社員紹介「東京支社テレビ営業部 朝日源」

企む仲間たち(member)

【マイページ】

今、こんな仕事をしています!

テレビ制作部で6年間番組制作に励んだ後、現在は外勤として、スポンサー・広告代理店と「CM枠の商談」を行っています。「CM枠の商談」は単に15秒、30秒の枠を販売するだけではなく、スポンサーの商品とテレビを絡めた企画提案を求められることも多いため、意外とクリエイティブ力が必要とされます。テレビ制作部のキャリアを活かして、スポンサーの商品を取り上げるロケを自ら行うこともあります。

CM枠以外にも、「朝日放送が主催するイベント」や、「TVerのCM枠」などのセールスを行います。テレビだけでなく、インターネット広告の知識も求められる時代になってきています。

夜はスポンサー・広告代理店の方と会食に行く機会も多いです。業務内容は多岐にわたり非常に充実しています。

余談ですが、テレビ業界の会食というと「お酒が飲めないといけない」というイメージがあるかと思います(私もそう思っていました)が、そんなことはありません。私もほとんど飲めないですが全く問題ありませんのでご安心ください。

朝日源

担当した仕事で『やりがい』を感じたのは?

自分の考えた企画をスポンサーに気に入ってもらい、出稿に結びついたとき。

携帯アプリゲームのスポンサーに、ウーマンラッシュアワー村本さん出演のオリジナルCM制作を提案しました。CM案を気に入っていただき、かなりボリューム感のあるスポット出稿をいただけることに!テレビ制作部時代にお世話になったディレクターや構成作家の方々と一緒にCMを作り上げました。このCMがアプリのダウンロード数に貢献できた結果、全国ネット番組のタイムCM枠を購入し、放映してもらうことができました。

また、「関西局らしく、芸人さんが面白く商品の魅力を引き出す番組をやりたい!」という思いから、会社の先輩・後輩、広告代理店の方々とのチームで、友近さん、ロバート秋山さんのコントで商品の魅力を楽しく伝える番組を作り上げました。

CMや番組のプロデューサーのような仕事ができるのも、テレビ営業の醍醐味です。

朝日源

入社から今までで笑える失敗、すごい経験

自分が考えた面白いことをテレビで表現し、たくさんの視聴者の方に見ていただけるのは、すごい経験だと思います。他にも、ディレクターになりたてで「アタック25」を担当していた時、当時の司会者だった児玉清さんと地中海クルーズの賞品紹介ロケに行けたことはとても良い経験です。クルーズ船が出発する時、児玉さんのコメントをもらいながらロケのファーストカットを撮ろうとしたのですが、ロケハンの時より船上の楽器演奏が騒がしく、なかなか撮影を始められない状況に…。児玉さんから「仕方ないよ」と優しいお言葉をいただいたことで救われましたが、大物司会者を長時間お待たせしてしまったことは今でも反省しています…。

朝日源

朝日放送に入社してよかったこと

映像作品を作れるようになったことは何よりの財産です。テレビ営業部に異動してからも、結婚式や送別会などでVTRを作らせていただいています。そのVTRを見た人たちに笑ったり泣いたりしてもらえると「映像の持つ力」を感じることができます。これからも「映像の持つ力」を視聴者の皆様に届けていきたいと思っています。

朝日放送のテレビ営業に特化した良さで言いますと、1つのスポンサーに対してタイムセールス、スポットセールスの両方を一人の外勤が担当できることです。キー局などはタイムとスポットで外勤が分かれているケースが多いです。朝日放送には全国ネットと関西ローカルのどちらにも人気番組がたくさんあるため、スポンサーの要望に応じて、全国規模の企画・関西に密着した企画の両方を提案できます。スポンサーからの多様なニーズを汲み取っていかねばならないためプレッシャーは大きくなりますが、その分外勤としての見せ場が増えるので、とてもやりがいがあります。

朝日源

学生の皆さんにメッセージ

学生時代、“ハガキ職人”として深夜ラジオ番組のネタ投稿コーナーにハガキやメールを送りまくっていたほど、ラジオにどっぷり浸かっていました。芸人さんがラジオでテレビの話をするのをきっかけに、いろんなテレビを見るようになりました。常に自分の近くあったテレビ・ラジオの仕事ができているのは幸せなことです。月並みな言葉ではありますが、「本当にやりたいこと」を目指してみてください。また、朝日放送は、全国のテレビ局の中でも芸人さんへの愛が強い局です。「M—1グランプリ」を国民的番組にできたのも、芸人さんへの愛ゆえだと思います。芸人さんと面白いことをやって、関西、そして、日本全国、さらには、世界中を盛り上げていきたい方は、ぜひ朝日放送を志望してください!

ある1日のタイムスケジュール
9:45
出社、メールチェック
11:00
スポンサーA 訪問
12:30
昼食(会食が入ることもあります)
14:00
広告代理店A 訪問
15:30
広告代理店B 訪問
16:30
スポンサーB 訪問
17:30
帰社(社内打ち合わせ、企画書の作成)
19:30
スポンサーCとの会食
23:00
帰宅