印刷する
2008年5月8日(木)放送
テーマ”鶏を味わう”
手羽先のカリカリ揚げ
みりんと砂糖を入れた湯でゆでると皮がカリカリに揚がる。骨に沿って切り込みを入れると味がしみ込む。
作り方
手羽先の下ゆでAの水を沸かし、みりん、砂糖を加え、手羽先をサッとゆでて取り出し、水分を取る。
手羽先の内側に、骨に沿って切り込みを入れる
手羽先の下味Bの塩、砂糖、シナモンパウダー、酒を合わせ、手羽先の切り込みから身にすり込んで下味をつけ、皮にはつかないようにする。
手羽先の切り込みの部分にカタクリ粉をつけ、160度の揚げ油に入れて中温で揚げ、取り出す直前に強火にする。
長ネギと赤ピーマンはせん切りにし、レタスは5mm幅の細切りにする。野菜の味つけCの塩、黒コショウ、酢、ゴマ油を合わせて野菜を和え、手羽先とともに器に盛る。
(4人分)
手羽先 16本
長ネギ 1本
レタス 3枚
赤ピーマン 1/2個
カタクリ粉 適量
揚げ油 適量
☆手羽先の下ゆで(A)  
1リットル
みりん 大さじ1
砂糖 小さじ1
☆手羽先の下味(B)  
大さじ1
砂糖 小さじ2
シナモンパウダー 適量
大さじ1
☆野菜の味つけ(C)  
小さじ1/3
黒コショウ 適量
大さじ2
ゴマ油 大さじ4
見事なくらいカリカリ。ニンニクもショウガも使ってないのに、おいしい。クセが全然ない。これは食べだしたら、止まらなくなりそう。シナモンでクセがなくなるなんて。びっくりしました。これを最初に食べたら、皮が絶対好きになります。ニンニクが入っていないから、においを気にしなくてもいいし。
(c)ABC All rights reserved.