社員紹介「技術局制作技術センター(ポスプロ) 長谷川淳」

企む仲間たち(member)

【マイページ】

今、こんな仕事をしています!

制作技術センターでポスプロ業務をしています。主にCG業務を担当していますが、ポスプロとしては下記のように多岐に渡っています。

VTR業務:スタジオ番組のテープ・ファイル収録。番組販売コピー、メディア変換。

編集業務:ゴルフなどの追っかけ編集。クラシックなどの特番編集。

CG業務:番組CG(VR)のテクニカル部分の制作や進行、CG設備の構築・運用。

インフラ業務:制作技術ネットワーク設備の構築・運用。

長谷川淳

担当した仕事で『やりがい』を感じたのは?

CGは今やどの番組にも欠かすことが出来ない存在となっています。制作から、報道、スポーツ、はたまた映画やコーポレートPRまで。全てにCGが必要とされています。勿論、番組は中身が大切なのは言うまでもないですが、その『効果的な味付け』としてCGが絶妙なスパイスをふりかけ、番組演出に大きく貢献出来た時はとてもやりがいを感じます。

具体的には、関西若手お笑い界の登竜門『ABCお笑いグランプリ』のバーチャル、リアルタイムCGや、夕方の報道番組『キャスト』のリニューアルに携わることが出来たことはとてもエキサイティングでした。

長谷川淳

長谷川淳

入社から今までで笑える失敗、すごい経験

入社してすぐのテレビ音声時代に、深夜番組のロケで「“リストラ”にあう」というお題で、本物の「トラ」の頭の上に「リスのぬいぐるみ」を置いてくる企画で芸人さんとカメラマンと一緒にトラの檻に入りました。目の前に居るトラが瞬きの間に背後へ移動した時の恐ろしかった経験が忘れられません。音を録音する仕事を忘れて逃げ回ってしまいました。

長谷川淳

朝日放送に入社してよかったこと

テレビとラジオともに番組制作に携われたことです。そして、自分が配属になる部署ごとでそれぞれ専門の知識を得ることが出来、より深く番組の中身を演出側の意図を汲み取りながら見られるようになったことです。

長谷川淳

学生の皆さんにメッセージ

真面目な話、やっぱりTVは沢山見ておいたほうが良いと思います。もっとこうだったら面白いとか、こうだから面白いとか。考えながら見るのも楽しいと思います。

あとは何か1つでも好きになって真剣に取り組めるものをやっておいてください。趣味でも部活動でもなんでも良いと思います。自分はコレが好き!というものがあると自信に繋がります。

ある1日のタイムスケジュール
10:00
出社 メールチェック
10:30
CG連絡会議
13:30
ランチ(時間が無い時は社食があるのは有り難い)
14:30
番組でのCG打ち合わせ
16:00
来年度設備の検討
資料作成
18:00
帰社
機器トラブルが発生した場合は、次の番組OAに支障が出る為、都度対応します。
帰宅は夜中になることも