みんなの木

みんなの木
写真01(集合写真)
日時 2016年9月24日(土) 午後1時〜
天候 曇り時々晴れ
場所 森とリルのBBQフィールド(大阪市此花区)
参加者 親子80名
進行 磯部公彦(まるむし商店)
柴田博アナ
森林インストラクター 大阪森林インストラクター会

阿部亜弥、内田千穂、犬塚享司、乾慎一
大谷朋之、榛地義和、古家春江、長塩正之
森隆繁、笘智子、金子譲

▲トップへ戻る





大阪湾に広がる舞洲は20年前に海を埋め立ててできた人工の島。 人の手でたくさんの木や花が植えられ、虫や鳥などの生き物もたくさん棲み、広い芝生や池、川もあります。 今回は、そんな自然の中にある「森とリルのBBQフィールド」が会場です。 BBQを楽しんだあと、ABCラジオ「磯部・柴田の日曜のびのび大放送」パーソナリティと一緒に、自然体験にチャレンジしました。

前半は「冒険&宝探し」。カードに書かれた指令ができたら、見つけたら、森林インストラクターから認定スタンプがもらえるので、みんな本気度100%です。 「あったー!」「できたー!」の声が響いていましたね。 芝生の上では、大きなお腹のショウリョウバッタが飛び跳ね、まだ小さいコオロギにも出会いました。 森の足元には、黄色や赤色に色づいた葉っぱも落ちていました。 家族で協力してチャレンジする場面では、お父さん、お母さんも大活躍!

後半は「冒険ストラップづくり」。冒険チャレンジの証です。 エビシーの円板、好きな色の紐、紫外線で色が変わるビーズを選んで自分で組み立てていきます。 指先を使う細かい作業があり、でき上がりを想像して、どの組み合わせにするのかを考えながら、形になっていく楽しさに夢中になっていきます。 工夫もちょっと必要で、最後はストラップに自分の名前を書いたら完成です。 太陽に当てるとビーズはキラキラと色が変わって、きれい!みなさん、さっそくカバンに着けられていましたね。

暑かった夏が終わり、日ごとに秋色に変化する今の季節は、発見であふれていました。 自然に触れると、みなさんも私たちも、みんながスマイル。 季節を変えて、また舞洲の森を訪れてくださいね。きっと、今日とは違う発見がたくさんあると思いますよ。(笘)

▲トップへ戻る
柴田博アナのコメント
写真(アナウンサー)

バーベキューでお腹いっぱいになった後、舞洲でこんなに自然散策が楽しめるなんて。驚きでもあり、うれしくもありました。
競技場や施設が多い人工島ですが、実はたくさんの緑と生き物に出会うことができました。森林インストラクターの方に教えてもらうまでは、気付かなかったトゲトゲや渦巻きの植物、触ると臭いものやいい香りのするもの。様々な発見があり、まさに冒険しているように楽しかったです。小1時間ほどの散策は10分ほどに感じる、実に充実した時間でした。
親子で参加された方々は、子どもさんは目をキラキラ輝かせ、親御さんは童心に帰って楽しんでいらっしゃいましたよ。

これまでの活動はこちら!
(C)ABC All right reserved