FAQ

space
トップページ
space
space

過去の依頼検索

依頼の検索ができます。
検索結果
2017/02/17 放送
オナラで悩む若き女性を全力サポート!?
【内容】
依頼は、真栄田賢探偵が調査した『彼氏の前でオナラをしたい』、橋本直探偵の『おじいちゃんの宝物』、竹山隆範探偵の『ターザンロープに乗れない!』の3つ。

1.『彼氏の前でオナラをしたい』探偵/真栄田 賢

大阪府の女性(22)から。4年間付き合っている彼氏のことでお願いがある。彼氏とは気を遣わないし、言いたいことも言える仲なのだが、一つだけ、できないことがあり悩んでいる。それは彼氏の前でオナラをすること。私は今まで一度も彼氏の前でオナラをしたことがない。実は、高校時代に付き合っていた以前の彼氏が、「女の子はオナラをしないもの」と思っていて、彼の理想に合わせ続けているうちに、それがトラウマになってしまったのだ。それ以降、彼氏の前では気持ちにブレーキがかかり、オナラをすることがどうしてもできない。今はオナラをしたくなったら「トイレに行ってくる」と言ってトイレでしてきたり、自分の家に帰るまで我慢をしたりしている。こんな私にとって、お互いの前でオナラができるカップルが羨ましくて仕方がない。実は、6月からダンスを学ぶために、彼氏とフランスに留学し一緒に暮らす予定である。毎日オナラを我慢しながら生活するのかと思うと、お腹が痛くなってくる。そこで、探偵ナイトスクープしかないと思い依頼した。なんとか助けて欲しい、というもの。

2.『おじいちゃんの宝物』探偵/橋本 直

兵庫県の女性(19)から。うちのおじいちゃんを、愉快なおじいちゃんに戻して欲しい。私たちのおじいちゃんは、いつも冗談を言っている明るいおじいちゃんだ。そのおじいちゃんが、某テレビ局の鑑定番組を見ていた時、突然「これと同じもの持ってる!」と言い出した。番組内では、鑑定結果も150万円と高額なもので「すごい、すごい、すごい」と有頂天に。しかし、パソコンで調べたところ、数千円で売っているモノもあり、家族一同があまり信じなかったせいで、凹んでしまい・・・。以来、いつもの冗談もキレがなくなってしまった。自分で鑑定して調べればいい話なのだが、「もし安いものだったら傷つく」と尻込みをしている。そこで、おじいちゃんの宝物を鑑定してもらえないだろうか。万一、本物でなくても、ナイトスクープなら優しく扱ってくれるので、おじいちゃんも幸せだと思う。よろしくお願いします、というもの。

3.『ターザンロープに乗れない!』探偵/竹山 隆範

愛媛県の女性(33)から。今回は、私の「一世一代の挑戦」に協力して欲しい。公園にある、ロープに飛び乗って、20メートルほど離れた場所までターザンのように進むアスレチックを、どうしてもできるようになりたいのだ。というのも、私は大の運動オンチ。スポーツ全般が苦手なだけでなく、何もないところで派手に転んだりするので、主人は呆れつつ、ドジな私をいつも心配している。そんな主人は、春から単身赴任になる。私は主人が大好きすぎて、甘えてばかりいるので、離れることに不安いっぱいで、寂しくて寂しくてたまらない。でも、新しい土地で頑張る主人に、エールを送りたい!いつも心配ばかりかけている主人に、アスレチックができる私の姿を見せて、「私は大丈夫だよ!頑張って!」と叫びたい!安心してもらってから、送り出したい!どうかよろしくお願いします、というもの。
space 検索結果に戻る