FAQ

space
トップページ
space
space

過去の依頼検索

依頼の検索ができます。
検索結果
2015/08/28 放送
意外な展開に局長が感心するネタ登場!
【内容】
依頼は、真栄田賢探偵が調査した『怪奇!郵便物に穴があく!』、竹山隆範探偵の『謎の風呂敷男』、田村裕探偵の『連絡を返さない家族』の3つ。

1.『怪奇!郵便物に穴があく!』探偵/真栄田 賢

兵庫県の主婦(36)から。我が家のポストの中の郵便物に、謎の穴が開く現象が起きている。穴の場所によっては文字が読めず、困っている。封筒、葉書と種類を問わないだけでなく、ポスティングされたチラシや電気料金のお知らせ、地域の回覧板の書類にも穴が開いている。初めて気づいたのは去年の夏ごろ。その後は時々だったが、ここ2カ月ほどは毎日のように開いていて非常に困っている。原因の究明をして欲しい、というもの。

2.『謎の風呂敷男』探偵/竹山 隆範

大阪府箕面市の男性(42)から。阪急・相川駅の近くに現れる、謎の男について調べて欲しい。その男は着物姿で、天狗が履くような高下駄を履き、大きな風呂敷包みを頭の上に乗せたまま、どこかに向かって歩いている。仕事中に何度か車の中から目撃したが、いつ見ても同じ姿をしている。そして、独特の怖さや威圧感があり、とても近づいて声をかけられる雰囲気ではない。ずっとその状態で歩き続けているのか。なぜ、その恰好をしているのか。風呂敷には何が入っているのか。とにかく謎だらけで気になる。私は仕事の関係上同行するのは難しいため、謎の男がよく出没する場所の地図を同封します。危険が伴うかもしれないが、気をつけて調査して欲しい、というもの。

3.『連絡を返さない家族』探偵/田村裕

大阪府の男性(23)から。沖縄県出身で、高卒後に就職で大阪に来て5年。いつも同郷の40名ほどの同級生たちと集まっては酒を飲んで、楽しい日々を過ごしている。そんな生活のためか、今までホームシックとは無縁だったが、なぜか最近、ホームシックになっている。母や姉の声が聴きたくて沖縄に電話するが、母は電話に出ないだけでなく、折り返しの電話もかけてくれない。まったく繋がらないわけではないが、ここ最近まともに電話に出てくれた記憶がない。家族みんなでLINEもしているため「なぜ、折り返しの電話がないのか?」とメッセージを送信しても既読になるだけで返信なし。普通、沖縄から遠く離れた大阪にいる息子から連絡があれば、「何かあったのか?」と折り返しがあるハズだと思うが、うちの家族は僕のことをどう思っているのか。僕のことを気にしてくれているのか。日常では僕の事を一切忘れているのか。息子の電話に母が出ない理由を調べて欲しい、というもの。
space 検索結果に戻る