ハレ婚。

メニュー

やってやるわよ、3人目の妻!
累計260万部突破の
大人気コミックを

ついに実写ドラマ化!

“一夫多妻”をテーマにした
異色のラブコメディ!
ドラマ出演を懸けた
SHOWROOMオーディションも
実施!

Introduction

イントロダクション

愛は永遠。
そして、3つある!?

これは、条例により

一夫多妻制=「ハレ婚」が
認められた町で、
“3人目の妻”となった
主人公・小春の
夫・1人目の妻・2人目の妻との
フクザツで不思議な結婚生活を
描いた
ラブコメディである―――。
島崎遥香・稲葉友・柳ゆり菜

あらすじ

東京で付き合った男性は全て既婚者。
騙され続け、恋に疲れた前園小春は帰郷するが、父が病に倒れ、経営する喫茶店は借金が返せずに閉店することになってしまった。
しかし、なんとしても店を守りたい小春の前に、伊達龍之介と名乗る謎の男性が現れる。
小春は龍之介から借金を肩代わりする代わりに結婚してほしいと求婚されるが、彼には既に2人の妻がいた!?
なんと故郷の北つばめ市は少子高齢化や過疎化の対策として、日本で唯一の「一夫多妻制(ハーレム婚、通称ハレ婚)」が認められた特区となっていた。

いつか愛する人との結婚を夢見ていた小春は、店を守るために龍之介の“3人目の妻”となることを決意する。 こうして、龍之介、“1人目の妻”のゆず、“2人目の妻”のまどか、そして、小春によるフクザツな結婚生活が始まった―――。

Comment

コメント

  • 島崎遥香

前園まえぞの 小春こはる 役 / 島崎遥香

Q.まずは、原作を読まれた感想をお聞かせください。

率直に面白い!!!でした。
結婚とは?とか愛とは?とか。
そこからさらに家族とは?というテーマになっていって。
明確な答えがないテーマに対してアンバランスで不思議な何とも言えない友情もあり考えさせられました。

個人的には漫画のカバーに偉人たちの名言が毎話書かれてあるのも好きです。

Q.小春は、どんな人物だという印象ですか?

後先を考えないとっても真っ直ぐで分かりやすい子だなと。
私自身も後先考えなかったり、思ったことをストレートに言ってしまって1人反省したりする時があるので共感します。笑

Q.小春役を演じるにあたって髪をバッサリと切られましたが、切ってみての印象は?
また、どのような小春を演じたいとお考えですか?

友達に髪を切ったことを気づかれませんでした。笑
ぱるるはこのイメージが強いと思うので、きっと皆さんもそうだと思います。笑

原作と台本を両方並べて小春の表情を勉強中です。原作ファンの方にも楽しんでいただけるように頑張ります。

Q.ドラマ「ハレ婚。」では“一夫多妻”のフクザツで風変わりな結婚生活が描かれますが、ご自身はどのような印象をもたれましたか?

私自身が男性っぽい性格なのか、ハレ婚をする龍之介の気持ちがちょっと分かるような気がしました…。笑
龍之介の言葉って軽く聞こえてしまったり、チャラく思われてしまいがちですが本質をついているところもあって胸に刺さっています。

Q.最後に視聴者の方へのメッセージをお願いします!

小春に近づけるよう日々、勉強中です。
是非、推しメンを見つけながら楽しんで観てもらえたらなと思います!

  • 稲葉友

伊達だて 龍之介りゅうのすけ 役 / 稲葉友

Q.まずは、原作を読まれた感想をお聞かせください。

まず設定が面白いなと思いました。そこから展開されていくストーリーや描写にどんどんと引き込まれていきました。
読み進めていくうちに登場人物たちそれぞれのバックボーンが明かされていき自然と感情移入してグッとくる場面が多かったですね。

Q.龍之介は、どんな人物だという印象ですか?

見た目は格好良いし女性を惹きつける魅力のある人ですが、イイ男という枠には収まらない人ですね。足りないところが沢山あって、それがまた愛される要因だと思います。

Q.ミステリアスなハレ婚夫・龍之介役を演じるにあたって役作りされたことは?

龍之介は言葉の表面だけでは真意を汲み取りきれないものが多いので、根幹にあるものや芯を埋めていく作業を大切に取り組んでいます。

Q.ドラマ「ハレ婚。」では“一夫多妻”のフクザツで風変わりな結婚生活が描かれますが、ご自身はどのような印象をもたれましたか?

