必殺シリーズ

必殺仕掛人

必殺仕掛人

必殺シリーズ第一弾
池波正太郎の原作「仕掛人・藤枝梅安」を元にしたシリーズ第1弾。殺し屋が主人公という異色の時代劇は、前代未聞の大冒険だった。
放送日:1972年9月2日〜1973年4月14日

もっとみる

必殺仕置人

必殺仕置人

必殺シリーズ第二弾
藤田まこと演じる、うだつの上がらぬ下級同心・中村主水が初登場。念仏の鉄(山崎努)による「必殺骨はずし」のレントゲン撮影も話題に。
放送日:1973年4月21日〜1973年10月13日

もっとみる

助け人走る

助け人走る

必殺シリーズ第三弾
人助けなら何でも請け負う「よろず助け口御引受処」を表看板に掲げているのが、前2作とは異なるところ。“弱きを助け、強きをくじく”がモットー。
放送日:1973年10月20日〜1974年6月22日

もっとみる

暗闇仕留人

暗闇仕留人

必殺シリーズ第四弾
大吉(近藤洋介)の素手で心臓を握り潰すという必殺技は、レントゲン撮影に加え、心電図をオシロスコープでも披露。西崎みどりの歌う主題歌「旅愁」も大ヒット。
放送日:1974年6月29日〜1974年12月28日

もっとみる

必殺必中仕事屋稼業

必殺必中仕事屋稼業

必殺シリーズ第五弾
「必殺」初の女元締として草笛光子が登場。仕事屋である半兵衛(緒形拳)と政吉(林隆三)は、博打の才能もさることながら、殺しにも凄腕を発揮。
放送日:1975年1月4日〜1975年6月27日

もっとみる

必殺仕置屋稼業

必殺仕置屋稼業

必殺シリーズ第六弾
初めて主水が一味のリーダー格となり、せん(菅井きん)とりつ(白木万理)の主水いびりも本格化。沖雅也演じる無表情な一匹狼・市松の非情な殺し屋ぶりは...
放送日:1975年7月4日〜1976年1月9日

もっとみる

必殺仕業人

必殺仕業人

必殺シリーズ第七弾
タイトルを一般公募。かつての視聴率ライバル木枯らし紋次郎こと中村敦夫をレギュラーに迎え、引き締まった硬派な仕上がりに。
放送日:1976年1月〜1976年7月


もっとみる

必殺からくり人

必殺からくり人

必殺シリーズ第八弾
大御所・山田五十鈴が元締役で「必殺」初登場。花火師である仕掛けの天平(森田健作)は、相手の口に花火を押し込んで爆破させる という荒技を披露。
放送日:1976年7月〜1976年10月

もっとみる

必殺からくり人 血風編

必殺からくり人〜血風編〜

必殺シリーズ第九弾
山崎努扮する土佐ヱ門の荒々しい殺しっぷりが痛快なら、新之介役のピーターの妖艶な殺し屋ぶりも強烈な印象を残す。
放送日:1976年10月〜1977年1月

もっとみる

新・必殺仕置人

新・必殺仕置人

必殺シリーズ第十弾
主水&念仏の鉄(山崎努)の黄金コンビが復活。往年のミスタータイガース藤村富美男を総元締とする厳しい掟の闇組織「寅の会」の 登場によって、全編にスリリングな緊迫感が。
放送日:1977年1月〜1977年11月

もっとみる

新・必殺からくり人

新・必殺からくり人

必殺シリーズ第十一弾
安藤広重がしたためた13枚の絵を元に、お艶(山田五十鈴)率いる天保太夫一座が、各宿場で華麗な悪党退治を展開。
放送日:1977年11月〜1978年2月


もっとみる

新・必殺商売人〜江戸プロフェッショナル〜

新・必殺商売人〜江戸プロフェッショナル〜

必殺シリーズ第十二弾
プロの殺し屋集団という設定が大人の渋さと緊張感を表出。一方、妻・りつ(白木万理)の懐妊で、終始主水は振り回されるハメに。
放送日:1978年2月〜1978年8月

もっとみる

必殺からくり人〜富嶽百景殺し旅〜

必殺からくり人〜富嶽百景殺し旅〜

必殺シリーズ第十三弾
唐十郎(沖雅也)が振り出し竿で華麗な必殺技を披露すれば、出雲のお艶(山田五十鈴)もからくり三味線で大立ち回りを演じて見せた。
放送日:1978年8月〜1978年11月

もっとみる

翔べ!必殺うらごろし

翔べ!必殺うらごろし

必殺シリーズ第十四弾
超人的な活躍を見せる行者の先生(中村敦夫)をはじめ、オカルト色を押し出した異色作。主題歌を浜田省吾が担当したのも話題。
放送日:1978年12月〜1979年5月

もっとみる

必殺仕事人

必殺仕事人

必殺シリーズ第十五弾
「必殺」一大ブームの先駆けとなる作品で、シリーズ最長の84話を数えた。簪の秀(三田村邦彦)の出現で女性ファンも急増。
放送日:1979年5月〜1981年1月

もっとみる