トップページ > 過去の放送内容 > 急増中!6人に1人 目の危険な【黒い筋】 徹底解明&解消スペシャル

2010年1月~2012年12月の放送内容です。2013年1月以降の番組情報はこちらから

たけしの健康エンターテイメント! みんなの家庭の医学 毎週火曜よる8時

急増中!6人に1人 目の危険な【黒い筋】 徹底解明&解消スペシャル

番組放送日:2011年11月08日

黒い筋は一体どんな人にでる?黒い筋ができる原因とは?徹底検証しました!

黒い筋の正体・原因から、目に欠かせない涙のメカニズムまで詳しく解説していきます! 

“ある成分”を出して黒い筋を防ぐ方法を大公開!

超簡単!5分で黒い筋を解消する方法をお教えします! 

 

黒い筋は一体どんな人にでる?黒い筋ができる原因とは?徹底検証しました!

黒い筋の正体・原因から、目に欠かせない涙のメカニズムまで詳しく解説していきます!

 

まずは特殊な機械で撮影した人の眼の様子を見てみましょう。

 

 

まずは正常な目から。
瞳が緑色に見えているのが正常な状態です。

 

 

次は、異常な現象が起きている目をご覧下さい。
一見緑色で普通に見えますが、少しすると…
黒い筋が出現!

 

これは放っておくと最悪の場合、失明にもいたる目の異変です。
近年の調査で、この黒い筋のある人は最大で2200万人と判明!

  

【重要キーワード① 日本人の6人に1人は、目に危険な黒い筋がある】


実は黒い筋があるかどうか確認できる簡単なチェック法があります。
チェックで使うものは・・・ 


正常の目だとタマネギの成分がしみて涙が出るのですが、もし涙が出ないようなら目に黒い筋がある可能性が高いのです。

 

タマネギを切った時涙が出る理由
タマネギから出る催涙成分が目に入ったとき、涙で洗い流そうとする「目の防御機能」によるもの

 

  番組で健康な男女40人にご協力いただき、
タマネギチェックをしたところ、涙が出た人は
40人中11人。
全く涙が出なかった人がなんと29人もいたのです!

 
そしてその人たちの目を調べたところ、涙の出なかった人の実に7割に目の異常を示す黒い筋が見つかったのです!黒い筋はまさに涙という目の防護機能が低下している証だったのです。


【名医が解説!】 黒い筋の正体とは一体何なのか?

 

 

目と涙のスペシャリスト
京都府立医科大学 眼科学教室 准教授
横井則彦 (よこいのりひこ)先生

黒い筋を理解していただくために、まず
“涙”とはどんなものなのか理解しましょう。


 

人は1日中涙が出ている!

 

  目に刺激があったり、悲しいことが起きたり、感動したときなどに出る涙は、何かに反応して出る“反射の涙”ですが、実は人は寝ている時以外1日中涙を流しています。その量は計量スプーンで小さじ半分(2~3cc)程度です。


 

涙が出る仕組み

 

  涙腺・・・涙が出る場所
     涙の主な成分である「涙液」がでる
涙点・・・涙が排出される出口

 

涙は涙腺から少しずつ分泌されて、まばたきによって黒目の表面にぬりつけられ、目を開けた時に目のふちを伝って涙点から排出されます。

涙は角膜に必要な栄養素、殺菌成分、酸素などが含まれていて、目の健康を保つ役割も果たしています。そのため“天然の目薬”とも言われています。

 

 

そしてその涙の膜に地割れのように“筋状の穴が開いている状態”が黒い筋の正体。


これは“ダークスポット”と呼ばれています。


涙の分泌量が減ったり、涙の蒸発が増えるとダークスポットが出現してきます。


ダークスポットができると黒目の地肌が露出した状態になるため、この状態を“ドライアイ”といいます。
ダークスポットは、目が乾く・目が重い・目が疲れる・充血する・光がまぶしく感じる・目がかすむ・目がゴロゴロする・目がショボショボするなどの症状を引き起こします。


ダークスポットのできる原因とは?