日本においては突飛で非日常的なものだなと思いました。
しかしだからこそ自分が日々生きる日常で大切にするべきことが浮き彫りになっていくような印象を受けました。

Q.最後に視聴者の方へのメッセージをお願いします!

龍之介という人間に寄り添いながら尽くしていきます。是非ともご覧くださいませ。

  • 柳ゆり菜

伊達だて ゆず 役 / 柳ゆり菜

Q.まずは、原作を読まれた感想をお聞かせください。

なんだこの神ヒロインの宝庫は!?と思いました。
一夫多妻制という難しい題材を扱いながらも、それぞれのキャラクターの魅力が素晴らしい作品という印象を受けました。

Q.「ゆず」は、どんな人物という印象ですか?

ゆずは、見た目ギャル、中身オカンという「ハレ婚。」の中で、最もギャップのあるキャラクターだと思いました。
彼女がハレ婚という道を選んだ理由等、作品を読み進める度に自然と惹かれてしまう。
そんな魅力を持った女性という印象です。

Q.「ゆず」を演じるにあたって役作りされたことは?

まずは見た目改造。
原作のゆずの雰囲気を損なわないように、出来る限り努力して近づけたいと思いました。
伊達家を引っ張る母のような存在なので、頼もしく葛藤の多い女性を演じるための心構えも大事だと思いました。
あと色気の研究です(笑)

Q.ドラマ「ハレ婚。」では“一夫多妻”のフクザツで風変わりな結婚生活が描かれますが、ご自身はどのような印象をもたれましたか?

家族の形は様々だと改めて感じました。
「ハレ婚。」で描かれるのは従来の家族の形からは一つ外れていて、賛否両論あるこの制度の中で、どう家族になっていくのかがとても興味深いです。

Q.最後に視聴者の方へのメッセージをお願いします!

スタッフキャスト一同、原作へのリスペクトを持って「新たな『ハレ婚。』」を作り上げていけたらと思います。
このドラマは、ラブコメのようで、家族をテーマにしたハートフルコメディです。
楽しんで見ていただける様に尽力致します!

  • 二宮監督

メイン監督 二宮崇

人気の作品でもあるのでプレッシャーも感じておりますが「一夫多妻制の家族の物語」という奇抜な設定の裏にある「愛とは?」「家族とは?」その深い部分を連続ドラマとして描いていこうと思います。
プロデューサー陣、脚本、僕以外の監督は女性の方々で黒一点の私ですが、実写ならではの魅力を伝えつつも皆さんに愛されるキャラクターをスタッフ、キャストと共に作ります。
楽しみに待っていてください。

  • 山田監督

脚本&監督 山田佳奈

お話を頂いて原作漫画を拝見したときに、「うわっ!こんな面白くて泣ける漫画知らなかった!連載時に知っておきたかったなぁ」と思ったのを覚えています。
原作の世界観を損なわずに、ドラマ化を通してより多くの方に届きますように。
“推しがいる事が尊い”現代で、「誰推し?」なんて話題ができる作品になるのではないかなと、今から楽しみです。

Original

原作

  • ハレ婚。
  • ハレ婚。
  • ハレ婚。

NON(構成 手塚だい)
『ハレ婚。』

(講談社「ヤンマガKC」刊)

\原作を無料で読む/

ハレ婚。

©NON/講談社

原作者・NON先生コメント

「ハーレムネタを楽しめる女性視聴者がいるのか…?」と長年ドラマ化を避けられてきた『ハレ婚。』がついに…!それも企画を持ってきて下さったのは『ハレ婚。』愛の熱い女性製作陣の方たちでした。時代が大きく変わったのを感じています。
新しい『ハレ婚。』の誕生をいちファンのつもりで楽しみにしています!

Watch

放送&配信

  • TELASA

※ABCテレビでの放送後、
TVer・GYAO!で見逃し配信!
見放題独占はTELASA・
auスマートパスプレミアム・
J:COMオンデマンド・みるプラス!

【放送局】
  • ABCテレビ(関西)
    毎週日曜 よる11時55分~
    (初回放送:2022年1月スタート)
  • テレビ神奈川(関東)
    毎週火曜 よる11時00分~
    (初回放送:2022年1月スタート)

Staff

スタッフ

原作
NON(構成 手塚だい)
『ハレ婚。』
(講談社「ヤンマガKC」刊)
脚本
山田佳奈
演出
二宮崇 山田佳奈 松嵜由衣
プロデューサー
中田陽子松本太一矢ノ口真実(The icon)
制作協力
The icon
制作著作
ABC