みんなの木

みんなの木
写真01(集合写真)
日時 2017年3月12日(日)午前9時30分〜
天候 快晴
場所 万博記念公園(大阪府吹田市)
参加者 200名(各回50名)
進行 第1回 宇野ひろみ
第2回 安井牧子
第3回 小川恵理子
第4回 永田まり
森林インストラクター 大阪森林インストラクター会

阿部亜弥、乾慎一、犬塚享司、今井宏郎
大谷朋之、榛地義和、高尾俊彦、永阪志保
前田長治、松井一江、松本寿志、森隆繁
渡邊由美子、笘智子、金子譲

▲トップへ戻る






この日は「ABCラジオスプリングフェスタ2017」の開催日。
たっぷりの春の陽射しに包まれた万博公園で、森林インストラクター特製の「観察カード」を手がかりに、ABCラジオ人気番組のパーソナリティと一緒に小一時間「春さがし」の散策を楽しみました。

万博の自然文化園を舞台に「みんなの木」の散策を始めて足掛け4年、通算5回目になります。春秋と季節を変え、回を重ねるごとに、如何にすれば参加のみなさんが新しい発見をし、それを楽しみ、飽きることなく喜んでいただけ、そのうえで私たちも満足でき、なおかつスムーズに運営できるか、と大変欲張った課題に挑んでいます。

この春は、お天気も後押ししてくれたこともあって、スタッフ&お客さん双方が満足のいく「春さがし」でした。名物の梅は花盛りで、時折集団で訪れるメジロたちに心弾ませ、あちこちに点在するモグラの顔出しの土塊に、暖かくなった地中を這い回る彼らを思い、古くなりかけた桐の木にま〜るく開けられた穴には、セッセとコツコツと木をつつくキツツキの姿を想像します。

その横の元気な桐の木には木の実がたくさん「鈴なり」に。木を揺するとシャラシャラと神社でおなじみの鈴の音が軽やかに響きます。
コナラの林ではドングリが地中深くに根を下ろし、その実を赤くして芽吹きの準備中。

そして、散策カードにある今回一番チャレンジの「歌詞に春が出てくる歌♪」。
初めて出会ったみなさんが、なんのてらいも気後れもなく楽しげに春の歌を大合唱。
そこには爽やかな春の風が吹き渡っていました。(金子)

▲トップへ戻る
これまでの活動はこちら!
(C)ABC All right reserved