 

ダークスポットができると正常ならば、そのダークスポットを治そうとして反射の涙が出ます。ところがこの反射の涙がでなくなる理由が2つあります。

①加齢
年をとると、涙腺の働きが悪くなったり、黒目の感覚も鈍くなるので、ダークスポットができても目に痛みを感じにくくなり、反射の涙が出づらくなってしまいます。

そして「もうひとつの理由」は、実は近年ダークスポットの出来る人が急増している原因として問題視されています。



【重要キーワード② ダークスポットが急増している原因 “3つのコン”】


<症例>

※専門医の指導のもと実際の症例を参考に構成しています

 

三田さちこさん (47歳・仮名)

経理一筋の20年のベテラン社員。
社内のあだ名は「ノーミスのさちこ」
書類の不備はひとつも見逃さない。
プライベートは、2歳年下の夫と2人暮らし。

 

 

目がかすむ、光がまぶしいなど、ひどい目の不調で仕事もままならず、ついに眼科を訪れた彼女。
不調の原因はまさに、重度のダークスポットでした。医師によると、その原因は「3つのコン」にあるといいます。果たしてそれは何なのでしょうか? 

 

 

生活に潜むコン 離“婚”

休日はいつもダラダラと過ごす夫。一方、さちこさんは休日こそしっかり掃除をしたい完璧主義。いつしか夫婦関係はストレスそのものになり、ついには離婚届けを出すことに…。

 

 

生活に潜むコン パソ“コン”

会社では相変わらずパソコンとにらめっこ。こんな毎日じゃいけない、第二の人生何とかしなくちゃと思い返します。

 

 

生活に潜むコン 合“コン”

そして、向かったのは合コン

 

 

生活に潜むコン “コン”サバファッション

服は大人の女性にふさわしいコンサバなものをチョイス。とはいえ、周りは自分より若い女性ばかり。

 

 

生活に潜むコン “コン”パクト

合コン中はコンパクトでこまめに化粧直し。
なんとか若さを保っているつもりでした。

 

 

生活に潜むコン “コン”ビニ

しかし、さちこさんの合コン戦歴は勝ち星ゼロ。
合コン帰り、さちこさんはさびしくコンビニ
おでんを買い家路に着きました。

 

 

生活に潜むコン エア“コン”

そんな彼女を暖めてくれるのは、エアコンぐらいなもの。

 

 

生活に潜むコン “コン”ニャク

テレビを見ながら、コンニャクをつつく一人さびしい夜。

 

 

生活に潜むコン “コン”タクトレンズ

コンタクトをはずし、寝床に着くのは深夜2時を回っていました。


こんな生活が続いて7年。彼女の目に様々な不調が現れ始めます。

 

症状① 視界がぼやける
数字や文字などがピンボケしたようにはっきり読めなくなってしまった。

 

 

症状② 光がまぶしい
しかも、それまでなんとも感じていなかった蛍光灯の光がやけにまぶしく感じるようになったのです。

 

 


果たして3つのコンとは、この中のどれだったのでしょうか?




まず1つ目のコンは・・・エアコン
ダークスポットは目の表面が乾く事でできやすくなるため、必要以上に長時間エアコンが効いている場所は空気の乾燥に要注意。


続いて2つ目のコンは・・・コンタクトレンズ
通常コンタクトレンズの連続装用時間は一日12間から16時間までとされているのですが、装用時間を超えてつけ続けたりするとレンズの表面に汚れが付着し、涙の膜が崩れ易くなってしまいます。すると、慢性的に涙が不足するばかりか、角膜の栄養となる酸素も減少。目が傷つくリスクが高まるのです。
※装用時間は目の状態やレンズの種類によって個人差があります。眼科医の指示に従って下さい


そして3つ目のコンは・・・パソコン

実はパソコン作業をしている時、目にとって涙をまもる重要な行為である“まばたき”を止めてしま
事が多いのです。

 

 

