を生み出す「日菓」は、和菓子職人の内田美奈子さんと杉山早陽子さんの2人のユニット。新たな和菓子を作り出したいと「日菓」を結成し、伝統の中に斬新なセンスを取り入れた創作和菓子を作っている。そんな2人の和菓子は若い人たちの目に新鮮に映り、人気も上昇中。今回は、次々と新作作りに挑む2人の創作の日々を追った!
内田さんと杉山さんを結びつけたのは、一冊の本だった。それは「和の菓子」というタイトルの本で、各季各月の和菓子を美しい写真とともに解説した著書。2人とも、この本をきっかけに和菓子の世界に魅了されたという。まったく違う人生を歩いていた2人が和菓子という世界で出会い、自然と仲良くなった。
いまでは人気の創作和菓子ユニット「日菓」として活動する2人。互いにアイデアを出し合い、よりよい物を創り上げている。茶人のお茶会や花器の展示会など、依頼を受けてから和菓子が完成するまでを紹介。また、過去に作った「3時(ようかん)」や「おしくらまんじゅう」「瓜二つ」など、ユニークな作品も取り上げながら、「日菓」の和菓子の魅力を紹介した。
様々な作品を生み出し、一歩一歩、進んできた2人は、昨年、念願だった工房を構えた。だが、お店はまだない。月に一度だけ、工房がお店に変身する。というのも、ユニットの活動の傍ら、2人はそれぞれ仕事をもっており、杉山さんは老舗和菓子店「老松」で職人として働いているからだ。とはいえ、2人の活動は順調で、「日菓」の作品が一冊の本にまとまり発売された。そのほかにも、和菓子の作り方のワークショップを東京で開催するなど、活動は広がりを見せる。そんな2人には様々な依頼も舞い込み、なかには、錆を見るイベントのための和菓子など、かなりユニークなものも!
そして、今回、2人が新たに挑戦したのは、伝統の世界!奈良東大寺二月堂の「お水取り」をテーマにした「日菓」の新作作りを追った!
日菓
紹介 京都で活躍する女性創作和菓子ユニット。
オーダーメイドを中心としながら、月に一度、工房をお店としてオープン。
住所 〒603−8223 京都市北区紫野東藤ノ森11−1
問い合わせ nikkakyoto@gmail.com
営業時間 月一日菓店(つきいちにっかみせ)
次回は、4月17日(水) 12:00〜17:00
参考料金
(税込)
月一日菓店
「雲の穴」「ももきのこ」「増笑顔」  各300円
備考 地下鉄「鞍馬口」駅から鞍馬口通りを西へ徒歩20分
京東都(きょうとうと)本店
紹介 京都の伝統的文化を現代にアレンジした刺繍ブランド
住所 京都府京都市東山区星野町93−28(東大路八坂通り東入ル)
電話番号 075−531−3155
営業時間 11:00〜18:00
定休日 不定休

▲PAGE TOP