旬の奥薗健康レシピ 栄養学×奥薗流

奥薗流 病を防ぐ美味レシピ

10月の旬の美味レシピ

ビタミンEでアンチエイジング!
かぼちゃカレーパン

かぼちゃコロッケパンの美味しさを手軽に!
材料(2人分)
・かぼちゃ(1センチ厚さのいちょう切り) 1/8個
・塩 小1/2
・にんにく(粗みじん) 1かけ
A) 水               100cc
     昆布            1×10センチのもの1枚
・バターロール 4個
・豚ひき肉 150g
・カレー粉 大1
 
・ウスターソース 大1
・サラダ菜 適宜
・マヨネーズ 適宜
栄養学 いいトコ まるごと!レシピの秘密
ビタミンEは脂溶性なので、脂質の多い豚ひき肉と一緒に調理することで吸収力がアップします。
野菜の中でトップクラスの含有量を誇るかぼちゃのビタミンEを効率よく吸収することで、活性酸素を撃退し、老化防止効果が期待できます。

他にもまだある!かぼちゃの秘密はこちら

作り方
  1. かぼちゃを1センチ厚さの
    いちょう切りにする。

    栄養学 ここがポイント
    かぼちゃの皮とワタの部分には豊富にβカロテンが含まれているので皮はそのまま、ワタはサッと取る程度で調理する。
  2. フライパンに豚ひき肉、塩を入れて
    よく混ぜて下味を付ける。

    栄養学 ここがポイント
    豚ひき肉の脂分でビタミンEの吸収力アップ。
  3. 火にかけて、カレー粉、にんにくを
    入れて炒める。

  4. ひき肉に火が通ったら、かぼちゃと
    Aを入れ、フタをして蒸し煮にする。
    (昆布はキッチンバサミで細かく切る)

  5. 10分くらいして、かぼちゃが
    柔らかくなったら木ベラで潰し、
    ウスターソースで味を調える。

  6. バターロールに切れ目を入れて
    マヨネーズを塗り、サラダ菜と⑤を
    挟み出来上がり。

奥薗流 ここがPOINT
  かぼちゃとカレー粉の組み合わせっておいしいですよね。ここでは更にウスターソースを加えて更にスパイシーな香りをプラスしました。かぼちゃの甘味が苦手という人も、これなら美味しく食べられるはずです。
  ひき肉を炒めたところにかぼちゃを入れて蒸し煮にするだけなので作り方も簡単です。かぼちゃは電子レンジで柔らかくしてから炒めたひき肉と混ぜてもいいのですが、ひき肉を炒めたところに一緒に入れてしまえば、フライパンひとつでできるし、かぼちゃの量が多少多くても少なくても大丈夫なのも気楽でいいと思うのです(電子レンジの場合はかぼちゃ100gに対して600Wの電子レンジで約2分。これはきちんとはからないとうまくいきません)。
  しかも蒸気で蒸すので、レンジで仕上げるよりもしっとりジューシーに仕上がります。かぼちゃのつぶし加減はお好みでどうぞ。かぼちゃ感が多少残っているのもおいしいのです。
  粗熱がとれたものを適当な大きさに丸め、小麦粉、卵、パン粉をつければコロッケにもなります。その他オムレツの具にしたり、耐熱容器に入れて、チーズとパン粉をかけて焼くのもおすすめです。
  今回はバターロールに挟みましたが、もちろん食パンに挟んで二つ折りにするのもいいですよ。マヨネーズが合うので、これは忘れずに入れてくださいね。
  冷蔵庫で2~3日は保存でき、それ以上は冷凍保存もできます。

旬の食材ラインナップ

  • 4月 セロリ
  • 5月 アスパラガス
  • 6月 にんじん
  • 7月 きゅうり
  • 8月 トマト
  • 9月 じゃがいも
  • 10月 かぼちゃ
  • 11月 はくさい
  • 12月 ブロッコリー
  • 1月 だいこん
  • 2月 ほうれん草
  • 3月 きゃべつ

「栄養学×奥薗流」トップへ