トップページ > 名医のコラム > パニック発作を起こす主な心の病気とその対処法

みんなの家庭の医学 <番外編> 今週の名医!ここだけのハナシ

番組に登場した名医・専門家が、放送では伝えきれなかった病の治療法や解消法をコミコミクリニック限定で詳しくお話しします。

パニック発作でお悩みの方へ… パニック発作を起こす主な心の病気とその対処法 岐阜大学 大学院医学系研究科 精神病理学分野 教授 塩入俊樹 先生

パニック発作を起こす主な心の病気とその対処法 

まず初めに、パニック発作を起こす主な心の病気とその対処法をお話しします。
パニック発作とは、急激に強烈な恐怖感や不快感が襲い、以下の13症状のうち、少なくとも4つ以上が認められるものです。もちろん、体の病気はないことが前提です。

①動悸、心悸亢進 (動悸)

②発汗

③身震い

④息切れ

⑤窒息感

⑥胸痛

⑦嘔気

⑧めまい

⑨現実感喪失
    (自分が自分でないような感じ。自分が現実を生きているという確かな実感がわかなくなること)

⑩コントロールを失う恐怖

⑪死の恐怖 (“死んでしまうのではないか”等)

⑫異常感覚 (うずき感)

⑬冷感・熱感

“発作”というくらいですから、これらの症状は急激に始まり、大抵症状のピークは10分以内に訪れます。“自律神経の嵐”とも表現されますが、実は3つの種類があり、それぞれに関連の深い病気があります。

1.“予期しない”パニック発作

この発作は、全く予期せず、突然に、青天の霹靂のように起こることが特徴です。
上記の症状が4つ以上当てはまり、この発作が2回以上認められることが、パニック障害の診断に必須です。

2.“状況依存性”パニック発作

特定の状況(例:人前に出た時、嫌なものを見た時など)や誘発因子に直面した時に、ほぼ必ず起こるパニック発作です。
社交不安障害や特定の恐怖症(“閉所恐怖”や“高所恐怖”、血を見ることを恐れる“血液恐怖”や、クモを極端に嫌う“クモ恐怖”など)、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの病気が深く関わっています。

3.“状況準備性”パニック発作

このタイプの発作は、1と2の中間とも言えるもので、“特定の状況で発作が起こるものの、必ずしも発作が認められるわけではない“という場合です。

例えば、電車の中で“予期しない”パニック発作が起きたことのあるパニック障害の患者さんが、「再び電車に乗ると、発作が起きることが多いけれども、起きない時もある」といったケースです。このタイプは、パニック障害で最も多く見られます。

パニック発作の対処法

では、パニック発作の対処法は、どうしたらよいのでしょうか。
もちろんお薬を服用することも重要ですが、お薬以外で患者さん自身が対処できるものがあります。まず覚えておくべき事は、発作自体は生命に危険はないということです。
更に、持続時間は20~30分程で、その後は自然と治ってしまいます。
ですから、発作が起こっても「嵐が通り過ぎるまで待つ」気持ちを持つことが大切です。

また、発作が起こっても慌てずに、発作による症状が消失していくのを経験することが、
「発作が起こっても大丈夫!」といった自信を得るために必要です。
発作によって過呼吸となり、もし手足がしびれてきた場合には「ペーパーバック療法」といって、紙袋を口に当て、自分の息を再び吸うようにすると症状が治まっていきます。このように患者さん自身が対処法を知り、“パニック発作でパニックにならない”ことがとても重要です。

(2012年3月)

ページトップへ戻る