過去の放送内容

過去の放送内容一覧

2016216に放送した内容

病気にならない身体を作る!冬の免疫力アップ法SP

昼食から2時間後に、20分間“あること”をするだけで「免疫力」がアップ!
名医が推奨!この時期、ぜひ知っておきたい免疫力を簡単にあげる方法とは!?

私たちの身体をインフルエンザや風邪、がんなどから守ってくれている「免疫力」。しかし体内をパトロールし、がん化した細胞などをこまめに殺してくれるナチュラルキラー細胞、通称NK細胞は、加齢などによって知らず知らずのうちに落ちている可能性があるという。NK細胞の能力を表すNK活性の変化を年代別に見ると、20代をピークに下がり続け、70代を過ぎた頃にはピークの半分以下にまで衰えているのだ。しかし、実は免疫力アップにつながる新しい事実が、最近の研究で次々とわかってきた。

そんな免疫力に関する衝撃的な事実を教えてくれるのは、信州大学名誉教授の大橋俊夫先生。先生は、「免疫力が落ちるのは、免疫細胞が休んでしまっているせい」だという。日々、体内をパトロールし、私たちを敵から守ってくれているはずの免疫細胞が、仕事もせずに休んでいるとは一体どういうことなのか?さらに大橋先生は、いったん低下してしまった免疫力をあげる方法として、あることをして「休んでいる免疫細胞を“たたき起こす”こと」を勧める。

そこで番組では、最近、免疫力の衰えを感じているという50代以上の男女3名にご協力頂き、大橋先生が推奨する「ある方法」を実践してもらう。大橋先生によれば、そのある方法とは、毎日昼食を食べた2時間後に、20分間“あること”をするというもの。そのやり方を被験者たちに伝えると、あまりの簡単さに半信半疑の様子だ。

被験者たちには、4日間、その“あること”を行ってもらい、その後、血液検査を実施。それぞれの体内のNK細胞がどう変化したかをチェックする。はたして被験者たちの落ちていた免疫力は、アップするのか?そして休んでいる免疫細胞を叩き起こす“あること”とは一体…!?

スタジオでは、昼食を食べた2時間後に“あること”をする際、あわせて行うと、より免疫力がアップする方法を紹介する。
このほか、免疫力をアップさせるもう一つの重要キーワードと、その方法もVTRで紹介。

モバイルサイトでは、風邪に負けない身体を作る
「免疫力UP!腹式呼吸法」公開中!

次の日の目覚めの良さを実感できる「むくみ解消!足リンパマッサージ」も、呼吸法と合わせてぜひお試しください!

「モバイル(携帯・スマホ)サイト」のご紹介

過去の放送内容一覧