今年も開催決定!オールジャンル&オールジャパン 新たなスターを生み出す伝説の「ABCお笑いグランプリ」

ジャルジャル

ジャルジャル

レースは次々にトップが入れ替わるという、高得点でのデッドヒートを展開した。 その結果、自由奔放な言葉遊びを駆使し、緻密に練り上げられた漫才で沸かせた「ジャルジャル」が484点を獲得。 2位の「GAG少年楽団」に13点の大量差をつけ、"若手芸人No.1決定戦"を制した。2人には、優勝賞金300万円が贈られた。

「ジャルジャル」は、高校の同級生だった後藤淳平(1984年・大阪府出身)と、福徳秀介(1983年・兵庫県出身)が、2003年4月にコンビを結成。 2008年の「第29回ABCお笑い新人グランプリ」で、優秀新人賞も獲得している。

受賞直後の会見では、後藤が「ABCの『新人グランプリ』時代にも出していただいてるんですが、優秀新人賞で終わったんです。 最優秀賞が取れずじまいで、それがずっと心残りだったんですよ。 で、システムが変わって結成10年まで出られるということでチャレンジさせてもらいまして。 やっとグランプリが取れたというのは本当に感無量。ラッキーです!」と喜びの声を上げれば、福徳も「昔、このコンテストは成人の日にあって。 僕らは18歳の時にお笑いやろうぜとコンビを組んで、1つの目標としては20歳の時にABCお笑い新人グランプリに出て、成人式に出られないっていうのが夢やなと話してたんです。 結局、成人式には余裕で出れてしまいまして。そういう強い思いが、このコンテストにはありました。 何年か前は最優秀ではなかったんで、今回ようやく10年目にしてグランプリをもらえることができて非常に嬉しいです。 10年間頑張ってきて良かったなと思いました」と悲願達成に感慨深げだ。

今回は、準決勝を1位で通過しての決勝進出。最後の出番となったが「手応えはありました。気持ち良かったです。 普段はコントを主にやってるんですけど、漫才でチャレンジするということで、周りのライバルたちよりも、スーツ光らせてきて良かったなと思います。 一番スーツが光ってたと思います」と後藤。一方、福徳は「周りも面白さがかなりあったので、大丈夫かなっていう不安もあったんですが、あとは待つのみでしたね」。

決勝のネタ選びについて、後藤は「漫才でいこうと思ってハナからいってたわけじゃないんですけど。 その時の一番イイ感じのネタを賞レースではやるんですけども、それがたまたま漫才やったということですね。昨年末に、このネタができたので。 5upよしもとでも1回もやったことないんですが、自分らの中では完成されてたんで」と明かした。 また、福徳は「ネタをTVでやる機会がグッと減っちゃって。 こういう賞レースしか、ネタを披露する機会がないのは、ちょっと悲しいですね。 ネタをやるのが本業なので、こういう機会があって本当に嬉しいですね」と心境を吐露。

賞金の使い道については、後藤が「300万円なんていう賞金はいただいたことがないので。 使い方が分からなくて、軽いパニックになって同じ色の原付を2台買ってしまうかもわかりません」。 さらに、もうすぐ第一子が誕生するとあって「最高級のベビーカーを買ってあげます」とも。片や、福徳は「実家が芦屋で世間では金持ちとかよく言われてるんですが、昔の話でして。 かれこれ金持ちじゃなくなって20年ぐらいになります。なので、実家の雨漏りがひどいので、それを直そうかと思います」と語った。

最後に、今後の仕事の展開についてたずねられると「5upを卒業したら、ちょうど10年目という節目なので、東京を拠点に頑張ろうかなという気持ちでいっぱいです。 自分らのコントのお笑い番組ができたらいいですね」と福徳が言えば、後藤は「全国区で活躍できるような、日本に欠かせないコメディアンになって、大金持ちになりたいですね。 まずは去年1年金髪にしたので、今年1年はムキムキになろうかなと思います(笑)」。

決勝の結果 応募総数524組の中から勝ち残った9組を発表!

ジャルジャル

ジャルジャル

484点

予選1位

プロフィール

GAG少年楽団

GAG少年楽団

471点

予選4位

プロフィール

ジグザグジギー

ジグザグジギー

469点

予選3位

プロフィール

シソンヌ

シソンヌ

466点

予選7位

プロフィール

プリマ旦那

プリマ旦那

463点

予選6位

プロフィール

天竺鼠

天竺鼠

461点

予選2位

プロフィール

アイロンヘッド

アイロンヘッド

455点

予選5位

プロフィール

ジャングルポケット

ジャングルポケット

449点

予選8位

プロフィール

和牛

和牛

443点

予選9位

プロフィール

ABCスマートフォン・携帯サイト 決勝戦ネタ動画 配信中!
  • 「参加資格はオールジャンルのお笑い」才、コント、ピン芸など全てのお笑いジャンルを網羅したコンテスト。お笑いの異種格闘技戦です。
  • 「デビュー10年以内の若手お笑い芸人が大集合」今1番勢いのある若手お笑い芸人がジャンルの壁を越えてチャレンジします。
  • 「日本全国のプロがしのぎを削る戦い」全国のお笑い芸人たちが参加。激しいグランプリ争いが予想されます。

昨年のグランプリ優勝はこちら