トップページ > 名医のコラム > 筋肉をつけると血糖値が下がるワケ

みんなの家庭の医学 <番外編> 今週の名医!ここだけのハナシ

番組に登場した名医・専門家が、放送では伝えきれなかった病の治療法や解消法をコミコミクリニック限定で詳しくお話しします。

最新!血糖値改善法 筋肉をつけると血糖値が下がるワケ 立命館大学スポーツ健康科学部 教授 真田樹義 先生

筋肉をつけると血糖値が下がるワケ

  「老化は脚から」という言葉がありますが、誰でも年をとるとだんだん足が細くなり力も出なくなってきます。 この加齢による筋量の減少とそれに伴う筋力低下を“サルコペニア”と呼んでいます。

  ギリシャ語で、「サルコ」は肉、「ぺニア」は減少を表す言葉です。
この“サルコペニア”ですが、スポーツ健康科学の分野で、今もっとも注目されています。
それは、加齢によって筋肉が減ることと、糖尿病などの生活習慣病との関連性が見えてきたからです。

筋肉が減ると病気になる!?

  日本人の糖尿病患者は欧米と違って太っている人は少なく、痩せている人もたくさんいます。さてそれは何故でしょう?その秘密は“筋肉”に隠されています。

  実は、体内の糖分の保管場所はほとんどが筋肉で、血糖値の調節も筋肉で行われます。加齢によって筋量が減ると糖分の行き場がなくなり、血糖値の上昇やその調整能力が低下します。これが、サルコペニアと糖尿病の発症を結び付ける鍵となることが最新の研究で明らかになってきました。

  加齢によって減りやすい筋肉は、大腿四頭筋と腹直筋、すなわち「太ももの筋肉」と「腹筋」です。大腿四頭筋と腹直筋は、立ったり座ったりする動作や姿勢を保持するときに使われる筋肉です。つまり、これらの部位の筋力トレーニングは、糖尿病などの生活習慣病を予防するだけでなく、健康で活動的な日常生活を営むためにも、優先して取り組んで頂きたい運動と言えます。ただ、「スクワット」や「筋トレ」という言葉が、どこか負担に感じる方も少なくないでしょう。そんな方には、階段を使ったユニークな予防法がおすすめです。

超簡単!サルコペニア予防法

  それは、階段下り。階段は上りよりも下りる方が、筋肉への負荷が高く、太ももの筋肉が伸ばされながら力が入りますので、効率良く刺激を与えられます。
  お買い物や通勤途中などに下りの階段を見つけた時は、チャンスと捉え、積極的に利用してみてください。階段を下りる時に太ももの前あたりを意識してゆっくり下ると効果的です。ぜひお試しください。

(2011年8月)

ページトップへ戻る