この記事は2011年9月時点の医療情報に基づいて書かれています。

名医による 症状別解消法 腰痛

腰椎椎間板ヘルニア ようついついかんばん 監修:腰痛のスペシャリスト 福島県立医科大学 整形外科 准教授 大谷晃司先生

多くは腰痛に加えてお尻から足にかけて痛みやしびれを伴います。
椅子に座った時や、前かがみになった時に痛みが増します。
働き盛りの10代から60代に多くみられる、腰痛の原因となる代表的な腰椎の病です。

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニアは働き盛りの10代~60代に多く見られるもので腰痛の原因となる腰椎の
代表的な病気の一つです。多くはお尻から足にかけてに痛みを伴います。

腰椎椎間板ヘルニアとは?

椎骨と椎骨の間にあるのが「椎間板」で、椎間板の外側には繊維輪というしっかりした組織に囲まれ、内側に髄核というゼリー状の組織が入っています。
老化や腰をひねったりなどの日常のちょっとした動作、スポーツなどにより強い負荷がかかることによって、外側の繊維輪が切れ、髄核が脊柱管内に内に飛び出してきて神経を圧迫するのです。するとその周辺に炎症が起こり強い痛みが発生します。

症状の特徴 ~下肢の強い痛みと前屈で出るしびれ~

椎間板ヘルニアの症状は、ヘルニアの脱出の程度、脱出の部位、圧迫された神経の状態、 年齢などによっても様々です。 しかしほとんどの椎間板ヘルニアの代表的な症状は、激しい腰、下肢痛の痛みです。

下肢の痛みは時に下肢に響くような痛みやしびれになります。そして前かがみになったりイスに座った時に痛みが増します。前かがみになると、椎間板の内圧が高くなったり、ヘルニアが後方の神経をより圧迫するためです。 ひどくなると、下肢の筋力低下やまれに排尿・排便障害が現れることもあります。

あなたにあった解消法がわかります! 名医の腰痛タイプ別チェック