j[X -News-

2011.12.3
DVD発売決定!ABCかうも。で予約受付中!
DVD「境遇」の発売が早くも決定しました。
ドラマ本編と特典映像DVDとの2枚組で、特典映像にはWEBで配信されたスピンオフドラマ「もうひとつの境遇」やオリジナルアニメーション「青空りぼん」を収録。 さらに主演の松雪泰子さん、りょうさんお二人と原作者・湊かなえさんの特別対談やメイキング映像など、DVDでしか見られない映像が盛りだくさん!
いろいろな角度からこのスペシャルドラマをお楽しみいただけます。
どうぞご期待ください。
ご予約はABCかうも。でも受け付けています。

--------------------------------------------
【商品概要】DVD「境遇」

発売日:2012年2月22日(水)(予定)
形態 :セルDVD2枚組
価格 :3,990円(税込み)
収録内容:ドラマ本編+特典映像
発売元:朝日放送/SDP
販売元:SDP
--------------------------------------------
ご予約はABCかうも。でも受付中!

「ABCかうも。」の携帯サイトからも
ご購入いただけます。

2011.12.2
番組視聴者プレゼントのお知らせ

プレゼントの応募は締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


湊かなえさんサイン入り原作本を10名様、
S.E.N.S.(センス)のサントラCD(「組曲~空がこころになる日」)を20名様に
それぞれ抽選で視聴者プレゼント!たくさんのご応募お待ちしています。
●応募受付:番組公式携帯サイト・スマートフォンサイトで受付します。
●応募締切:2011年12月5日(月)18時

<携帯サイトへのアクセス方法>

<スマートフォンサイトへのアクセス方法>

2011.12.2
明日、『境遇』放送当日の朝日新聞テレビ欄の広告で、
AR(拡張現実)を体験しよう!
明日12月3日(土)放送当日の朝日新聞テレビ欄に掲載される『境遇』の広告で、AR(拡張現実)を体験してみましょう。『境遇』の無料アプリ(iPhone・アンドロイド)をダウンロードして起動し、アプリのカメラで広告を映すと、広告に張り付いて『境遇』の予告動画が流れ出します。ぜひお試しください!
2011.12.2
『境遇』記者発表会見速報!
 明日12月3日(土)に放送されるABC創立60周年記念スペシャルドラマ『境遇』の記者発表会見が、12月1日(木)、東京・日比谷のザ・ペニンシュラ東京にて行われ、主人公の絵本作家・高倉陽子を演じる松雪泰子さん、陽子の親友で新聞記者の相田晴美を演じるりょうさん、陽子の周囲に出没する謎の女性・橋本弥生を演じるいしだあゆみさん、そして、原作者の人気ミステリー作家・湊かなえさんと、演出を担当した若松節朗監督が出席し、作品への熱い意気込みを語りました。

 質疑応答では、単発ドラマとしては異例の一ヶ月にもおよぶ松本でのオールロケを振り返り、それぞれ印象に残ったエピソードや、初共演の松雪さん、りょうさんがお互いの印象などを披露。湊さんはこの作品に込めた「絆や人と人とのつながり」への思いを、若松監督は豪華キャストを指揮した喜びとプレッシャーについても語ってくれました。
 豪華キャスト&スタッフが集結し、ABCが総力を挙げてお贈りする至極のヒューマンミステリードラマ『境遇』。2011年を締めるに相応しい、重厚な人間ドラマと美しい映像美をぜひご堪能ください!

高倉陽子役・松雪泰子さんコメント

「この作品に関わることができたことを幸せに思っています。素晴らしい原作と監督、キャストのみなさんに恵まれ、自信を持ってお届けできるドラマになりました。陽子は、清楚な中にも洞察力があり、静かに自分の立場をわきまえて行動する女性。でも、生まれ育った境遇のせいか、親友となった晴美を頼り切っている部分が、彼女の弱さでもあります。とても繊細な心理描写を要求される役で、難易度の高い役でした。りょうちゃんとは同い年で、以前からいつか共演できたらいいなと思っていました。今回は親友という役柄でしたが、とても自然に演じることができました」

相田晴美役・りょうさんコメント

「面白い作品が出来上がりました。たくさんの方に観ていただきたいと思っております。晴美は、感受性豊かで複雑な心情を抱えた女性。そのせいか、なかなか台本を読み進めることができず、何度も繰り返し読むことになりました。それだけ複雑な感情がある中で、どの部分をどのシーンで見せるかという苦労がありましたが、監督の意見を聞きながら面白く演じることができました。松雪さんは正統な演技からマニアックな役柄まで、幅広い表現ができる方。今回ご一緒して、普段の松雪さんはとても品のある方だと知り、ここからあれだけの幅広さが生まれるんだな、素晴らしいなと思いました」

