過去の放送内容

過去の放送内容一覧

20191029に放送した内容

【いつの間にか高額に!怖いステルス医療費を防ぐ】SP

いつの間にか高額に!目に見えないステルス医療費とは?股関節痛を長年自己流で対処したため、ステルス医療費地獄に陥った女性!彼女を救った家庭で手軽にできる運動療法とは!?

70歳以降、人生を終えるまでにかかるとされる医療費の総額は、平均162万円。しかしこれは氷山の一角にすぎない。医学ジャーナリストの松井宏夫さんは「こうした医療費はあくまで病院などの機関にかかる金額で、市販薬や湿布、サプリの類は含まれていない。そのような目に見えない医療費、いわば『ステルス医療費』が問題だ」と警鐘を鳴らす。市販薬や湿布など身体の不調に対処するためのお金はもちろん、実は意外なものにかなりの額の見えないお金を注ぎ込んでいることがわかってきたのだという。
Y・Sさん(女性)は、2000年3月頃、長女の出産後、右側の腰の下、お尻の辺りに鋭い痛みを感じた。以来、病院にかかるよりはと湿布薬やマッサージで対処していたが、出費は年間1万2千円になり、その後の17年間で20万4千円にものぼった。そして2017年7月頃、食堂の配膳係のパート中に、右の内股に神経を押されるような重い痛みに襲われたY・Sさん。歩くこともままならない痛みからついに長年勤めたパート先を辞めることになる。ここに至り、Y・Sさんはようやく病院を訪れるが、医師から勧められた手術の費用はリハビリや入院費も含め、およそ30万円。保険を使っても16万円ほどが自己負担となり、夫が単身赴任中で二人の娘を育てていた彼女は追いつめられていく。そんなY・Sさんは絶望の中でようやく家庭でも手軽にできるある改善法に出会い、わらにもすがる思いで始めるが……。Y・Sさんを長年の苦しみとステルス医療費から救い出したその改善法とはいったい!?

その他、ステルス医療費を食い止める尿トラブル改善法や、名医が探り当てた原因不明の【動悸】の正体を紹介する。

モバイルサイトでは、
おしりの筋肉を鍛えて股関節痛改善
【おしりエクボ体操】など サイト限定公開中!

ぜひお試しください。

「モバイル(携帯・スマホ)サイト」のご紹介

過去の放送内容一覧