過去の放送内容

過去の放送内容一覧

20171212に放送した内容

【冬の不調を解消する】SP

【風邪を予防する科】
風邪をひきやすい人とひきにくい人の違い!
身体をウィルスから守ってくれる【身体の中の毛】とは?

風邪などのウィルスが猛威を振るうこの季節。風邪をうつされてしまったら、運が悪かったと考えている人も多いのでは?ところが近年の研究で、風邪のウィルスにさらされる同じ状況でも、風邪をひきやすい人とひきにくい人には“ある違い”があることがわかってきた。感染症の名医、玉置淳先生(東京女子医科大学病院 呼吸器内科 教授)によれば、「身体の中に生えている毛」のパワーを落とさないことが非常に重要という。はたして、風邪をひきにくくするために大切だという身体の中に生えている毛とは、どんなものなのか?
私たちの身体を風邪のウィルスから守ってくれるというその毛は、「線毛」と呼ばれ、鼻の奥から気管や気管支にかけてびっしりと生えている。その長さはわずか100分の1ミリと非常に短いが、1秒間に15回という猛スピードで波打ち続けている。そして、線毛のおかげで、体内に入ったウィルスは胃へと運ばれ、胃酸で退治される。つまりこの線毛がきちんと働いていれば、ウィルスを撃退し、風邪をひかずにすむ可能性が高いのだ。
しかし、線毛のパワーはまさにこの時期、冬にこそ低下しやすいと玉置先生は言う。線毛のパワーを落とす原因の一つは厳しい寒さだが、もう一つ、冬ならではの原因がある。果たして冬に線毛のパワーを落としてしまう、もう一つの原因とは?
今回は、夏と冬、2つの季節でどれだけ線毛のパワーが落ちてしまうのかを、沖縄で暮らす風邪知らずのご夫妻に協力頂いて検証。ご夫妻をまだまだ夏日が続く沖縄から寒さ厳しい東京にお連れし、毛のパワーがどう変わるかを検査した。果たして結果は…?

【セカンドオピニオン外来】
頻尿の陰に潜む難病を名医が解決!
冬に増える夜間頻尿の予防&解消法も公開!

続いては名医のセカンドオピニオン外来として、冬に増える症状【頻尿】に注目する。雑誌や書籍の記事を書くフリーランスのライターとして働く一方、一人息子を細腕一本で育ててきたシングルマザーのOさん。就寝中に尿意で目が覚め、一晩に2、3回もトイレに行くようになったため、近所の泌尿器科を受診したところ、充分に尿が溜まっていないにも関わらず周囲の神経などが過敏に反応し尿意を招く【過活動膀胱】と診断された。早速、処方された薬を飲み、医師から教わった体操も実践し始めたOさんだったが、頻尿が治まる気配はなく、やがて異様な喉の渇きにも苦しめられるように。精神的にも肉体的も追い詰められたころ、かかりつけ医のすすめで、セカンドオピニオンを受けることになる。彼女が出会うことになった医師こそ、泌尿器科の名医、吉田正貴先生(国立長寿医療研究センター泌尿器科 手術・集中治療部長)。問診で昼よりも夜間の尿の量が多いことに注目した吉田先生は、尿とは関係のない身体の不調についての問診を続けていくが……。はたして原因不明の頻尿に名医が下したセカンドオピニオンとは!?

【ひざ痛を解消する科】
冬になると悪化する「ひざ痛」痛みを改善する【スーパー食材】とは?

50代以降を中心に推定2530万人の方が悩んでいると言われる「ひざ痛」。ひざの痛みは、長年に渡って負担をかけてきたひざ関節のクッション「軟骨」が削れた結果、炎症物質が発生することで起きている。ここに冬の寒さが加わると、ひざ周りの血管が縮み、血行不良の状態に。すると血液の流れが悪くなるため、炎症物質がひざに停滞。そのため、いつもより余計にひざの痛みを感じてしまうという。
しかし、たとえ冬でもひざ痛を解消できる可能性があり、いま痛みがない方にとっては予防効果も期待できるという【スーパー食材】があった!2016年にポーランドで発表された研究では、ひざの痛みを抱える患者4822人に、その食材の成分を毎日摂取してもらったところ、なんと86%もの人の痛みが軽減され、日常生活の苦痛や不自由さが少なくなったという。はたしてその食材とは何なのか?
ひざ痛治療の名医、中嶋隆行先生(千葉大学東千葉メディカルセンター特任講師 整形外科副部長)によれば、なんとその食材の成分はもうすでにヨーロッパでは関節症の治療薬として使われているという。そこで番組ではフランス・パリを訪れ、ひざ痛に効く薬を見つけるが、そこには一体どんな食材の成分が入っているのか? スタジオでその食材を発表する!

モバイルサイトでは、
名医が答える
【尿トラブルQ&A】などサイト限定公開中!

ぜひお試しください。

「モバイル(携帯・スマホ)サイト」のご紹介

過去の放送内容一覧