過去の放送内容

過去の放送内容一覧

2018123に放送した内容

【今年大注目の3つの老化ストップ法】SP

【血管の老化を止める科】
血管の老化防止に絶対欠かせない最重要栄養素があった!
動脈硬化を予防・改善する食材は?

血管の弾力が失われ、脳出血や大動脈の破裂などの原因にもなる「動脈硬化」。それを食い止め血管を若く保ちたいという願いを叶える新事実が、近年、日本人の研究により発見された。血管の若さを保つためにこれだけは欠かせないという最重要栄養素の存在が明らかになったのだ。その新事実を世界に先駆けて証明した名医こそ、東京慈恵会医科大学教授の柳澤裕之先生。先生によると、その栄養素は普段から私たちの体内に存在し、動脈硬化を防ぐ働きをしているが、ひとたび不足すると、血圧が上昇。血管の老化を進めてしまうことがラットによる研究で明らかになってきたという。巷で言われる血管に良いとされる食生活をいくら送っていたところで、その栄養素が不足していれば、血管の老化が進むことは避けられないというのだ。その「血管の老化防止に絶対欠かせない最重要栄養素」とはいったい?
番組では、その栄養素と血管の状態がどう関係しているかを調べるため、普段から栄養に気をつけていると胸を張る58歳から80歳までの14人の皆さんにご協力頂き、血管年齢を測定した。果たしてその検査結果は…?

【認知症を予防する科】
最新研究で発見!認知症を引き起こす原因物質「LPS」
LPSが増加している人が出している独特の臭いとは!?

いま日本人が最も気をつけなければならない病の一つ「認知症」。これまで認知症を発症する詳しいメカニズムが分からなかったため、発症を防ぐ有効な手立てがなかった。しかし、認知症を引き起こす原因物質の一つが最新研究によってついに発見。認知症の有効な予防法として、大きな期待が寄せられている。イギリスの名門、セントラル・ランカシャー大学の研究チームが発表したその毒素の名は「LPS」。認知症の名医、猪原匡史先生(国立循環器病研究センター脳神経内科部長)によれば、この「LPS」と呼ばれる毒素は普段から誰の身体にも存在しているが、それが何らかの原因で異常に増加すると、脳細胞を初めとする細胞が炎症を起こし、その結果、脳細胞が死滅。それが認知症発症の原因になっているという。さらになんと、LPSが増加している人は、身体のある部分から独特のニオイを発しているのだという。果たしてそれはどこのどんなニオイなのか?
番組では、認知機能が気になり始める50代以上の男女にご協力頂き、彼らの身体のある部分から独特のニオイが出ていないかをチェック。さらに、脳年齢がわかる認知機能テストを受けてもらう。この実験で判明した認知機能とLPSの関係とは…!?

【足腰を丈夫にする科】
つまずきや転倒の原因は筋肉の「サシ」!
予防・改善効果が期待できるスーパー食材とは…?

加齢による足腰の筋肉の衰えから起こるとされてきた「つまずき」や「転倒」。しかし近年の研究で、筋肉がやせ細らなくても、つまずきや転倒を引き起こす新たな原因が明らかになってきた。筋肉の老化と転倒との関係に詳しい下方浩史先生(名古屋学芸大学健康・栄養研究所所長)によれば、つまずきや転倒のリスクを高める原因は、筋肉量に関わらず、「筋肉自体の質」にあるという。そして筋肉の質の低下とは、筋肉に霜降り肉と同じような「サシ」が入ってしまうことだと警鐘を鳴らす。事実、ある研究によれば、筋肉にサシが多い人は、転倒や寝たきりのリスクが、そうでない人に比べ、およそ3倍もあったという。
そこで今回は、40代から70代の皆さんにご協力頂き、彼らの筋肉にサシがあるかどうかをチェック。椅子に座った状態から片足で立って3秒キープできるかを見る「片足立ち上がり検査」を受けて頂いた。果たして結果は…?

その他、総合診療科の名医が原因不明の痛みの正体を暴く。

モバイルサイトでは、
つまずき・転倒の原因【筋肉の「サシ」チェック法】などサイト限定公開中!

ぜひお試しください。

「モバイル(携帯・スマホ)サイト」のご紹介

過去の放送内容一覧