この記事は2011年9月時点の医療情報に基づいて書かれています。

名医による 症状別解消法 腰痛

心因性腰痛 しんいんせいようつう 監修:腰痛のスペシャリスト 福島県立医科大学 整形外科 准教授 大谷晃司先生

心因性腰痛とは?

心因性腰痛とは、心の問題によって腰痛の痛みがひどくなっている状態です。

心が腰痛に関係あるの?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、近年原因不明の腰痛、治りにくい腰痛の背後に、心の問題が関わっているケースが多いことが分かってきました。

検査を行っても腰痛を引き起こすような骨の異常や病気が見当たらない、また画像検査で骨の異常が見つかっても、必ずしも訴えている腰痛の症状と一致しないこともよくあります。
このように原因が不明のまま、3ヶ月以上も続く慢性的な腰痛を訴えるケースが数多くなるのです。
そんな原因不明とされてきた慢性腰痛の中に「心因性腰痛」がかなりふくまれているのです。

慢性腰痛を訴える患者さんの約80%に抑うつ状態が見られるともいわれ、ストレスや心の問題が腰痛に大きく影響していることが分かっています。
人は、絶望感・恐怖・怒り・不安・無力感・抑うつ感などを感じている時、痛みをより感じやすい状態になっています。また、このような感情的なものではなく、体が非常に疲れている・眠れない・不快・孤独・運動不足など肉体的な理由のある場合も、通常より痛みを感じやすい状態といえます。

腰痛の原因となるストレスも個人個人によって本当に様々です。
人間関係のストレス、仕事の忙しさ、私生活における孤独感、親の離婚や再婚など家庭内の不和、引越しなどの精神的ストレスが腰痛という形で現れるのです。

あなたにあった解消法がわかります! 名医の腰痛タイプ別チェック