過去の放送内容

過去の放送内容一覧

2015127に放送した内容

悪化させる温め方が判明!
名医が教える冷え症徹底改善法SP

間違った対処法で身体を温めていると、かえって冷え症が悪化!
自律神経を整える、名医オススメの入浴法とは?

小林弘幸先生(順天堂大学 医学部 教授)によると、間違った対処法で身体を温めていると、かえって冷え症が悪化することがあるという。そこで番組ではまず冷え症に悩んでいるという二人の女性に、普段の冷え症対策を見せて頂くことに。

1人目は、フリーライターをしているF・Aさん(48歳)。自宅の中は18度ととても暖かいにも関わらず、室内でも外履き用のムートンブーツを履き、さらにフリースの靴下カバー、厚手の靴下などを4枚も重ねる重装備。上半身も下着の上に温かいフリース地の服などを3枚も重ね着しているが、その足の表面温度を測ってみると、健康な人なら30度はあるという温度がなんと19.6度しかなかった。F・Aさんは冷え症歴30年の大ベテランなのだ。

そんなF・Aさんの冷え症対策は、先ほどの重ね着の上に仕事中はさらに毛布のような服を着て、ヒーターでしっかり身体を温めること。食生活では生姜を2日に1回は食べ、就寝用の布団は6時間も前から電気毛布で温める徹底ぶり。さらにお風呂は、42度のお湯に30分近く浸かる半身浴を10年以上も前から続けているという。

冷え症に悩む2人目は、主婦のI・Mさん(34歳)。冷え症歴14年の彼女もまた、暖かい室内でも重ね着と分厚いコートが欠かせないという。そんなI・Mさんの冷え症対策は、南米アンデス原産の芋の葉や茎から作られたヤーコン茶や生姜のホットドリンクなどを1日10杯は飲んで身体を温めること。そしてお風呂は、41度のお湯に30分浸かる全身浴を実践。さらに寝室では、寝る1時間前から布団乾燥機で布団を温める冷え症対策を行っていた。

番組では、この二人の女性の様子を小林先生に見て貰うが、はたして彼女たちが犯していた間違った冷え症対策とは…!?

スタジオでは、冷え症を悪化させる自律神経の乱れについて、小林先生が模型などを使いながら解説。さらに小林先生おすすめの「自律神経を整える冷え症改善入浴法」を紹介する。

温泉のスペシャリストが勧める冷え症を改善できる温泉を大公開!
冷え症に悩む主婦が1週間通った結果は?

温泉のスペシャリスト、前田眞治先生(国際医療福祉大学大学院 教授/日本温泉気候物理医学会 理事)がすすめる冷え症を改善できる温泉を大公開!

前田先生のおすすめは、お湯に塩分を多く含み、身体を温めてくれる塩化物泉。塩化物泉は塩分が高ければ高いほど身体が温まるといわれ、冷え症の改善に効果があるといわれているが、はたして日本の塩化物泉のベスト5は?

さらに番組では、間違った入浴法で冷え症を悪化させていた主婦I・Mさんに塩化物泉の温泉に1週間通ってもらい、冷え症をどれだけ改善できるかを検証する。はたして、I・Mさんの長年の冷え症はどこまで改善されるのか?

モバイルサイトでは、
冷え症を徹底改善!「冷え症特集」を公開中。

あなたの冷え症の原因を、“こころ”と“からだ”の両面からチェックできる問診の他、“冷え症改善料理”や“冷え症に効果的なツボ”など情報が満載です。ぜひチェックを!

「モバイル(携帯・スマホ)サイト」のご紹介

過去の放送内容一覧