旬の奥薗健康レシピ 栄養学×奥薗流

奥薗流 病を防ぐ美味レシピ

2月の旬の美味レシピ

鉄をしっかり取って貧血予防!
豚肉とほうれん草の中華丼

とろとろほうれん草の温かご飯!
材料(2人分)
・ほうれん草 1束
A) 豚コマ 150g
  片栗粉 小1
  しょうゆ 小1
・しょうが(千切り) 1かけ
・ゴマ油 大1
B) 200cc
  片栗粉 小1
  しょうゆ 大1
  オイスターソース 大1
・ご飯 茶碗2杯
栄養学 いいトコ まるごと!レシピの秘密
  野菜に含まれる鉄は体への吸収率がよくないので、ビタミンCや動物性たんぱく質と一緒に摂ると吸収がよくなります。ほうれん草はビタミンCが多いので一石二鳥なうえ、動物性たんぱく質の豚コマを使用しているので、鉄をしっかりと吸収し貧血予防に効果的なレシピです。

他にもまだある!ほうれん草の秘密はこちら

作り方
  1. ほうれん草はフライパンに蒸し茹でにし
    水気を絞り、食べやすく切る。

    栄養学 ここがポイント
    少量の水で蒸し茹でにすることで、
    ビタミンCの流出を最小限に抑える。
  2. 豚コマにしょうゆを加え、
    片栗粉を揉み込む。

    栄養学 ここがポイント
    動物性たんぱく質の豚コマと組み合わせることで鉄の吸収力がアップ。
  3. フライパンにゴマ油を入れて②の豚コマを炒め、いい焼き色がついたら、しょうがとほうれん草を入れて炒める。

  4. Bを一度に入れて加熱しながら混ぜ、
    とろみが付いたらご飯の上にかけて出来上がり。

奥薗流 ここがPOINT
  茹でたほうれん草さえあれば、簡単にできる丼です。ほうれん草が安い時に、まとめてかって茹でておけば、更に簡単に作れます。
  ポイントは豚肉の下味と合わせ調味料。豚肉に片栗粉と醤油を揉み込んでおくことで、パサつくことなくツルンとした食感になります。今回は豚こまを使いましたが、モモのような脂肪の少ない部位でも美味しく出来ますよ。
  合わせ調味料は片栗粉を入れておくのがポイント。そうすると、水溶き片栗粉でとろみを付けなくても合わせ調味料を加えるだけで一気にとろみがつくので、だまになる失敗がありません。
  トロトロのあんの中のほうれん草は、トロリと柔らかく、他のは野菜では味わうことのできない優しい食感です。おひたしでは味わえないほうれん草の美味しさを堪能してください。

旬の食材ラインナップ

  • 4月 セロリ
  • 5月 アスパラガス
  • 6月 にんじん
  • 7月 きゅうり
  • 8月 トマト
  • 9月 じゃがいも
  • 10月 かぼちゃ
  • 11月 はくさい
  • 12月 ブロッコリー
  • 1月 だいこん
  • 2月 ほうれん草
  • 3月 きゃべつ

「栄養学×奥薗流」トップへ