旬の奥薗健康レシピ 栄養学×奥薗流

奥薗流 病を防ぐ美味レシピ

12月の旬の美味レシピ

豊富な葉酸で貧血を予防!
ブロッコリーとじゃこの卵とじ

じゃこの旨みたっぷり!ブロッコリーを和風の煮物で!
材料(2人分)
・ブロッコリー 1/2株(150g)
・卵 2個
・水溶き片栗粉 適宜
A) 300cc
  昆布 1×10センチのもの1枚
・ちりめんじゃこ 20g
・塩 小1/2
栄養学 いいトコ まるごと!レシピの秘密
  ブロッコリーに豊富に含まれている葉酸は水溶性で水に溶け出しやすいですが、溶け出した煮汁ごと食べることで栄養を余すところなく摂取することができます。葉酸と同じく、血を作るために非常に重要な働きをしているビタミンB12を含む、ちりめんじゃこと卵を使用しているので、貧血の予防に効果大のレシピです。

他にもまだある!ブロッコリーの秘密はこちら

作り方
  1. Aを鍋に入れて火にかける。

    栄養学 ここがポイント
    ビタミンB12を含む、ちりめんじゃこを一緒に
    取ることで貧血を予防。
  2. 沸騰したら小房に分けたブロッコリーを入れ、
    フタをして中火で3~4分蒸し煮にする。

  3. ブロッコリーだけを取り出して器に入れ、
    残った煮汁に溶いた卵を流し入れる。

    栄養学 ここがポイント
    ビタミンB12を含む、卵を一緒に取ることで
    貧血を予防。
  4. 水溶き片栗粉でとろみを付け、
    取り出しておいたブロッコリーにかける。

奥薗流 ここがPOINT
  洋風料理のイメージのあるブロッコリー。時には和風の煮物にしてみませんか?
  ダシの中で柔らかく煮えたブロッコリーは花の部分にダシが絡み、口の中でホロホロと砕けていきます。一度食べれば、その美味しさの虜になるはず。
  和風の煮物というとなんだか難しい気がするかもしれませんが、これはちりめんじゃこのダシで煮るので、面倒なダシ取りは一切なし。味付けも塩だけなので、とっても簡単です。
  ポイントは、ぴったりフタの閉まる鍋で煮ること。熱がうまく回るので短時間でしっとり柔らかく煮上がります。
  とろみを付ける前に一度取り出しますが、そのほうがとろみをつけやすく、卵の仕上がりも綺麗です。
  食べるときは是非スプーンで。たっぷりのあんと一緒にブロッコリーを頬張れば、じゃこの旨みの効いたダシとブロッコリーの美味しさが口の中いっぱいに広がります。

旬の食材ラインナップ

  • 4月 セロリ
  • 5月 アスパラガス
  • 6月 にんじん
  • 7月 きゅうり
  • 8月 トマト
  • 9月 じゃがいも
  • 10月 かぼちゃ
  • 11月 はくさい
  • 12月 ブロッコリー
  • 1月 だいこん
  • 2月 ほうれん草
  • 3月 きゃべつ

「栄養学×奥薗流」トップへ