過去の放送内容

過去の放送内容一覧

2015728に放送した内容

肩こりとひざ痛の新事実 名医が教える 最新解消法SP

ひざ痛の新事実…
ひざを若返らせる物質があった!その物質を簡単に増やす方法を大公開!!

多くの日本人が悩まされているひざの痛み。年をとれば仕方がないと諦めている人も多いが、ひざを若返らせる新たな物質が見つかった。ひざ痛治療のスペシャリスト、渡辺淳也先生(千葉大学大学院総合医科学講座 特任准教授)によれば、ひざを若返らせるその物質の名は「プロテオグリカン」。この物質がたくさんあればあるほど、ひざを若く保ち、痛みは出ないという。

では実際に、ひざ痛で悩んでいてもおかしくない60代、70代の中で、ひざの痛みを感じていない人は、どれだけ多くのプロテオグリカンを持っているのか?番組では、ひざの痛みを感じたことがないという60代から70代の3名に、ひざの状態をチェックするMRIマッピング検査を実施。その結果、ひざの痛みのない「ひざ賢者」の皆さんは、3人とも実年齢と同じか、それ以上の量のプロテオグリカンを持っていることが判明する……。

では、プロテオグリカンをたっぷり持つひざ賢者と、プロテオグリカンを失いひざ痛を起こしてしまう人の違いは、どこにあるのか?渡辺先生は、プロテオグリカンは普段の何気ない生活習慣の違いから多くなったり、少なくなったりするという。そこで番組では、50代と同じプロテオグリカンを持つひざ賢者Wさん(67歳)と、年齢が近いにも関わらずひざ痛を抱えるOさん(71歳)にご協力頂き、生活習慣の違いをチェックさせて頂くことに。お二人のプロテオグリカンの量を分けていた、生活習慣の違いとは一体!?

スタジオでは、ひざを若返らせる物質「プロテオグリカン」を減らしてしまう3大条件を発表。その3つの条件の中で、2つ以上に該当する人は、今ひざ痛がなくてもすでにプロテオグリカンが減っている可能性が高く、今後ひざ痛が出てくる恐れがあるという。プロテオグリカンを減らすその3大条件とは…?

さらに、この後のVTRでは、プロテオグリカンを簡単かつ効果的に増やす方法を紹介する。

肩こりの新事実…
しつこい肩こりの原因は【脳の誤作動】の可能性が!誤作動を引き起こす悪いクセとは?しつこい肩こりを簡単に解消する方法を大公開!

日本人の多くが悩まされている肩こり。肩こりの主な原因は、長時間のデスクワーク、運動不足、目の酷使などと言われてきたが、近年、厚生労働省研究班の調査によって、それらとは異なる“ある意外な原因”が明らかになってきた。それこそが肩こり治療の名医、堀内正浩先生(川崎市立多摩病院 神経内科 部長)が指摘する今回の新事実、「しつこい肩こりの原因は【脳の誤作動】の可能性がある」というものだ。

肩こりを招く脳の誤作動とは一体何なのか?番組では長年しつこい肩こりに悩まされている40代から60代の皆さんに集まって頂き、脳の誤作動によって肩こりが起きている人を探す検査を実施。その検査とは、ラインが何本か引かれた板の前に立ってもらうだけのものだが、検査の結果、なんと12人中10人もの方が「脳の誤作動による肩こりの可能性あり」と判定された。実は検査の際、堀内先生が観察していたのは「身体の傾き」。脳の誤作動が原因で肩こりになる人は、本人はまっすぐ立っているつもりでも、何らかの身体の傾きがあるのが特徴なのだという。

では一体何が脳の誤作動を引き起こしてしまうのか?しつこい肩こりに悩む主婦Yさんの日常生活を撮影し、堀内先生にチェックしてもらったところ、脳の誤作動を引き起こしていると考えられる2つの「悪いクセ」が判明する……。脳の誤作動を呼び込む、その2つの悪いクセとは果たして?

スタジオでは、肩こりがひどいというゲスト、遼河はるひの身体の傾きを事前に撮影した写真で検証。元タカラジェンヌの遼河はわざとではないかと思えるほど、身体が傾いていることがわかり、たけし院長らを驚かせる……。さらに、【脳の誤作動】によるしつこい肩こりを簡単に解消する方法を紹介する。まず一つ目の解消法は、どこ家庭にもあるワイヤーのハンガーを使って行うというのだが、はたしてハンガーをどのように使うのか?そして二つ目の解消法は、「1日15分●●をする」というものだが、一体何をすればよいのか?

モバイルサイトでは、「身体の傾きチェック」を公開中!

しつこい肩こりの新原因“身体の傾き”を簡単チェック!身近にあるワイヤーハンガーを使った「ハンガーで肩こり解消法」の詳しいやり方もご覧いただけます。

「モバイル(携帯・スマホ)サイト」のご紹介

過去の放送内容一覧