この記事は2011年9月時点の医療情報に基づいて書かれています。

名医による 症状別解消法 女性特有

身体の異常なサインに気付くには、まず基本を知ることがとても大事です! 監修:女性特有の病のスペシャリスト 社団法人全国社会保険協会連合会 社会保険 相模野病院 婦人科腫瘍センター長 上坊敏子先生

あなたの女性特有の病の悩みを名医が解決!

どの病気の可能性があるのかわからない・・・

女性の皆さん、きちんと自分の身体のこと分かっていますか?
婦人科領域の異常は女性同士でもなかなか打ち明けづらく、自分の症状が安全なものか危険なものか、分からないことも多いと思います。

今回はそんな婦人科の悩みが安全なものか危険なものかが分かる「女性特有の病 名医の症状別病名チェック」症状、特徴、解消法などを名医がわかりやすくお伝えする「名医の解説」をそれぞれ各症状ごとに設けました。

一般的な病気から、先生が長年の経験の中から注意したほうがいいと思う病気まで、これをみれば、自分の身体の状態がわかります!

名医の症状別病名チェック一覧へ

女性特有の症状 気になる症状から「安全・危険」をチェックし、「名医の解説」をよみ、あなたの悩みを解決!

女性4大病とは、子宮筋腫・子宮内膜症・子宮頸がん・子宮体がんのことを指します。上坊先生の診断でも、最も気をつけてもらいたい病気として位置づけております。気になる症状がありましたら、早めに婦人科を受診しましょう。

(名医の症状別病名チェックには、コミコミクリニック会員登録が必要です。※無料)


月経痛を含む腹痛・腰痛

痛みはいつ発生しますか?
発生する時期から、心配のない痛みなのかチェックしてみましょう。

子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、月経困難症、月経前症候群、月経痛、排卵痛、排卵破裂、子宮外妊娠、卵巣腫瘍の茎捻転、婦人科以外の病気などの可能性がわかります。

月経周期のトラブル

1回くらい月経が遅れたり早まったりしても、多くの場合あまり問題はありませんが、毎月調子がおかしくなり始めたと感じたら、一度チェックしてみましょう。(※月経がこない方用の病名チェックになります)

原発性無月経、妊娠、授乳性無月経、ホルモンバランスのくずれ、薬の副作用による排卵障害、閉経が近いなどの可能性がわかります。

月経量が多い

月経量が多いと問題にされがちですが、月経量が少なすぎるという異常もあります。
正常な月経量かチェックしてみましょう。

子宮筋腫、子宮腺筋症などによる過多月経、無排卵性出血、子宮筋腫などの可能性がわかります。

不正出血

不正出血は様々な病気のサインです。
もともと月経が不規則、閉経間際で月経が不順になっているときなどは異常を見逃してしまいがちです。一度チェックしてみましょう。

流産、子宮外妊娠、切迫流産、胎盤トラブル、子宮頚管ポリープ、子宮膣部びらん、子宮頸がん、排卵時の出血、子宮体がん、萎縮性腟炎、子宮内膜増殖症、子宮筋腫、子宮腺筋症などの可能性がわかります。

下腹部のしこり

触ると明らかにしこりや塊に触れる、または単に太ったとはいえない体形の変化があった場合、腫瘍が隠れている可能性があります。一度チェックしてみましょう。

子宮筋腫、子宮腺筋症、卵巣腫瘍などの可能性がわかります。

おりものの異常(量や色がいつもと違うなど)

おりものの異常は、子宮腟部のびらんや腫瘍などのほか、性感染症の大事なシグナルのひとつでもあります。正常なおりものか一度チェックしてみましょう。

排卵出血、排卵に伴う生理的なおりもの、カンジダ腟炎、トリコモナス腟炎、子宮頸がん、子宮頚管ポリープ、子宮体がんなどの可能性がわかります。

外陰部のトラブル

外性器は外陰部とも呼ばれ、この外陰部にできるできものの中にはがんなどの重大な病もあります。一度チェックしてみましょう。

腟炎、外陰掻痒症、ナプキンや下着によるかぶれ、バルトリン腺炎、バルトリン腺のう腫、外陰がん、ヘルペス、悪性黒色腫、尖形コンジローマ、婦人科外の病などの可能性がわかります。

あなたの女性特有の病を名医が解説します! 名医の症状別病名チェック一覧へ

女性特有の病を監修している名医のご紹介

上坊先生が女性特有の病で悩んでいる皆さんに伝えたいこと

身体の異常なサインに気付くには、まず基本を知ることがとても大事です!

女性の皆さん、自分の身体のことちゃんと分かっていますか?

女性の身体は生涯を通じて女性特有の性のリズムや機能があり、そのメカニズムをちゃんと理解していないと、自分が正常な状態なのか異常なのかの判断がつきにくくなってしまいます。
そのことがしばしば病気の治療が手遅れになる原因になっているとすれば、非常に残念なことです。

私が女性の皆さんに言いたいことは、きちんと自分の身体を知ろう!ということ。
そしてそのために、婦人科をもっと利用してほしいと思います。
婦人科医は多くの女性を診察しています。その経験から、女性に役立つ多くの情報と知識を持っています。
自分の知識を高めることと、婦人科医の力を利用すること、双方の力で少しでも早く異常に気がつき、必要な治療を受けるようにしましょう。

コミコミクリニックでは子宮の病気を中心に女性特有の病や身体の仕組みをできるだけわかりやすく解説するようにしました。少しでも皆様の助けになれば幸いと思います。

社会保険 相模野病院 婦人科腫瘍センター長 上坊敏子 先生

<女性特有の病のスペシャリスト>
社団法人全国社会保険協会連合会
社会保険 相模野病院 婦人科腫瘍センター長 上坊敏子 先生
専門は婦人科腫瘍学。医学部を卒業以来、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんに代表される婦人科のがんの勉強、診断と治療に明け暮れる毎日。手がけた手術は5000件以上。豊富な経験と知識から多くの女性の命を救ってきた全国屈指の名医です。

性感染症のこと みんなどれくらい知っていますか?