橋本弥生役・いしだあゆみさんコメント

「複雑な役柄でしたが、監督から細かい指示を受けて演じました。松雪さん、りょうちゃん、二人とも大好きな女優さんなので、今回共演できてうれしかったです。また、ロケ地となった長野県松本市が本当に素敵な場所で、ゆっくり、じっくり、穏やかな時間の中で撮影することができました。日本ってほんとうにいいですね~、と思える素敵な街。音がない音というのはこういうものかと、感じることができます。おススメです」

原作者・湊かなえさんコメント

「今回のお話をいただいたのは3年前。ここまで長かったような、あっという間だったような、いろんな思いで今、感動しています。文字で書き終えたときに、自分の作った世界がひとつ終わったと感じるんですが、今回は映像により新たに作品の世界を広げていただけて、本当に大感激です。撮影現場を拝見して、暑さの中でも女優さんたちが汗をかいていないので驚きました(笑)。たったワンシーンでしたが、いまでは本を読み返しても二人の姿が動き出します。絆や人と人とのつながりを今まで以上に強く意識する今、血のつながりを超えた絆を描きたいと思いました。自分は誰とつながっているのか、自分は周りにとってどんな存在なのか、このドラマを見てひとりではないということに気づいてもらえたらうれしいです」

若松節朗監督コメント

「このドラマは、母性が描かれている作品。お二人にはそういった深みのある演技をお願いし、見事に表現してくれました。ぜひ女性のみなさんに観ていただきたいです。(豪華キャストを指揮し)みなさん美しくて至福の時を過ごしました(笑)と、言いたいところですが、現場はてんてこ舞い。女優たちからはプレッシャーを掛けられっぱなしでした。また、松本に滞在中に、震度5の地震があったんですが、まっさきに台本を手に取り避難しました。おそばを食べたり、エステに行ったりしていた俳優陣とは違う、監督の思いを分かっていただきたいです(笑)」
2011.11.29
松雪泰子さんが12月2日(金)の情報番組に生出演します!
ついに今週末、満を持してABC創立60周年記念スペシャルドラマ『境遇』がオンエアとなります。その前日である12月2日(金)、主演の松雪泰子さんが朝の情報番組に生出演することが決定しました。ドラマのみどころや撮影の裏話などが飛び出すかも!? お見逃しなく!
また、すでにお伝えしていますが、当日の12月3日(土)には、ドラマをより楽しむための事前番組も放送しますので、こちらもお楽しみに!
  • 12月2日(金)生出演番組
    4:55 ~ 8:00『やじうまテレビ!~マルごと生活情報局~』(テレビ朝日のみ)
    8:00 ~ 9:55 『モーニングバード!』
    11:25 ~ 13:05 『ワイド!スクランブル』(ABCは12:00 ~)
  • 12月3日(土)13:00 ~ 13:55
    『今夜9時!湊かなえ「境遇」直前スペシャル 芸能人(秘)告白ツアー』
※地域によっては、放送がない場合や、放送日時等が異なる場合があります。詳しくはお住まいの地域の放送局の番組表をご参照下さい。
2011.11.29
『境遇』新宿駅・渋谷駅&山手線・阪急電車中吊り広告のお知らせ
いよいよ今週末にオンエアを控え、新宿東口・新宿ステーションスクエアの看板広告や渋谷東急百貨店2階コンコースのフラッグ広告、そしてJR山手線と阪急電車の車内中吊り広告と、『境遇』の広告が続々登場しています。ぜひ、チェックしてくださいね!
また、12月2日(金)、12月3日(土)には、新宿ステーションスクエアを含め新宿駅周辺で、『境遇』番組特製ポケットティッシュを配布します。お楽しみに!

