印刷する
2010年1月4日(月)放送
テーマ”ご飯メニュー”
鯛ご飯
鯛の身の半分は香ばしく焼いて、だしにコクを出す。残りの鯛の身は最後に加えてふっくらと火を通す。
作り方
鯛は腹身の方を適当な大きさに切り、魚焼きグリルで香ばしく焼く。
ゆり根はほぐして大きいものは切り、ニンジンは5mm角に切る。
ボウルにご飯だしAのだし、みりん、塩、薄口しょうゆ、しょうゆを合わせる。
(1)の身をほぐし、残りの鯛は3mm厚さのそぎ切りにし、薄く塩をふって5分置く。
土鍋に洗い米、(3)を入れ、焼いた鯛、ゆり根、ニンジンを加えて強火にかけ、沸騰したら弱火にして12〜14分炊き、火を止めて10分蒸らす。
(5)に薄焼き卵のせん切りを散らし、(4)を並べて酒をふり、弱火にかけて蒸らして鯛に火を通し、木の芽を散らす。
(4人分)
鯛(造り用) 1匹分(500g)
ニンジン 40g
ゆり根 80g
薄焼き卵(せん切り) 2枚
木の芽 適量
3合
大さじ2
適量
☆ご飯だし(A)  
だし 3 1/2カップ
みりん 大さじ1
小さじ1
薄口しょうゆ 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
おいしい。思いのほか、ご飯の一粒一粒にしっかり味が入っています。おいしいものを食べると幸せね。
(c)ABC TV All rights reserved.