人は通常3秒間に1度、まばたきをしているといわれており、目を閉じるときは目の表面にある古い細胞をまぶたがワイパーの要領で拭き取ります。

 

 

開くときにはきれいな涙を目の表面に広げて新しい膜を作り、常に目を守るサポートしています。


ところが、パソコン作業などで画面に集中していると脳が見る事を優先してまばたきをさせなくなってしまい、涙の蒸発が進んでしまうのです。

実際パソコンをしている時のまばたきの回数を数えてみると・・・
風景を眺めている時は、1分間に平均20回だったのが、パソコンの最中は平均8回程度。
携帯のメールやゲーム、テレビを見ている時も同様に回数が減少していたのです。
厚生労働省の指針でも、モニターを見ながらの作業を1時間行ったら、10分~15分休憩して目を休めるよう定めています。

実際パソコンをしている時のまばたきの様子をハイスピードカメラで撮影してみると…

 

 

まぶたがきっちり閉まっていない不完全なまばたきをしていることが分かったのです。
眼球表面の下半分が露出した状態になるので涙を蒸発させやすくなる原因になります。


Q:ダークスポットのできやすさに性別は関係ありますか?
A:統計的には女性が多くて、およそ男性の2倍です。
最近の研究で、涙を分泌する涙腺が男性ホルモンに支配されていることが分かっており、女性はもともと男性ホルモンが少なく、さらに年とともに減るため、ダークスポットができやすいと考えられています。中高年の女性に多いのもこの理由と考えられます。


では、私たちは一体どうすればいいのか?
実は、ダークスポットを改善できる効果的な方法があります!

【重要キーワード③ ダークスポットをたった5分で解消する方法!】

“ある成分”を出して黒い筋を防ぐ方法を大公開!

超簡単!5分で黒い筋を解消する方法をお教えします!

 

ダークスポットを解消する方法で重要なポイントとなるのが、誰の目にもある“特殊な成分”。
一体それは何なのか、ダークスポットがある人と無い人にご協力頂き、その目の様子を徹底的に調べさせて頂きました。

 

 

注目するのは、まぶたの縁。
親指でうわまぶたを軽く押すと、点々と水滴のようなものが出てきました。 
そして液体はひろがり見えなくなったのです。
実は、まぶたの縁からでるこの液体こそ、ダークスポットを防いでくれる重要な成分。
その正体は・・・油!


 

 

人のまぶたには、マイボーム腺という細長い組織が上下それぞれに、30本ほどあり、そこで油は作られています。

通常は、透明でさらさらとした油で、まばたきによりマイボーム腺に力が加わると穴から押し出され、油が涙の表面にひろがり、
ふたの役割をして、蒸発を防いでいるのです。


 しかし、誰にでも起こる“ある事”が原因でその大事な機能を失ってしまうことがあります。

 

 

そんな状態の油を見てみましょう。

出てきても、そのまま消えずにとどまり、白く濁った様子。
こうなると、まばたきをしても涙の上に広がらずどんどん涙が蒸発してしまいます。


原因は加齢!
中年以降になると、マイボーム腺の出口の内側の皮膚が厚くなるため、通り道が狭くなり、油がマイボーム腺の中で滞るようになり、ドロドロとした質の悪い油に変化。酷い場合、このようなマヨネーズのような油になり、まばたき程度では油が出なくなってしまうのです。では、こうならない為にはどうすればいいのでしょうか?


今回は、横井先生が実際に診療時に教えている

「超簡単 油改善法」をご紹介いただきました!


「超簡単 油改善法」の詳しいやり方は、携帯・スマホサイトでご紹介しています。

 

5分で簡単マッサージ!
◆携帯・スマホサイトでは、【ダークスポット解消法】の他、
   ドライアイや緑内障、眼精疲労の改善法などを名医が伝授!


モバイル(携帯・スマホ)サイトの紹介

 

 

ドライアイの解決法


番組では紹介しきれなかった、
ドライアイの原因やタイプ、治療法について、
横井先生に詳しく教えて頂きます!

番組内容一覧に戻る

ページトップへ戻る