印刷する
2010年1月14日(木)放送
テーマ”冬の魚介”
たらの照り焼き
タラの身に塩をして余分な水分を抜く。小麦粉をまぶすと香ばしく焼き上がり、たれもからみやすくなる。
作り方
タラの身に薄く塩をふって15分置き、水で洗って水気を取る。
タラの白子は塩水で洗い、適当な大きさに切り分け、熱湯で1分30秒〜2分ゆでて水に落とし、水気をきる。
ボウルにたれAの酒、みりん、砂糖、しょうゆを合わせる。
タラの身と白子に小麦粉をまぶす。
フライパンに油を熱し、タラの身を皮目から香ばしく焼き、裏返したら白子を加えて一緒に焼き、(3)、ニンニクチップを加えて、たれをかけながら照り焼きにする。
器に盛って大根おろしを添え、お好みでサラダをつけ合わせる。
(4人分)
タラ(1切れ80g) 4切れ
タラの白子 200g
ニンニクチップ 10g
大根おろし 80g
適量
小麦粉 適量
適量
☆たれ(A)  
1/4カップ
みりん 1/4カップ
砂糖 大さじ1/2
しょうゆ 1/4カップ
身もおいしい。白子は究極の旨みですね。しつこくないから、後を引きます。砂糖が少しだけなのがいいのね。タラと白子の下処理をいっぱい教わって、勉強になりました。
(c)ABC TV All rights reserved.