トップページ > 過去の放送内容 > 夏バテの原因は脳が錆びることにあった! 夏バテを解消する新事実スペシャル

2010年1月~2012年12月の放送内容です。2013年1月以降の番組情報はこちらから

たけしの健康エンターテイメント! みんなの家庭の医学 毎週火曜よる8時

夏バテの原因は脳が錆びることにあった!
夏バテを解消する新事実スペシャル

番組放送日:2012年08月21日

夏バテの原因は脳が錆びることにあった

なぜ脳が錆びてしまうのか?脳を錆びさせる意外な原因とは? 

7日間で夏バテ解消!5分でできる脳が錆びない朝ごはん

鶏胸肉を使った【奥薗流】朝食レシピを大公開! 

 

夏バテの原因は脳が錆びることにあった

なぜ脳が錆びてしまうのか?脳を錆びさせる意外な原因とは?

 

夏バテ解消のための新事実①
夏バテの原因は脳が錆びることにあった

 

 

疲労研究の第一人者
大阪市立大学大学院 医学研究科 疲労医学講座
教授 梶本修身先生に伺いました。

『鉄が酸化して錆びるように、人の細胞も酸化することで
錆びるような現象が起きてしまうのです』

 

錆びるような現象が起きるのは、脳にある自律神経中枢という場所。夏の暑さなどで自律神経中枢がダメージを受け、細胞が酸化。錆びたようにボロボロになっていきます。その結果、食欲不振や倦怠感といった夏バテの症状が全身に現れるのです。

夏バテになっている人の脳はどの程度錆びているのか?
夏バテの症状を感じている男女6名にご協力頂き、脳の錆びの程度を検査することに。調べるのは「唾液」。唾液に含まれる成分を測定することで、【疲労度】【錆びの程度】が分かるといいます。

 

 

夏バテ(疲労)の度合は、棒グラフで表します。
黄色いラインを超えたら、
ひどい夏バテを起こすほど脳が錆びついている証拠。




結果、夏バテを訴える6人中4人の脳が錆びついていることがわかりました。



【名医が解説!】なぜ脳が錆びてしまう?錆びる人と錆びない人の差は?

 

夏バテの原因は自律神経中枢が錆びること。

自律神経中枢は体温を一定に保つよう調整する働きをしていますが、夏の暑さや温度差が自律神経中枢に負担をかけ、錆びの原因になる物質が発生するのです。

 

錆びの原因になる物質とは…  
活性酸素


活性酸素とは、肌のシミなど老化の原因になるといわれる物質。この活性酸素が自律神経中枢の細胞を錆びさせていきます。錆びたところが増えていくと、自律神経中枢の機能が低下し、ふらつき・めまい・だるさなど、全身に不調が現われるのです。

Q:夏バテしていない人は脳が錆びていない?
A:そうとは言い切れません。

夏バテ知らずの人でも脳が錆びている?
夏バテを全く感じていないという8名にご協力頂き、脳が錆びていないか検査したところ…
なんと8名中2名の脳が錆びていることが判明



夏バテを感じていないのに、脳が錆びついていたお二人。
実は、そんな方こそある大きな危険にさらされているといいます。

人間は、身体が疲労してくると脳に信号が送られ初めて疲労を感じますが、楽しいことや、やりがいのある仕事をしていると、その信号が脳で遮られ疲労を感じられなくなってしまう場合があるのです。これこそが大きな危険をもたらす状態。この疲労感無き疲労が溜まり続けることで突然死を招く危険性もあり、注意が必要なのです。

 

夏バテ解消のための新事実②
脳を錆びさせる魔の時間帯


1日のうち、特に脳が錆びやすい時間帯があるといいます。
それを探るため、脳の錆びが判明したSさんの1日の生活を見せて頂くことに。

 

【バレエ教室の先生 Sさんの一日】

●9時30分 出勤
徒歩でバレエのレッスンスタジオへ。長袖のカーディガン、サングラス、日傘で日焼け対策し、
どんなに暑くても、この姿で15分ほど歩くそう。
エアコンが苦手というSさんは、スタジオに着くと窓をすべて全開にしました。

●10時~12時30分 レッスン

●15時30分~18時 レッスン
西日が差し込む時間から日が落ちるまで練習は続きます。

●19時 帰宅

●23時 就寝
エアコンはつけず、汗をかいたら着替えて眠り直すといいます。

Sさんの脳を錆びさせた「魔の時間帯」とは?
取材したVTRを梶本先生に見て頂くと…先生が指摘した「魔の時間帯」は午後3時半から6時

目には紫外線を感じ取るセンサーの働きがあります。目から入った紫外線は、まず角膜の細胞を錆びつかせてボロボロにし、それを察知した自律神経中枢に活性酸素が発生。細胞を錆びつかせるのです。目から入った紫外線も、夏バテの大きな原因。Sさんの場合、外ではサングラスと日傘で紫外線対策をしていましたが、西日の入る夕方のバレエ教室では、目は無防備でした。梶本先生によると、日常的に窓から入る西日を浴び、目から紫外線を吸収している可能性が高いといいます。

