過去の放送内容

過去の放送内容一覧

201562に放送した内容

今夜から実践!名医が教える睡眠法で不調解消SP

悪い眠り方をしていると夜間の血糖値が上昇!その改善法は?

日本人の約6人に1人、2000万人以上が抱えていると言われる「高血糖」。そんな血糖値のコントロールに睡眠が大きく関わっていることが近年の研究でわかってきた。よい睡眠をとっていれば血糖値は下がり、逆に悪い眠り方をしていると、睡眠中に血糖値が上がってしまうという。この現象こそ、いま医学界で注目の「夜間高血糖」と呼ばれるものだ。

そこで番組では、知らないうちに血糖値を上げてしまう悪い眠り方を大検証!普段の血糖値には問題がない40代の男女2名にご協力頂き、血糖値をあげる“ある悪い眠り方”を実行してもらった。すると、女性の血糖値は検証前より10も上昇。男性も若干だが検証前より高くなった。二人の血糖値を上昇させた悪い眠り方とは一体…!?

そして、睡眠医療の第一人者の塩見利明先生(愛知医科大学病院睡眠科教授)が、夜間の血糖値の上昇を防ぐ適切な睡眠時間を紹介。さらに適切な睡眠時間をとることで、血糖値は改善するのかをVTRで検証する!

原因不明の腰痛の犯人は、睡眠中の姿勢にあった!
家庭にある“あるもの”を使って、腰痛を劇的に改善する方法とは?

日本人の4人に1人、約2800万人が抱えていると言われる「腰痛」。しかし原因がはっきりしている腰痛は全体の15%しかなく、残りの85%は原因不明の腰痛だという。

そんな中、近年の研究で、原因不明だった腰痛の中に、睡眠時の姿勢によって引き起こされているものがあることが分かってきた。一体どんな睡眠姿勢が腰痛を引き起こしているのか?

番組では、原因不明の腰痛に悩まされている2名にご協力頂き、調査を開始。2人の自宅の寝室にカメラをセットし、睡眠時の姿勢をチェックすることに。そして、その撮影した映像を10万人以上の腰痛患者を救い出してきたエキスパート、山田朱織先生(16号整形外科 院長)に見てもらうと、先生は2人の睡眠中の姿勢にある共通点があることを指摘する。はたして、その共通点とは?そしてそれを引き起こしていた意外な原因とは!?
スタジオでは、自分に合った寝具の選び方、さらに寝具を買い換えなくてもできる腰痛改善法を山田先生が紹介する。

寝具を買い換えなくてもOK!今夜からできる寝返りアップ法

原因不明の腰痛は、寝具の硬さが自分の身体に合わず、睡眠中にうまく寝返りを打てなくなっているために起きていた。では、就寝中の寝返りの数を増やすにはどうすれば良いのか?山田先生が推奨するのが、ご家庭にある“あるもの”を使って、寝返り回数をアップさせる方法だ。はたして、その方法とは…?

そして腰痛に悩む先ほどの2人にも、その寝返りアップ法を3日間試してもらう。2人の腰痛はどれくらい解消されるのか!?

モバイルサイトでは、寝返り回数アップで腰痛解消!
「寝返りまくら睡眠法」公開中!

番組内でご紹介した「寝返りまくら」の作り方が詳しくご覧いただけます。
睡眠時や起床時に腰痛を感じている方、ぜひお試しください!

「モバイル(携帯・スマホ)サイト」のご紹介

過去の放送内容一覧