旬の奥薗健康レシピ 栄養学×奥薗流

奥薗流 病を防ぐ美味レシピ

8月の旬の美味レシピ

リコピン×カリウム=動脈硬化予防!
トマト春雨

トマトの酸味がきいた春雨のチュルチュルが後を引く。
材料(2人分)
・トマト(ざく切り) 2個
・えのき 1袋
A) 豚挽き肉 200g
  醤油 大1
  にんにく(すりおろし) 1かけ
  しょうが(すりおろし) 1かけ
・緑豆春雨 50g
・青ねぎ(小口切り) 適宜
・ゴマ油、こしょう 適宜
B) 100cc
  オイスターソース 大2
  片栗粉 小1
栄養学 いいトコ まるごと!レシピの秘密
リコピンの抗酸化作用で、体内の悪玉コレステロールの酸化が阻害。
さらに高血圧の予防効果があるカリウムを多く含んだ、旬のトマトとえのきを使っているので、動脈硬化の予防に効くレシピです。
煮汁を使わずにトマトの水分だけで蒸し煮にし、また加熱途中で溶け出したカリウムも春雨に吸わせることで無駄なく摂ることができます。

他にもまだある!トマトの秘密はこちら

作り方
  1. 緑豆春雨は水につけて、食べやすい
    長さにキッチンはさみで切る。

  2. Bをあわせておく。

  3. フライパンにAを入れて
    よく混ぜてから火にかける。

  4. 挽き肉に火が通ったら、
    えのき、春雨、トマトを入れ、
    フタをして蒸し煮にする。

    栄養学 ここがポイント
    • カリウムを多く含むトマトとえのきを使うことで動脈硬化を予防。
    • 水を使わず、野菜の水分だけで蒸し煮にするので、カリウムの流出を最小限に抑えることができる。
  5. 3?4分位したら全体に
    混ぜ合わせ、あわせておいたBを
    回し入れる。

    栄養学 ここがポイント
    加熱によって流れでたトマトとえのきのカリウムを春雨が吸い取ってくれる。
  6. 全体にとろみがついたら
    ゴマ油とこしょうで味を整え
    青ねぎを入れて出来上がり。

    栄養学 ここがポイント
    ゴマ油を使うことでリコピンの吸収力がアップ。
奥薗流 ここがPOINT
春雨のチュルチュルした食感って、食欲のないときでもついつい箸が進みますよね。ご飯にもよく合うし。
 今回はそんな春雨をトマトと合わせてみました。トマトを入れることで、栄養的にアップするのはもちろんですが、トマトには旨味成分であるグルタミンがたっぷり(グルタミン酸は昆布やチーズにたっぷり含まれている旨味成分です)なので、うま味調味料などを入れなくても、確実に美味しくなるのがいいところなのです。
 作り方のポイントとしては、まずひき肉が生のうちに醤油で下味をつけること。こうすることで出来上がったときにひき肉がふっくらおいしくなります。
 春雨は下茹でなどしなくてもあらかじめ水につけておくだけでOK。ただし、このやり方が出来るのは緑豆春雨のみ(乾燥の状態で縮れてるもの)。でんぷん春雨(まっすぐなもの)の場合は下茹でしてから同様に調理してください。
 今回はカリウムを無駄なく調理するために水を使わずに蒸し煮にしました。重ね煮にするときに、先に春雨を入れて、その上に覆うようにトマトを入れると、加熱で出てくるトマトの水分で春雨が上手に戻ります。
 蒸し煮の時間は3~5分。フタを開けたときに若干春雨が団子になったように見えますが、お箸でほぐしながら混ぜると綺麗にばらばらになるはずです。
 合わせ調味料に片栗粉も入っているので、後でとろみを付ける手間も不要、だまだまになる失敗もありません。
 火を止めて最後にゴマ油を回し入れると、香りが立ちます。

旬の食材ラインナップ

  • 4月 セロリ
  • 5月 アスパラガス
  • 6月 にんじん
  • 7月 きゅうり
  • 8月 トマト
  • 9月 じゃがいも
  • 10月 かぼちゃ
  • 11月 はくさい
  • 12月 ブロッコリー
  • 1月 だいこん
  • 2月 ほうれん草
  • 3月 きゃべつ

「栄養学×奥薗流」トップへ