印刷する
2010年1月11日(月)放送
テーマ”冬の魚介”
かに雑炊
カニの殻を焼いて雑炊のだしを香ばしくする。ご飯は水で洗ってから作ると粘りが出ず、サラッと仕上がる。
作り方
ズワイガニの足の身を取り出し、殻は網にのせて直火で焼く。
土鍋に雑炊だしAのだし、カニの殻を入れて火にかけ、中火で10分煮る。
大根は4cm長さ、3mm角の細切りにし、シイタケは3mm厚さに切り、ミツバは2cm長さに切る。
ご飯は水で洗ってザルに上げる。
(2)からカニの殻を取り出し、みりん、塩、薄口しょうゆを加え、煮立ったら大根、シイタケ、ご飯、カニの身を入れて蓋をし、火が通ったらミツバ、溶き卵を入れて火を止め、蓋をして10秒蒸らし、ショウガ汁を加え、器に取り分ける。
(4人分)
ズワイガニの足(ゆでたもの) 4本
大根 100g
シイタケ 4枚
ミツバ 1/2束
2個
ショウガ汁 大さじ2
ご飯 550g
☆雑炊だし(A)  
だし 1.2リットル
みりん 小さじ2
小さじ1
薄口しょうゆ 大さじ1 2/3
すごい。甘くてショウガの香りがして、カニの風味が隅々まで入ってます。ご飯がサラッとしておいしいですね。カニの殻を焼いたから、香ばしいのね。持って帰って息子に食べさせたい。
(c)ABC TV All rights reserved.