みんなの木

みんなの木
写真01(集合写真)
日時 2016年3月13(日) 午前9時30分〜
天候 晴れ
場所 万博記念公園(大阪府吹田市)
参加者 200名(各回40名)
進行 第1回 永田まり
第2回 橋詰優子アナ
第3回 大野聡美アナ
第4回 土谷多恵子、伊藤史隆アナ
第5回 小川恵理子
森林インストラクター 大阪森林インストラクター会

金子譲、笘智子、乾慎一、犬塚享司
森隆繁、櫻井清美、長塩正之、松井一江
古家春江、阿部亜弥、藤村幸平、藤崎恵子
永井博記、高瀬洋

▲トップへ戻る







春恒例のABCラジオ「スプリングフェスタ」。万博公園はお天気に恵まれ、約3万4千人のリスナーで賑わいました。会場は昨年の秋に続いて「お祭り広場」に隣接する「自然文化園」。
今回も先着40名の参加者とABCラジオの出演者が森林インストラクターの案内で「万博公園の春」を見つける観察会を計5回、行いました。
ただ、各回先着40名でしたので、あっという間に整理券がなくなる回もあり、参加できなかった方には、申し訳ありませんでした。

また、「みんなの木」のブース横には巨大キャンバスが登場!
子どもたちが関西で活躍する若手アーティストと触れ合いながら、キャンバスいっぱいに絵筆を走らせました。立派な作品ができましたね!

朝早くから整理券を求めて並んでいただいた皆さんに楽しんでいただこうと14名の森林インストラクターたちも朝からパワー全開です。広大な自然文化園のほんの一角しかご案内できないのは非常に残念でしたが、限られたコースにも、自然の力や春がもたらす生命の数々を共に見つけ、感じることができました。
桜の花にはまだ早い時期でしたが、大きく膨らんだつぼみに期待を膨らませる一方、その足元には鮮やかな緑を呈して息づくコケたちの健気な姿に清々しさを覚えます。圧巻は、コナラのドングリたち。一見、残骸かと思われる吹き溜まりの中に、新しい命が赤く芽吹こうとしている光景に心が熱くなります。
大阪の都市部には大きな森がほとんどなく、自然に親しむ機会がとても少ないです。この万博記念公園のようにわずかに点在している小さな森を通して、多くの自然の営みを体感していただければ、私たちのイベント参加は大成功。ご一緒くださったアナウンサーやタレントの皆さんにもこの面白さを共有いただき、これからもどんどん自然を見る目を増やし、日々の生活の中に、ほっとした安らぎをもたらすことができれば幸いです。
・・時折、日々の生活、お仕事の息抜きとして、樹々や草花、そしてそこに集う多くの生き物たちと語らい、リセットして新たな一日を歩みましょう。
今回も「森と人の懸け橋」となるべく活動をしている森林インストラクター冥利に尽きる、充実した時を一緒に過ごすことができました。今後も多くの皆さんに楽しんでいただけるよう一層磨きをかけて、またお会いできることを楽しみにしています。
ありがとうございました。 (金子)

▲トップへ戻る
伊藤史隆アナのコメント
写真(アナウンサー)

「みんなの木」で歩いた万博公園ウォークは大変楽しかったです。
恥ずかしながら、万博公園があんなに広くて、あんなに豊かな緑に包まれているなんて・・、再発見どころか、新発見!!もっともっと歩いて、もっともっと色々なものを見て、感じてみたいなぁと、心の底から思いました。
「一緒に歩けて嬉しいわ〜〜」なんて、何人もの方にお声がけ頂きましたけど、イエイエ、こちらこそ、感謝いっぱい。ラジオと緑を愛する心優しい皆さんとともに過ごしたひととき・・、これ以上の「癒やしのとき」はありませんでした!!
また、一緒に歩かせてくださいね。

橋詰優子アナのコメント
写真(アナウンサー)

森林インストラクターの方の説明を聞きながら、のんびり森をお散歩。本当に気持の良いひとときでした!土を踏みしめ、木や葉に触れて・・。自然から温かいエネルギーをもらう事が出来ました。
子供からお年寄りまで、幅広い年代の方が参加して下さいましたが、どんぐりの根と芽の秘密に皆で驚き、開花目前のさくらに目を細め、参加者全員でワイワイと和やかな時間を過ごしました。
今度は是非、息子達を連れて参加させて頂きたいです!

大野聡美アナのコメント
写真(アナウンサー)

私は何度か「みんなの木」に参加し、子どもたちと山を登りながら自然を学ぶ体験をしましたが、万博記念公園での散策は初めてでした。
虫食いのある葉っぱや芽の出たどんぐりを探したり、様々な木の表面に触れたり・・・。
何より、こんなに身近に自然を感じられることに驚きでした!
また、ABCラジオのリスナーさんたちと沢山お話出来て、とても楽しく過ごすことが出来ました。また是非、皆さんと一緒に万博公園を歩きたいです♪

これまでの活動はこちら!
(C)ABC All right reserved