過去の放送内容

過去の放送内容一覧

20191015に放送した内容

【これ以上 脳を老けさせない!認知症2つの最新予防法】SP

認知症予防で注目される脳の神経細胞の減少!脳の神経細胞が減っているかどうかをチェックするため、お化け屋敷で皆さんの行動をウォッチング!リンゴ型、洋ナシ型、バナナ型のうち、認知症になるリスクが高い危険な○○はどれ?

これまで認知症の原因は脳にたまるアミロイドβという物質や、海馬と呼ばれる場所の萎縮などと言われてきたが、認知症の予防・改善のために、いま医学界で注目されているのが、脳の表面を覆う神経細胞の塊の部分。この脳の神経細胞が減り始めている人は、近い将来、認知症を発症する可能性が高いという。そして脳の名医、猪原匡史先生(国立循環器病研究センター 脳神経内科部長)によれば、身の危険や恐怖を感じた時の行動を見ると、脳の神経細胞が減り始めているかどうかがわかるという。
そこで今回は、脳の老化が気になる60代から70代の男女にご協力頂き、脳の神経細胞が減っているかどうかを検証。東京練馬区にある遊園地「としまえん」のお化け屋敷を貸し切り、全長200mの道のりの至るところにゾンビが出現する恐怖の中で、被験者たちがどのような行動を取るかをウォッチングした。
果たして将来、認知症を発症するリスクがあるのは、どの行動なのか?実際に被験者の皆さんの脳をMRI検査で調べたところ、ある人の脳の神経細胞に減少の兆しがあることが発覚する……。

認知症予防の切り札「ノビレチン」!沖縄の長寿村の人たちが毎日のように食べているノビレチンを豊富に含む食材「酸を食わすもの」とは?

いま認知症の予防改善に劇的な効果が期待されている特効薬がある。その研究に携わる名医、遠藤英俊先生(国立長寿医療研究センター長寿医療研修センター長)によれば、人間は加齢や老化によって神経細胞のネットワーク機能が衰え、最悪の場合、認知症を発症するが、最近になってある成分が脳の神経細胞のネットワークを劇的に再生することがわかってきたという。認知症対策の切り札とされるその成分の名は「ノビレチン」。薬としての実用化は早くても数年後だが、実はノビレチンはある食材にも豊富に含まれており、その食材のキーワードは「酸を食わすもの」だという。
「酸を食わすもの」とは一体どんな食材なのか?スタッフが向かったのは、その食材が日本一食べられている沖縄県大宜味村(おおぎみそん)。沖縄本島の北部に位置する人口3000人のこの村は、日本有数の長寿の村として知られる。皆さんにやってもらった記憶力テストで夫婦そろって脳年齢が30歳も若いことが判明した夫妻のお宅に伺い、「酸を食わすもの」を含む食事を見せてもらうと、夕食として出されたのはゴーヤーチャンプル、もずくとオクラの酢の物、マグロと鯛の刺身、アイゴの塩煮、てびちの煮物。どれも大宜味村ではよく食べられているものばかりだが、はたしてノビレチンを豊富に含む食材「酸を食わすもの」が使われているのはどの料理なのか?

モバイルサイトでは、
衰えた脳のネットワークを再生!
【認知症予防食材おすすめ摂取法】など サイト限定公開中!

ぜひお試しください。

「モバイル(携帯・スマホ)サイト」のご紹介

過去の放送内容一覧