番組紹介

番組のみどころ

〜元気で長生きするために〜「健康寿命」を延ばす情報バラエティ

ビートたけしが司会を務める人気シリーズ「たけしの家庭の医学」が、
2017年7月に生まれ変わります!
タイトルは「名医とつながる!たけしの家庭の医学」に決定!
内閣府の高齢社会白書(平成27年・概要版)によると、日本人の健康寿命は男性71.19年、女性74.21年と平均寿命との間には10〜13年ほどの差が…。その差の間に必要となってくる介護費用を考えると、月々約8万円の負担になるという試算もあります。今後の日本は「健康寿命をいかに延ばすか」が重要な課題になってきます。

新しくなった番組では、この「健康寿命」に今まで以上に焦点を当て、「元気で長生きするために」、今からやっておくべき、今知っておくべき情報を、どこよりも早く、どこよりも丁寧にご紹介していきます!!
〜「たけしの家庭の医学」シリーズ独自の「名医」とのネットワーク〜
これまで「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」(2004年4月〜)、「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」(2010年1月〜)が、レギュラー番組として約13年間という長きにわたって築き上げてきた、日本中の名医との強固なネットワーク。これを存分に活かした今回の番組のイメージは、「全国からトップクラスの“名医”が集まる診療所」。この診療所にやってくる“元気に長生きしたい!”と願う全ての皆様に、どこよりも信頼できる最新情報をお届けします!
【司会・ビートたけし コメント】
テレビでは色んなバラエティをやらせて貰ったけど、こんな風に医療をバラエティ仕立てで見せたのはこの番組が初めてのはず。あとから追随するような番組がいっぱい出来ちゃったけど、最初に作ったのは我々だという自負があるよね。
それにこの番組は、病気の本当の原因がそんなところにあったのか常識をひっくり返すような意外な面が分かることも多くてやっていて面白い。俺自身も番組で扱ったものは大抵実践していますよ。
この番組は、医療バラエティの先頭を走ってきたわけだから、やっぱりこれからも先頭にいたい。今回タイトルが「名医とつながる」という風に変わったのも、他より一歩抜きん出ていると思うし、そういうことを考えてくれるスタッフで嬉しいよね。
自分が70歳になった今も元気に暮らせているのも、こうして仕事があるおかげ。だから、なるべく仕事には手を抜かないように心がけています(笑)。
司会・ビートたけし