印刷する
2007年7月5日(木)放送
テーマ”体にいいごちそう・パントテン酸で髪とお肌を美しく”
牛レバーのベネチア風
牛レバーは強火で香ばしく焼き完全に火を通す。玉ネギは中火弱の火加減でじっくり炒め、甘みを引出す。
作り方
牛レバーは薄皮を取って2〜3mm厚さに切る。
フライパンにオリーブ油を熱し、縦に薄切りしたタマネギを中火弱で10〜15分炒める。
ツルムラサキは2〜3等分に切り、塩を加えた熱湯でゆでる。
別のフライパンにバターとオリーブ油を熱し、塩、コショウした牛レバーをしっかり焼いて取り出し、油をきる。
(4)のフライパンに牛レバーを戻し入れ、白ワインを注いで煮つめ、(2)のタマネギを加えてパセリの粗みじん切りの一部を加える。
(2)のフライパンにオリーブ油を熱し、ニンニクのみじん切りとツルムラサキを炒める。
レバーと野菜を器に盛り、残りのパセリとヴァージンオイルをふり、クシ形に切ったレモンを添える。
(4人分)
牛レバー(かたまり) 600g
タマネギ 400g
バター 20g
白ワイン 大さじ4
イタリアンパセリ(粗みじん切り) 大さじ2
ツルムラサキ 4枝
ニンニク(みじん切り) 1/4片
レモン 1/2個
適量
コショウ 適量
オリーブ油 適量
ヴァージンオイル 適量
牛レバーって、こんなに濃厚でしたっけ。バターで焼いたからかしら。コクが合ってうま味が深いですね。ツルムラサキは個性的だけどレバーと合いますね。
(c)ABC TV All rights reserved.