この記事は2011年9月時点の医療情報に基づいて書かれています。

名医による 症状別解消法 肩こり・肩の痛み

肩周辺の筋肉、特に僧帽筋の緊張や血行不良が原因の痛み かたのきんにくのきんちょうやけっこうふりょう 監修:肩こり・肩の痛みのスペシャリスト 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 スポーツ整形外科 教授 筒井廣明先生

肩周辺の筋肉、特に僧帽筋の緊張や血行不良が原因の痛みとは?

上肢の動きの土台である肩甲骨を自由自在に動かすのが僧帽筋。
僧帽筋が固くなっていると感じている状態が肩こりです。

肩こりとは?

僧帽筋

首筋、首の付け根から肩または背中にかけて張っている、凝っている、痛いなどを感じ、頭痛や吐き気を伴うことがあります。
肩こりに関係する筋肉は色々ありますが、首の後ろから肩、背中にかけて張っている僧帽筋という幅広い筋肉がその中心です。僧帽筋の血流が悪くなり、硬くなるとコリや痛みが引き起こされるのです。硬くなる原因は様々ありますが、肩甲骨を動かす僧帽筋は背骨や上肢とつながっているため、そのつながりのどこかに無理が生じることで、間接的に影響を受けることもあります。結果、肩こりという症状が現れるのです。

肩こりが起きる原因

僧帽筋が硬くなり、肩こりが起こる原因は実に様々な上、ほんの些細なことが影響してきます。
そのことをよく自覚し、日頃から肩こりにならないような姿勢や行動に気をつけましょう。

「無理な姿勢・不良姿勢」が、
肩こりの原因として考えられる。
  • ・机と椅子のアンバランス
  • ・足を組んだり、前かがみでのデスクワーク
  • ・枕が合わない(高すぎたり柔らかすぎる)
  • ・寝転がってTVを見る
「肩こりをおこしやすい体形」が、
肩こりの原因として考えられる。
  • ・肥満、なで肩、猫背など
「眼精疲労 目の疲れ」が、
肩こりの原因として考えられる。
  • ・眼鏡、コンタクトレンズがあわない
  • ・長時間パソコン
  • ・室内が乾燥している
「その他」 肩こりの原因として
考えられるもの
  • ・冷え性
  • ・運動不足
  • ・体をきつくしめつける服・下着
  • ・ネックレス、イヤリング等のアクセサリー
  • ・歯のかみ合わせが悪い
  • ・合わない靴をはく

肩のこり、痛みを治すには・・・

肩の仕組みと痛みの起こるメカニズムを理解することが何より大事です。

あなたの肩こり・肩の痛みを名医がタイプ分けします! 名医の肩こり・肩の痛みタイプ別チェック