印刷する
2010年12月1日(水)放送
テーマ”冬の魚介”
ぶりのプッタネスカ
ブリのカマは熱湯をかけて、うろこやぬめりをしっかり取る。ブリのカマを焼いた後の油は捨てる。
作り方
ブリのカマは熱湯をかけて水に落とし、うろこやぬめりを取って水気をふき取る。
ブリに塩、コショウをし、バージンオリーブ油を熱したフライパンで皮目から焼き、取り出してフライパンの油を捨てる。
フライパンにバージンオリーブ油、半分に切ってつぶしたニンニク、種を取ったタカノツメを入れ、弱火で熱して香りを出し、半分に切ったブラックオリーブ、ケイパー、半量のパセリのみじん切りを炒め、白ワインを加えて半量になるまで煮つめる。
(3)にブリを戻し入れ、トマトの水煮を加えて中火で10分煮る。
(4)を器に盛り、残りのパセリのみじん切りとバージンオリーブ油をふる。
(4人分)
ブリのカマ 4切れ
ニンニク 1片
タカノツメ 1本
ブラックオリーブ 8個
ケイパー 大さじ1
白ワイン 2/5カップ
トマトの水煮(カットタイプ) 400g
パセリ(みじん切り) 大さじ2
適量
コショウ 適量
バージンオリーブ油 適量
参ったなぁ。こんなにクセのない魚になるなんて。ブリのカマとはとても思えないくらい、クセがないですよ。旨みだけになってます。野菜のソースもおいしい。このソースは色々なものに合いそうです。
(c)ABC TV All rights reserved.