旬の奥薗健康レシピ 栄養学×奥薗流

奥薗流 病を防ぐ美味レシピ

8月の旬の美味レシピ

トマト加工品利用でリコピン量倍増!
玉チリ丼

ホットな丼で涼を呼ぶ。
材料(2人分)
・トマト 1個
・青ネギ 1/3束
A) ケチャップ 大4
  豆板醤 小1/2?1
  にんにく(すりおろし) 1かけ
  しょうが(すりおろし) 1かけ
  ゴマ油 大1
・卵 2個
・ご飯 茶碗2杯
B) 200cc
  醤油 大2
  砂糖 小2
  片栗粉 大1
栄養学 いいトコ まるごと!レシピの秘密
 ぎゅっと濃縮されているトマト加工品を使うことで、生のトマトを食べるより効率よくリコピンを摂取することができます。今回のレシピに使われているケチャップ大4で生のトマトだとL型サイズ2個分に相当する15mgのリコピンが摂取できます。

他にもまだある!トマトの秘密はこちら

作り方
  1. フライパンにAを入れて
    火をかける。

    栄養学 ここがポイント
    リコピンが豊富に含まれている
    ケチャップを使用する。
  2. 水分が飛んでねっとりしたら、
    トマトを入れてさっと炒める。

    栄養学 ここがポイント
    トマトの皮の部分に最も豊富にリコピンが含まれているので皮付きのまま調理する。
  3. あわせておいたBの調味料を
    入れる。

  4. 沸騰してとろみが付いたら
    溶き卵を回し入れる。

  5. ご飯にかけて、ねぎの小口切りを
    入れて出来上がり。

奥薗流 ここがPOINT
チリソース味のお手軽丼です。
 チリソースのベースとなるのがケチャップ。普通に加えるだけでもチリソースにはなるのですが、ここでちょっと裏ワザ。ケチャップ、豆板醤、ごま油などをあらかじめフライパンの中で混ぜておいて火にかけ、ねっとりするまで炒めるんですね。油と合わせて水分を飛ばしながら加熱することで、ケチャップの旨みが、ぐんとアップするんです。これで、ワンランクアップのチリソースができるというわけ。
 さらにトマトを加えることで、フレッシュトマトの酸味や旨みをプラス。ちょっとクタッとなったトマトの食感もいいのです。
 最後に溶き卵を加えることで、チリソースの辛味がいい感じにマイルドになり、彩りも栄養バランスもアップ。卵を流し入れた後は、すぐにかき混ぜず、卵が固まってくるまでちょっと待ってから混ぜるとフンワリ感のある卵に仕上がります。
 所要時間はせいぜい5~10分程度でできてしまう簡単丼ですが、ガッツリ食べてガーっと汗をかいた後は、なんとも言えず爽快な気分になれるはず。

旬の食材ラインナップ

  • 4月 セロリ
  • 5月 アスパラガス
  • 6月 にんじん
  • 7月 きゅうり
  • 8月 トマト
  • 9月 じゃがいも
  • 10月 かぼちゃ
  • 11月 はくさい
  • 12月 ブロッコリー
  • 1月 だいこん
  • 2月 ほうれん草
  • 3月 きゃべつ

「栄養学×奥薗流」トップへ