室内なのに紫外線が多いのか?
紫外線を映し出す特殊なカメラで、夕暮れ時のバレエスタジオを撮影すると…

 
西日が入る窓際

赤く見えるのが紫外線。
窓の外だけでなく、西日が差し込む床も真っ赤。

 

 
窓側から、室内のSさんを撮影

西日を浴びている顔も身体も真っ赤。

 

Sさんにとっての「魔の時間帯」は、やはり西日が入る夕方の時間だと考えられます。

また、梶本先生はジョギング大好きKさんの『ジョギングをやっているが、走る気がしなくなる』という言葉に注目。Kさんにとっての魔の時間帯は、趣味のジョギングをする朝。ジョギングしているかなりの間、朝日に向かって走っていました。彼はこの時、正面から差し込む紫外線を毎日大量に目から吸収していると考えられるのです。

  1日の紫外線量の変化を見ると、
一番多いのは、太陽が真上に上る12時頃。

 

  朝や夕方は量が少ないものの、日が低い角度から差し込むため紫外線が目に入りやすいのです。

 

 

 

夏バテ解消のための紫外線クイズ

 

  紫外線のスペシャリスト
日本大学理工学部 海洋建築工学科
教授 川西利昌先生に教えて頂きました。



第1問:紫外線を最も浴びやすい天気は?

  A 雲ひとつない快晴
B 少し雲がある晴れ
C 曇り



正解は・・・B 少し雲がある晴れ 

  太陽から直接来る紫外線に加え、
雲に反射する紫外線があるため、
紫外線量が多くなると考えられます。




第2問:街中で紫外線を一番多く反射するのは? 

  A ガラス
B アスファルト
C 白い壁



正解は…A ガラス

ビルの窓ガラスなどは、鏡のように太陽光を反射します。街中は、太陽の直射に加えてガラスからも紫外線が降り注ぐため、要注意。一方、アスファルトは熱を反射しやすいものの、紫外線反射量は少ないのです。




第3問:紫外線を最も防げる日傘のさし方は? 

  A 日傘を低くさす
B 日傘を高くさす
C 日傘を太陽に向けてさす



正解は・・・A 日傘を低くさす
紫外線は太陽の直射だけでなく、空全体からも降り注いでいます。
日傘をさす時に大切なのは、「どれだけ空を広い面積で覆えるか」。
 

 


日傘を高くさすと、覆う面積が小さくなってしまいます。
また、傾けると、直射日光は防げても空からの紫外線を体全体で浴びてしまうのです。

7日間で夏バテ解消!5分でできる脳が錆びない朝ごはん

鶏胸肉を使った【奥薗流】朝食レシピを大公開!

 

疲労を回復させることが医学的に証明された物質「イミダペプチド」 

 

 

イミダペプチドは、自律神経中枢の細胞を錆びさせない効果がある物質で、鶏の胸肉やマグロの赤身など、動物の筋肉に多く含まれています。

特に、鶏の胸肉は、牛のモモ肉の約5倍
イミダペプチドが含まれているといいます。


文部科学省と大阪市立大学の共同研究によれば、毎朝、最低50グラムの鶏胸肉とビタミンCを1週間取り続ければ、夏バテを解消できる可能性が高いといいます。また、イミダペプチドは朝ごはんで取ると高い効果が期待できるので、朝食メニューで取りたいところ。  

 

そこで…家庭料理研究家 奥薗壽子さん
レシピの開発をお願いすることに。

【夏バテ解消レシピの条件】

(1)鶏胸肉とビタミンCを1週間飽きずに取れる
(2)朝5分間で作れる

 

★鶏胸肉のマリネ(梅醤油とわさび醤油)

 
忙しい朝、たった5分で調理するため、
事前に2種類の鶏胸肉のマリネを7日分作ります。

 

◇鶏胸肉のマリネを使ったアレンジレシピ7品+ツナによるおまけレシピ1品◇ 

 

■チキンと水菜の和風サラダ
■冷製チキントマトスープ
■チキンとキャベツのサンドイッチ
■チキンとカイワレの海苔巻き
■チキンとゴーヤのサラダ
■チキンとトマトのチーズトースト
■チキンとモロヘイヤのオムレツ
■ツナの梅そぼろ  ~魚を使った常備菜~
 


   ☆無料公開☆

5分でできて毎日無理なく食べられる!脳が錆びない夏バテ解消朝ごはん


詳しいレシピの材料・作り方はこちら


◆みんなの家庭の医学の携帯・スマホサイト「ケータイ人間ドック みんなの家庭の医学」や、
  スマートフォンサイト「スマートカラダナビ」でもレシピをご覧いただけます。



夏バテと疲労対策


間違った疲労対策や先生お勧めの疲労回復法について
梶本先生に詳しく教えていただきます!

番組内容一覧に戻る

ページトップへ戻る