---------------------------------------
【新宿ステーションスクエア】
11月27日(日)~ 12月3日(土)
【渋谷東急百貨店2階コンコース】
11月28日(月)~ 12月4日(日)
【JR山手線・車内中吊り】11月28日(月)~ 12月4日(日)
【阪急電車・車内中吊り】12月1日(木)~ 12月4日(日)
2011.11.21
深夜PR番組と『もうひとつの境遇』放送のお知らせ
いよいよ来週末に放送を控え、みどころを紹介するミニPR番組の放送が決定しました! また、関西地区では公式サイト内で好評配信中の『もうひとつの境遇』を一挙に放送します。どちらもお見逃しなく!
  • <ABC>
  • 11月28日(月)深夜0:24 ~ 0:31 『境遇PR』
  • 11月29日(火)深夜0:24 ~ 0:31 『境遇PR』
  • 11月30日(水)深夜0:24 ~ 0:31 『境遇PR』
  • 11月30日(水)深夜1:39 ~ 2:39 『もうひとつの境遇』
  • 12月1日(木)深夜0:24 ~ 0:31  『境遇PR』
  • 12月2日(金)深夜0:22 ~ 0:26  『境遇PR』
  • <テレビ朝日>
  • 11月28日(月)早朝4:50 ~ 4:55 『おはようゴーちゃん。』内で境遇PR
  • 11月28日(月)深夜2:21 ~ 2:35 『よふかしゴーちゃん。』内で境遇PR
  • 11月29日(火)深夜2:21 ~ 2:35 『よふかしゴーちゃん。』内で境遇PR
  • 11月30日(水)深夜2:31 ~ 2:45 『よふかしゴーちゃん。』内で境遇PR
  • 12月1日(木)深夜2:21 ~ 2:35  『よふかしゴーちゃん。』内で境遇PR
  • 12月2日(金)深夜2:20 ~ 2:25  『よふかしゴーちゃん。』内で境遇PR
※地域によっては、放送がない場合や、放送日時等が異なる場合があります。詳しくはお住まいの地域の放送局の番組表をご参照下さい。
2011.11.18
『境遇』雑誌掲載情報のお知らせ
12月3日(土)の放送に向けて、各雑誌に主演の松雪泰子さん、りょうさん、原作者・湊かなえさんのインタビューが掲載されています。オンエアの前に是非チェックしてください!
  • 『InRed』12月号(宝島社) ※発売中
    りょうさん×湊かなえさんインタビュー対談
  • 『ジェイヌード』11月17日号(朝日新聞社) ※無料配布中
    松雪泰子さん×りょうさんインタビュー対談
  • 『ザテレビジョン日生版』11月21日発行号(角川マガジンズ)
    松雪泰子さん表紙グラビアインタビュー
  • 『婦人公論』12月7日号(中央公論新社) ※11月22日発売予定
    松雪泰子さんグラビアインタビュー
  • 『デジタルTVガイド』1月号(東京ニュース通信社) ※11月24日発売予定
    松雪泰子さんグラビアインタビュー
2011.11.17
『境遇』巨大看板と電車内ポスター広告のお知らせ
現在、銀座松坂屋(銀座6丁目)のビル壁面にスペシャルドラマ『境遇』の巨大看板が登場しています。高さ約10m×幅約22mの大きな懸垂幕は必見! みなさんも銀座に足を運んだ際には、ぜひこの看板に注目してください!こちらの看板に関しては、無料アプリでのAR(拡張現実)も実施中です。
関西地区では、阪神電車と泉北高速鉄道のドア横に『境遇』のポスター広告、JR大阪駅にはデジタルサイネージが登場しています。こちらもぜひ、チェックしてくださいね!
--------------------------------------------
【銀座松坂屋】11月16日(水)~ 12月3日(土)
【阪神電車ドア横】11月16日(水)~ 12月3日(土)
【泉北高速鉄道ドア横】11月16日(水)~ 12月3日(土)
【JR大阪駅デジタルサイネージ】11月16日(水)~ 12月3日(土)
--------------------------------------------
2011.11.16
『境遇』事前特別番組 放送のお知らせ
12月3日(土)13時から「境遇」事前特番「今夜9時!湊かなえ「境遇」直前スペシャル 芸能人(秘)告白ツアー」を放送します!ぜひご覧ください!
--------------------------------------------
番組名:「今夜9時!湊かなえ「境遇」直前スペシャル 芸能人(秘)告白ツアー」
放送日:12月3日(土)13:00~13:55
(ABC・テレビ朝日系 全国ネットにて)
--------------------------------------------
2011.11.16
「境遇」の無料アプリ(iPhone/アンドロイド)がリリース!
アプリを起動して、銀座や新宿の巨大看板や、全国新聞の広告、ポスター他でAR(拡張現実)を体験してみよう!
2011.11.7
『境遇』サウンドトラック 11/23(水・祝)発売!
境遇オリジナル・サウンドトラック「空がこころになる日」は、ドラマメインテーマのほか、挿入曲全7曲を収録。
2度の日本ゴールドディスク大賞を受賞した、ヒーリングミュージックのトップアーティストS.E.N.S.、アルバム通算44枚目となる最新作。
サウンドトラックの詳細はこちら→
2011.09.20
『境遇』公式サイトオープンしました!
この冬、ABC創立60周年を記念して放送するスペシャルドラマ『境遇』は、いまをときめくミステリー作家・湊かなえさんが、このドラマのために小説を書き下ろした、自身初のテレビドラマ作品。主演の松雪泰子さんをはじめとする豪華出演者、そして日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した名匠・若松節朗監督をはじめとする豪華スタッフによる、60周年記念に相応しい至極のヒューマンミステリーをお届けします!

<飯田新プロデューサーコメント>

同じ「境遇」を生きる二人の女性を通して「人と人との繋がりとは何か」を改めて問いたい。そんな想いを湊かなえさんに託し、ドラマのために原作を書き下ろして頂きました。主人公の陽子は自分の境遇と向き合う覚悟を持つ女性。彼女の複雑な想いを表現できるのは、いまこの世代の女優では松雪泰子さんしかいないと思い、出演をお願いしました。そしてもう一人のヒロイン晴美にはりょうさん。晴美の持つ「寂しさ」を演じ切ってくれました。今最もノっている二人の女優の生身のぶつかり合いに、是非ご期待下さい。