旬の奥薗健康レシピ 栄養学×奥薗流

奥薗流 病を防ぐ美味レシピ

8月の旬の美味レシピ

リコピン×ビタミンC=最強美肌!
豚しゃぶのトマトマリネ

夏に人気の冷しゃぶ!トマトパワーでよりヘルシーで美味しくなる!
材料(2人分)
・トマト(半月切り) 2個
・豚うす切り肉 200g
・みょうが(小口切り) 3個
・みつば(ざく切り) 1袋
A) 醤油 大3
  レモン汁 1個分(大3)
  みりん 大1
  しょうが 1かけ
栄養学 いいトコ まるごと!レシピの秘密
 リコピンの抗酸化作用は、美肌の大敵で日焼けの原因となる紫外線による活性酸素も除去してくれるので、紫外線による肌へのダメージを予防するといわれています。また、旬の時期のトマトはビタミンCを豊富に含んでいます。同じようにビタミンCを多く含むレモンやみつばと組み合わせる事で、コラーゲンの合成が促進され、しわ、しみ、たるみを予防し弾力のある若々しい肌を作り出します。
 さらに、ビタミンB1を多く含む豚肉と一緒に摂ることで、トマトに含まれているクエン酸の働きが活性化されるので、疲労回復の効果もあります。

他にもまだある!トマトの秘密はこちら

作り方
  1. Aを合わせてタレを作る。

    栄養学 ここがポイント
    ビタミンCが豊富なレモン汁を使うことで
    若々しい肌を作り出す。
  2. 鍋に湯を沸かし、豚肉をしゃぶしゃぶし、
    ①に漬け込む。

    栄養学 ここがポイント
    ビタミンB1を多く含む豚肉を使うことでトマトに含まれるクエン酸の働きが活性化され疲労回復の効果がある。
  3. トマトを入れて混ぜ、粗熱が取れたら
    冷蔵庫に入れ、食べる直前まで冷やす。

    栄養学 ここがポイント
    トマトの皮の部分に最も豊富にリコピンが含まれているので皮付きのまま調理する。
  4. 食べる直前にみょうが、みつばを
    混ぜて出来上がり。

    栄養学 ここがポイント
    ビタミンCが豊富なみつばを使うことで
    若々しい肌を作り出す。
奥薗流 ここがPOINT
さっぱりして食べられる冷しゃぶは夏の定番メニューですね。
 美味しく作るコツは、しゃぶしゃぶした後、すぐに調味液に漬け込むこと。ゆでた後氷水にとったりするレシピもありますが、そうするとどうしても肉がパサつくし、旨みも抜けて美味しくなくなるのです。しゃぶしゃぶしたら、鍋の上でゆで汁を切り、熱々のうちに漬け込むことで、肉はしっとり柔らかいまま(冬鍋物のしゃぶしゃぶの、あの柔らかさです)、しかも味は 冷めるときに染み込むので、肉の中に調味液がググっと入るというわけです。
 トマトを先に調味液に漬け込むのではなく、濃い調味液に肉を漬け込んで、しっかり肉に味をつけてからトマトを入れてください。そのほうが味のメリハリが付き、トマトの旨味もいきます。
 すぐに食べないときはこの状態で冷蔵庫に入れてください。暑い時期ですので、早めに作って冷たくするのもごちそう感がアップします。
 薬味野菜はかならず食べる直前に混ぜてくださいね。早めに入れてしまうと水が出て味が薄まるし、見た目も悪くなります。
 豚肉の部位はもも、ロース、肩ロース、バラ、どの部位でもできます。ゆで汁は豚肉の旨味がたっぷり溶け出していますので、味噌汁や麺のスープなどに使ってくださいね。

旬の食材ラインナップ

  • 4月 セロリ
  • 5月 アスパラガス
  • 6月 にんじん
  • 7月 きゅうり
  • 8月 トマト
  • 9月 じゃがいも
  • 10月 かぼちゃ
  • 11月 はくさい
  • 12月 ブロッコリー
  • 1月 だいこん
  • 2月 ほうれん草
  • 3月 きゃべつ

「栄養学×奥薗流」トップへ