ABCテレビ(関西)毎週日曜 よる11時55分~ /テレビ朝日(関東) 毎週土曜 深夜2時30分~

ストーリー

Story

5

写真
写真
写真

遊覧船から転落した水原千鶴(桜田ひより)を助けるため、後先構わず海に飛び込んだ木ノ下和也(大西流星)は、どうにか千鶴の救助に成功する。だが、自身は意識を喪失。そんな和也のため、今度は千鶴が心臓マッサージと人工呼吸を施す。その甲斐あって、和也は無事に意識を取り戻すが、客である自分に人工呼吸までしてくれる千鶴に対し、和也の気持ちはまたしても混乱。2人が契約を解消する時は刻々と近づいているというのに、千鶴と出会ってからの出来事を一つずつ思い返す和也は、ついに、“返却不可”な自分の本当の気持ちに気づいてしまう…。
そんな中、和也は友人の栗林駿(鈴木康介)から彼女を紹介される。初めて会う駿の彼女の更科瑠夏(工藤美桜)は、千鶴に劣らぬ美少女だったが、和也はその顔に見覚えがあり…。

4

写真
写真
写真

大学仲間との旅行中、木ノ下和也(大西流星)は元カノの七海麻美(秋田汐梨)から突然キスをされる。「我慢できなくなっちゃった」と和也の胸に顔を埋めてくる麻美。あまりの衝撃に身動き一つできない和也の脳裏には、かつて“運命の人”と決めた麻美への思いが鮮烈によみがえってくる…。
動揺を隠し水原千鶴(桜田ひより)たちの輪に戻る和也。すると、今度は罰ゲームで千鶴とキスさせられそうな状況に!麻美が見ている前でそんなことはできない。だが、レンタル彼女として高いプロ意識を持つ千鶴は、和也に向かって静かに瞳を閉じる。少しずつ近づいてくる千鶴の唇。必死でその場を収める方法を考える和也。そして意を決した和也は、ついにあの言葉を口にする。ところが、それを聞いた木部芳秋(金子隼也)は、いきなり和也に殴りかかり…!?

3

写真
写真
写真

元カノの七海麻美(秋田汐梨)とレンタル彼女の水原千鶴(桜田ひより)が同席する羽目になった飲み会で、すっかり酔っ払ってしまった木ノ下和也(大西流星)は、麻美から優しく介抱されるうちに強い未練を自覚し、性的欲求を抑えきれなくなる。ところが、麻美が千鶴を悪く言うのを聞いた途端、今度は千鶴の肩を持ち麻美をいさめてしまう。本命は麻美、でも千鶴を傷つけたくはない…そんな混乱状態の和也に対し千鶴は、和也が予想もしなかった言葉をかける。

後日、和也は麻美を含む大学の仲間と出かけたビーチで、地味な“一ノ瀬”姿の千鶴と遭遇する。幸い誰も一ノ瀬が和也の“彼女”の水原千鶴とは気づかないが、水着姿の麻美に興奮して今日こそ麻美の気持ちを確かめようと意気込んでいた和也はパニックに。その成り行きから、和也はトイレの個室に千鶴を引っ張り込んでしまうのだが、やってきた麻美がその個室のドアを開け…!?

2

写真
写真
写真

もう二度と水原千鶴(桜田ひより)には会わないと心に決めた木ノ下和也(大西流星)が、元カノの七海麻美(秋田汐梨)に未練タラタラの童貞キャンパスライフをスタートさせた矢先、和也は大学構内で予期せず千鶴に遭遇する!だが、千鶴の出で立ちはレンタル彼女の時からは想像もできない、地味で目立たないものだった!?

レンタル彼女のバイトを隠したい千鶴と、レンタル彼女に頼った黒歴史を知られたくない和也の利害は一致。2人は赤の他人として過ごすことに同意する。ところが、和也が下宿先のアパートに帰ると、隣の部屋になぜか地味な格好をした千鶴が…。なんと、2人はアパートの隣人同士だったのだ!!!

数日後、和也の部屋に祖母の和(木野花)が訪ねてくる。千鶴を和也の彼女と信じている和は、入院中の病院からわざわざ外出許可を取り、生まれてこの方モテたことがない孫にやっとできた彼女に会いに来たのだ。和也は、千鶴との約束通り、すでに別れたと伝えようとするが…。

1

写真
写真
写真

木ノ下和也(大西流星)は非モテ人生一直線の二十歳の大学生。やっとできた初めての彼女・七海麻美(秋田汐梨)には、キスしかしないうちにあっけなく1カ月でフラれてしまい、達成できなかったあんなことやこんなことの妄想に悶々としている。そして、半ばヤケクソで、ネットでたまたま目にしたレンタル彼女を発注。バカでクズなことをしている自分にため息をつきながら、大した期待もせず待ち合わせ場所に向かうと、そこにはプロフィール通りの清楚なお嬢様系女子、水原千鶴(桜田ひより)が現れる!

適当に選んだはずだった千鶴の、理想の彼女ぶりに和也はドギマギ。水族館デートでは、趣味がアクアリウムという和也の知識を可愛い笑顔で褒めてくれ、最後には“恋人つなぎ”までしてくれた千鶴に、和也の心はざわめく。だが、千鶴の行為はあくまでもレンタル彼女としてのこと。そんな事は百も承知ながら、心を弄ばれた感を拭えない和也は、腹いせに千鶴のネットレビューに最低点をつけてしまう。それでも気持ちは収まらず、直接訴えるため再度、千鶴を発注。相変わらずの可愛さに心揺さぶられつつも、和也は公衆の面前で千鶴に苛立ちをぶつけてしまう…!?